Yahoo!JAPANカード(YJカード)は年会費無料で持てる、Tカード一体型のクレジットカードです。

このYJカードは新規入会キャンペーンで審査が通ったら即ポイントがもらえるのは嬉しいですが、そもそも審査に通るかどうかが心配になりませんか?

そこで今回は、YJカードが審査に通りやすいのか、どんな人が落ちやすいのか、無職や未成年でも持つことが可能なのかということを詳しくご紹介します。

YJカードの審査はきつくはない

YJカードの審査は2等級と言ってかなり審査の甘めのクレジットカードなので、よっぽどのことがない限り審査が落ちる可能性は低いです。

※等級は数が増えれば増えるほど審査がきびしくなります、YJカードのように年会費無料で機械の自動審査は2等級ですが、三井住友VISAプラチナカードのような年会費5万円のハイステータスカードは8等級で審査もかなり厳しいです。

僕の彼女は「楽天カード」、「オリコカード」の2種類のクレジットカードを持っているんですが、よく引き落とし口座に入れる金額を間違ったり、ちゃんと口座にお金が入っていないことがあります。今まで何度引落日にちゃんとお金が引き落とされず、引き落としができなかったので支払ってくださいというハガキがきたかわかりません。それでもYahoo!Japanカードの審査に問題なく通りました。

あまりいい例ではありませんが、このようにきちんと引き落としがされていない経験があってもYJカードの審査は通るという事がわかりました。

しかし、引落がきちんと出来ていない事が過去にあっても申し込みはできましたが、毎回再引き落とし日に口座に入金していたり、コンビニなどで直ぐに支払いを行っていたので長期の滞納ではありません。

過去に3ヶ月以上の滞納がある場合は、個人信用情報機関(CIC)に滞納していた情報が残ってしまい、この情報が消えるまでは24ヶ月かかってしまいます。

どのクレジットカードも個人信用情報機関(CIC)で情報が管理されているので、ブラックリストに入ってしまっているとクレジットカードを発行することができないので注意してください。

今まで他のクレジットカードの支払いが滞った経験などがなければ、安心してカードを申し込む事ができます。

YJカードは無職でも申し込みできる?

Yahoo!Japanカードは審査が通りやすいと言えど、クレジットカードなので毎月安定した収入があることが審査の条件の1つになります。

たまたま転職活動中の無職の時にクレジットカードが必要になり、申し込むということもあると思います。

よく「無職はクレジットカードの審査に通らない」なんて話を聞きますが、そんなことはありません。それこそ転職などの理由で1、2ヶ月だけ無職になるというのは誰にでもありえることです。

過去に延滞による強制退会や自己破産による免責などで会社に迷惑をかけてしまい、社内ブラックリストに載ってしまった。なんていう場合は話が別で、一度社内ブラックに載ってしまった場合、その会社のクレジットカードは二度と作ることはできなくなります。

逆にいうと、よっぽど悪いことをしてなければ無職であっても貯蓄額があれば大抵審査に通ります。僕の知り合いは転職活動中、無職で貯蓄30万円でしたが、それでもYJカードの審査に通りました。

審査の時点で無職である場合は、職業の項目に「その他」があるので転職活動中であることを記入し、貯金額を記入しておけば審査は通りやすくなります。

更に、キャッシングサービスを「希望しない」を選択するとより審査が通りやすくなります。

もし、上記の通りに申し込みを行い審査に通らなかった場合は、個人信用情報機関(CIC)に情報が残ってしまうため、半年などある程度時間をおいてから職業を選択するようにしましょう。一度審査に落ちてしまっても、二度とクレジットカードが作れないという事ではないので安心してください。

未成年でも申し込みできるのか?

YJカードは高校生を除く18歳以上であれば学生の方でもカードの申し込みを行う事が可能です。

しかし、高校生以外の18歳だからと言って一定の条件を満たしていないと申し込みはできません。

 

その一定の条件はこちらです。

  • 毎月安定した収入がある
  • 何かしらの職に就いている
  • 申し込みを行った本人と連絡がとれる
  • 運転免許証や健康保険証などの身分証明ができる物を所持している
  • 本人名義の口座を持っている
  • 親権者の承諾が得らていれる

18歳以上の社会人の方はこの条件を満たしていないと、カードの申し込みができません。

しかし、18歳以上の学生(専門学生・大学生・短大生)または主婦の場合は、親権者や配偶者が職に就いていれば本人に安定した収入がなくてもカードを作ることができます。

ここで注意することは、大学生や社会人であっても18、19歳はまだ未成年なので親の承諾が必ず必要になるので、カードを作る際には予め了承を得ておかなければならないことです。

二十歳以上の方がYahoo!Japanカードを申し込んでも、本人確認や会社への在籍確認で電話がかかってくることはほぼありません。しかし、未成年の場合は保護者への確認の電話が必ずかかってきます。そこであなたのご両親が「カードを作るなんて聞いていないです」なんて答えてしまったらクレジットカードを作れなくなってしまいます。きちんとご両親とお話をしてきっちり了承を得てから申し込みましょう。

カードの審査が落ちる様々な原因

「クレジットカードの審査がなかなか通らない」という方は色んな原因が考えられます。

先ほど少し説明したように、過去に長期の滞納があった場合にはCICに滞納していたという情報が残ってしまうため、その情報が消えるまでその会社のクレジットカードには申し込みはできません。

その他には、「安定した収入」がないと判断されてしまった場合も審査に通りません。

審査の基準になる正確な年収の金額などはわかりませんが、ネットの書き込みなどを見る限り大体200万円くらいの年収があれば審査は通るようです。

クレジットカードの審査の場合は、税金を含めた総支給額を入力しておくとより審査に通りやすくなります。

この他には、過去に他の会社のクレジットカードの審査に落ちていると審査が通らないこともあります。

カードの情報が個人信用情報機関(CIC)に登録されるので、過去にそういった経歴が残っていると審査の時に不利になりやすいです。

また、短期間にカードを入会して審査に落ちるのを繰り返した場合も危険なので、しばらく時間を置いてから再度入会審査を行うことをお勧めします。

他社からの複数の借入や金額が大きい場合も審査に落ちる対象になってしまいます。

他社からの借入は申告しなければならないことになっていますが、ここで嘘の申告をしてもCICに情報が管理されているのですぐにバレてしまい、更に審査のマイナスになり審査には通りません。

現時点で大量のクレジットカードを所持していることも審査に通らない原因の一つになるカースがあります。

沢山のクレジットカードを所持している情報もCICに登録されているので、クレジットカード会社によっては審査のマイナス点になる可能性も考えられるので、覚えておくと便利かもしれません。

YJカードの審査の流れ

ここからはYJカードを申し込んだ場合、申し込みから審査が通るまでどのくらい時間がかかるのか

また、本人確認の電話は掛かってくるのかどうか実際にYJカードを申し込んでみたので説明していきます。

YJカードの公式サイトから、カードの申し込みを行います。

個人情報の入力や、職業などの入力を済ませて送信で審査の結果待ちという流れです。

僕の場合、審査の結果はすぐにメールに届きました。送信してから1~2分くらいで結果がわかりました。

この時に、本人確認の電話などはなく、申し込みから審査の結果までスムーズに行えました。

申し込んだ時にYJカードがキャンペーンを開催していたので、すぐに期間固定ポイントが5,000ポイントもらえました。

YJカードの審査は基本的にすべて機械が行っているため、このように早く審査の結果が分かります。

電話が苦手な人もいるので、本人確認の電話が鳴ることもなく、どこでも申し込みができるのが魅力です。

更に、YJカードは他の会社のクレジットカードとは違い、審査に通った時点で新規入会者特典のポイントが貰えるのが嬉しい点です。

クレジットカードは申し込みからだいたい1週間ほどで届きました。

申し込みを行う際に特に問題がなく、申し込みの条件を満たしている方は安心してYJカードを申し込みましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です