SONYがついに(スペック上は)素晴らしいスマホを発表してくれました!

4K液晶で、防水対応で、大画面5.5インチで、最先端のフラッグシップSocスナドラ835を世界中のどのスマホよりも早く積んで、メモリが4GBです。

なんだ、やればできるじゃないかソニーさん。本当はこれで6インチでDSDSSIMフリー技適・おサイフ搭載だったらもっと完璧だったんだけど、SONYにそこまで望んだら酷でしょうから(笑)

ということことで、今回はXperiaXZPremiumについて、発売日、日本で発売になるか、細かいスペックなどなど、詳しく掘り下げていきたいと思います。

 

2017.5.24追記

ついにドコモからXperia XZ Premiumが発表されました!

世界的な品薄が予想されているので今すぐ予約しましょう!

スポンサードリンク

Xperia XZ Premiumのスペック一覧(XZと比較)

まずはXperia XZ Premiumのスペック一覧表を上げておきます。せっかくなのでXZとも比較しましょう。

Xperia XZ
Premium
Xperia XZ
OS Android7.1 Android6.0
本体サイズ 156 x 77x 7.9mm 146 x 72 x 8.1mm
重量 195g 161g
液晶サイズ 5.5インチ 5.2インチ
解像度 3840×2160
4K HDR
1920×1080
バッテリー 3230mAh 2900mAh
充電 USB Type-C
(USB 3.1)
USB Type-C
(USB 2.0)
CPU Snapdragon830 Snapdragon820
クロック数 2.45GHz+1.9GHz

(8コア=4+4)

2.2GHz

(4コア)

メモリ 4GB 3GB
ストレージ 64GB
+microSD
32GB/64GB
+microSD
メインカメラ 1900万画素
広角25mm
f2.0
2300万画素
広角24mm
インカメラ 1300万画素
広角22mm
f2.0
1300万画素
広角22mm
wi-fi 未確認 802.11b/g/n/ac
防水 あり あり
指紋認証 あり あり
虹彩認証 なし なし

ディスプレイが4Kになり、メモリも4GBになりました。

ただ、4Kディスプレイなのにバッテリーが3230mAhというのは、ちょっと心もとないですね。

僕が今使っているMate9は5.9インチ、フルハイビジョン、4000mAhバッテリーなので、できれば4000mAh近く積んで欲しかったです。

さて、それではさらに詳しくみて生きましょう。

 

カメラがさらに進化!最大960fpsのスローモーションに先読み撮影機能も!

Xperiaといえばカメラ!というイメージがあるように、カメラに力を入れているXperia。今回もさらなる進化を見せてくれました。

目玉機能はやはり、

  • 最大で960fpsという、時空を歪めるスローモションカメラ機能。
  • シャッターを押す前の画像を過去から呼び出し、撮りたい瞬間を逃さない先読み撮影機能。
  • 広角22mmで広々自撮りができるインカメラ。

この3点ですね!

Motion Eyeカメラによる、スマホレベル最高のスローモーション

新たに搭載されたMotion Eyeカメラにより、通常のスマホの4倍のコマ数を撮影し、他のスマホではできないレベルのスローモーション映像を撮ることができます。

どういう撮影ができるのか、まずはこちらをご覧ください。

個人的には動物の動きをゆっくり撮影するのが面白そうですね。猫ってこんな動きをしてるんだ!と思わず見とれていたくなります。

おそらくこれで新たなYouTuberのジャンルも産まれそうじゃないですか?「〇〇を超スローモーションで撮ってみた。」とか面白そうですよね。

それこそ、「風船が破裂する瞬間を超スローモーションで撮ってみた。」とか「バッドでボールを打つ瞬間を超スローモーションで撮ってみた」とか需要ありそうですよね?

普通のビデオカメラにはついているのかもしれませんが、やはりスマホに搭載されると普及率が半端なくなりますからね。

 

時を巻き戻し、最高の瞬間を手に入れろ!

スマホで写真を撮っていると、なかなか自分が思っているタイミングでシャッターを切れず、悪戦苦闘したことはありませんか?

僕は水族館でゆっくり泳いでいるエイを撮るときですら、動きがあるので意外と撮るのが難しかった記憶があります。

そんな時に役立つのが、新しいMotion Eyeカメラに搭載されたバッファ機能です。

シャッターを押す前後の画像をピックアップしてくれて、計4枚の中から自分の好きな画像を選ぶことができます

 

広角22mm、f2.0、1300万画素のインカメラで自撮りもバッチリ!

かつてはスマホはメインカメラばかりが重視されていましたが、これからは自撮り用のカメラも重視される時代になってきました。

特に自撮りのカメラはなるべく可愛く映るように広角で、画素数が高く、そしてアプリで加工が決まりやすいようにする必要があるので(笑)

今回のXZ Premiumは広角22mm、f2.0、1300万画素と超バッチリなスペックです。

スポンサードリンク

スマホ史上初!4K HDRディスプレイ!

今まではテレビのブラビアで使われていた、4K HDRの技術を初めてスマホへ搭載しました。

単なる4Kではなく、さらにその上をいくためのHDRが搭載されています。

HDRというのは簡単にいうと、「より鮮やかに・綺麗に」見せるための加工技術のことです。

標準の状態がこれ。

HDRにするとこうなります。

どうみたって、鮮やかで綺麗。そして、みていて楽しくなりますよね?

これを4Kのディスプレイでスマホで初めて搭載するのがエクスペリアXZプレミアムです。

また、普段ネットで見ている画像や動画も、X-Reality for mobileという映像用のエンジンが、より綺麗に鮮やかに見えるように自動表示してくれます。

また4K HDRでアマゾンプライムビデオが観れるコンテンツが出てくるそうです。日本版はどうなるのかわかりせんが、これからの発展に期待しましょう。

個人的には、観た記憶をそのまま残してなるべく忠実に再現するモードと、ガンガン加工しまくって綺麗に見える2モードを簡単に切り替えれたらいいなーと思っています。

やはり自分が観た景色を忠実に残しておきたいという欲望が(笑)

スポンサードリンク

ゴリラガラス5で傷・衝撃に強く、鏡のようなデザインに

Xperia XZ Premiumはゴリラガラス5を搭載し、さらに傷や衝撃に強くなっています。

そしてXperia Z5 Premiumを思い出す鏡面ボディです。

指紋がちょっと目立ちそうですが、こまめに拭いてあげれば常にツルピカの輝くXperiaを電車で自慢することができますね。

カラーはディープシーブラックとルミナスクロームの2色です。

どうせ買うなら、光り輝くルミナスクロームにしよっかなーと思っています。

 

IP65/68の防水対応設計で全ての世代に安心!

防水対応なので、誰もが安心して使うことができます。

どんどん暖かくなって、夏になるとディズニーやUSJでも水をバンバンかけてくるイベントもありますが、スマホが防水対応なら安心です。

子育て世代は、赤ちゃんがよだれでスマホをべちゃべちゃにしたり、ジュースをこぼしてスマホがショートする危険性がありますが、防水対応ならその危険もありません。

普段生活していると、いつかさがない時に突然のゲリラ豪雨にあうかわかりませんが、防水対応であれば大丈夫です。

XperiaXZPremiumは防水対応なので、安心して使うことができますね。

スポンサードリンク

ハイレゾ対応、LDACで最高級のオーディオ体験を

最近は音質にこだわって、スマホとは別にウォークマンを別途もちあるいている方も多いです。でも、なんだかんだで持ち歩くのって面倒臭いじゃないですか?

XperiaXZPremiumはハイレゾ対応なので、音質にこだわる方でも納得のサウンドで楽しむことができます。

さらにSONY独自のLDACという技術で、無線のイヤホンやスピーカーのbluetoothでも、今まで3倍の情報量という高音質で再生することができます。

無線は音質が微妙だから・・・と諦めていた方も、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

最新のSoC、Snapdragon835が見せる最高峰の性能

Xperia XZはSnapdragon835という、スマホ用CPUの最先端のフラッグシップモデルを採用しています。

性能が従来より最大で20%ほど向上したのはもとより、最大1Gbpsのダウンロードに対応したのも注目です。

日本ではまだ下り1Gbpsの5G通信規格はまだ公開されていませんが、ドコモ、au、ソフトバンク3社が着々と準備を進めているところです。

もしかしたらXperiaXZPremiumが、日本初の5G対応端末になるかもしれません。その時は楽しみですね!

スポンサードリンク

充電はUSB TypeC、ついに3.1対応でデータ転送が高速化

旧製品のXperiaXZは、充電はUSB Type-Cだったものの、データの転送規格はUSB2.0でした。

しかし今回ついにUSBType-Cに対応したということで、パソコンから動画や画像を転送するのが超高速で終わります。

特に機種変をすると画像の転送にはかなり時間がかかりますよね?それが高速するのは嬉しい限りです。

 

Xperia XZ Premiumの純正ケースSCSG10も発売?

Xperiaではおなじみの純正スタンドケースも発売予定です。かなりオシャレでスタイリッシュ。その上スタンドにもなるという有能っぷりで、Xperiaユーザーはセットで買っている方が多いです。

色は2種類です。汚れはつきそうですが、個人的には白の方がカッコよくて好きです。

スポンサードリンク

SIMフリー版の発売日はいつ?価格はどうなる?

販売に関してはまだアナウンスはされていません。

今春から各市場へ投入するということは言われていますが、それがいつになるのかはわかりません。

SIMフリー版は、いつも通りExpansysやEtorenで輸入ができるでしょう。(技適は自己責任)

ここに関しては予約が開始されたら、また追記します。

 

Xperia XZ Premiumは日本で発売される?ドコモ・au・ソフトバンク各社の動向は?

是非とも日本で販売してほしいですが、ここ最近の動向を見る限り、発売されてもドコモだけでしょう。

Xperia Z5 Premiumも発売されたのはdocomoだけでした。

auとソフトバンクはいつもフラッグシップモデルのみの販売なので、今回もXZsを取り扱うだけと思われます。

ドコモの予約開始日・発売日や価格に関してはわかり次第追記していきます。

個人的な予想は発売が5月末〜6月中旬。価格はギリギリ10万円にいかないぐらいでしょうか?

2017.5.24追記

ついにドコモからXperia XZ Premiumが発表されました!

世界的な品薄が予想されているので今すぐ予約しましょう!

予想される不具合・不満点

予想される不具合と不満点を書いておきます。

バッテリーが持たない?

まずはバッテリーですね。最新のスナドラ835がどんなものかは出てみないとわかりませんが、4KHDR液晶をフルに利用してバッテリーが3230mAhしかないというのは心配です。

1日もたないから、モバイルバッテリーは必須!なんてことにになるの可能性もありますが、4KHDRという超魅力的な液晶を持ち歩けることを考えれば仕方がないのかもしれません。

発熱問題大丈夫?

SONYがXperiaZ4でスナドラ810を抑えきれずに起こした発熱問題。今回初のスナドラ835搭載機ということなので、前例がありません。

きちんとソフトウェアの作り込みがなされて、発熱も気にならない程度なのか?というのが心配です。

日本版のみ「docomoロゴがダサい問題」

ドコモのスマホで毎度毎度繰り広げられる、「docomo」のロゴがダサい!邪魔!という問題。

docomo様はSONYよりも大きい大企業様なので仕方がありませんが、ユーザーはSONYが好きだからという理由で買うことも多いはずです。

docomoロゴを控えめにしてくれればいいなと願っています。

 

最後に:Z5Premiumからの買い替えは大いにあり!

色々書いてきましたが、Z5 Premiumからの買い替えはおおいいにありですよね?

カメラが進化して、かつてメシマズカメラと言われたXperiaの色合いも直りました。

4Kだった液晶はさらにHDRへと進化し、CPUもメモリもスペックアップしたので、今まで動かなかったゲームもサクサク動くでしょう。

2017.5.24追記

ついにドコモからXperia XZ Premiumが発表されました!

世界的な品薄が予想されているので今すぐ予約しましょう!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

3 件のコメント

    • VAIOを悼む会さん
      コメントありがとうございます!

      XZP、スナドラ835をちゃんと抑えられてるなら良さそうですよね!
      SIMフリー版がDSDSでおサイフケータイ対応したら
      最高なんですけどね〜(笑)

      • 流石にZ4で懲りたと思いたい。ソニーの子会社という時点で信用ならないが(偏見多めの経験則による)。
        まあ、兎にも角にもDSDSやおサイフケータイは無理でしょうね。あれば便利なのですけれど…
        それでもスペックが高ければそれが良いというスペック原理主義者()的にはスナドラ835搭載なだけで拍手を送りたくなるかな(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です