けーしん

こんにちは!Galaxyマスターのけーしんです。

Galaxy Note7の爆発問題やGalaxy S8/S8+でも赤液晶があったので買うかどうか迷ってたGalaxy S8+ですが結局物欲に負けてSIMフリー版を買ってしまいました。

一足早くGalaxy S8+を触った私の感想は「Galaxy S8+最高だぜ!去年のGalaxy S7 Edgeでダメだった部分も改善されて快適すぎてやばい!!」です。

僕はGalaxyの専門ブログも持っていますが、まずは第一弾として、こちらの総合ブログにレビューを投下します!

ドコモ版・au版を購入しようと思っているあなたの参考になれば嬉しいです

これを読んだらGalaxy S8+が待てなくなってしまうので読まない方が良いですよ(笑)

目次

10万円オーバーのためペイパルエラーに悩まされ、Etorenでの購入が大変だった!

僕が購入したのはGalaxy S8+ G955FDのブラックモデルです。実は購入するのに2、3日手間取りました。なぜならペイパルの決済が10万円をオーバーしたことにより、アカウントで本人確認が必要となったからです。そしてペイパルで本人確認の手続きをしようと思うとエラー。仕方がないのでもう1アカウントの本人確認をしてある会社名義のビジネスアカウントで購入しようとしてもエラー。(会社名義のカードじゃないとエラーが出るようです)

何をやってもペイパルのエラーに悩まされましたが、今までペイパルで一切使っていないクレジットカードでゲストアカウントとして購入すればいけるという噂を聞きつけました。ペイパル決済を一度もしていないYJカードでついに購入できました。

もし、あなたがペイパルのエラーに未だに悩まされているのならば、素直に新しいGmailアカウントと、今までペイパルで利用したことのないクレジットカードを用意すべきです。

もし、今までペイパルで利用したことのないクレジットカードを持っていなければ、セゾンカードかエポスカードであれば即日発行できます。

セゾンカードはパルコなどのセゾンカウンターで、エポスカードはマルイのカウンターで受け取ることができます。

お店でカードを申し込んでもいいですが、もし審査に通らなかった場合無駄足になってしまいますし、発行までの時間が勿体無いので、とりあえずネットからカードの申し込みをして、審査が受かったら取りに行くのがおすすめです。

ここまでペイパル決済で苦労した余談となりましたが、注文後は順調でした。4/27の夜8時に注文し、5/1のお昼ごろにFedexで到着しました。海外から発送されて4日で到着したのでなかなか早かったです。

梱包もしっかりされていて問題ありませんでしたよ!

 

Galaxy S8+開封の儀的な感じで外箱と中身をチェック!

 

正直開封の儀って言葉があまり好きではないのですが、みんな使うので入れておきます。

それでは早速外箱と中身をチェックしていきましょう。

これがS8+の外箱です。黒ベースに青文字がS8/S8+の象徴です。

サムスンコンシェルジュのシールが貼られています。

英語得意じゃないのですが、多分雰囲気的にたった1回38$払うだけでサムスンコンシェルジュがつきますよ!詳しくは箱の中に入っているパンフレットをみてね!ということだと思います。まあ、日本には関係ないと思われるのでスルーで良いでしょう(笑)

箱の裏には性能が書いてあります。

  • コーナを無視すると画面は6.2インチ
  • ディスプレイのコーナーを考えると6.1インチ
  • メインカメラが1200万画素
  • サブカメラが800万画素
  • 防水対応(IP86)
  • 64GBストレージ
  • メモリ4GB

というまあ、当然のスペックが書いてあります。

箱から抜くとこんな感じ。

シールが貼ってあって、もしこのシールが破れているなら輸送時にダメージを受けている可能性があるから今すぐ連絡してという内容のことが書いてあります。Note7の爆発事故の影響もあってか、輸送事故も細かくチェックできるシステムになっています。

このシールを剥がしてようやくGalaxy S8+とご対面です。

本体の下には充電器、USBケーブル、変換コネクタ、イヤホン、イヤパッドが入っています。

充電器は残念ながら日本では使えません。これどこの国でしょう?わかる人教えてください!

充電出力が9V*1.67A=15W、2V*5A=10Wとなっています。Galaxy S8/S8+のクイックチャージ3.0は20V*3A=60Wまでは対応してたと思うんだけど、なんか付属している充電器が中途半端なような気がします。60Wも出したら負荷がかかるのかもしれませんが、30Wぐらいまでならいけるんじゃ?

変換コネクタはTyap-C-microUSBとType-C-TypeAの2種類が付いています。

Type-C-microUSBは今まで使っていたmicroUSBのケーブルをそのまま利用するためのものでしょう。

Type-c-Type-Aの変換コネクタは古いスマホとGalaxy S8/S8+を直接繋げてデータを移行するためのものです。日本版も付いていたら嬉しいですね。

充電ケーブルはType-A-Type-Cです。Type-C-C同士のUSBは未だにMacbookぐらいしか付属しないですね〜

イヤホンはAKGがGalaxy S8のために特別にチューニングしたものです。

スポンサードリンク

続いて外観をチェック!

このまま外観を見ていきましょう。近未来的なデザイン。手にフィットする液晶を持ち歩いているかのような感覚になります。

サムスンの特徴ともいうべき物理ホームボタンを廃止したことにより、下端のベゼルもここまで小さくなりました。

S7 Edgeの時に賛否両論だったデュアルエッジディスプレイも、今回のS8/S8+ではほとんど気にならないくらいにエッジカーブを減らしてあります。3日ほど使いましたが全く気になりません。僕はS7 Edgeのエッジはどうしても好きに慣れずすぐ手放してしまいましたが、S8/S8+なら問題ないでしょう。

右側面はスリープボタン。

左側面は大きい方がボリュームボタン(上下)、小さい方がBixbyボタンです。余談ですがスクリーンショットの撮り方が、今までは【ホーム+スリープボタン】だったのが、Galaxy S8/S8+から【スリープ+ボリューム下】に変わりました。しかし、ついつい【スリープ+Bixbyボタン】を押してミスをしてしまいます。

上部はSIMトレイ。SIMフリー版はSIMが2枚入りますが、日本版はおそらくSIM+SDカードに固定されるでしょう。本当は日本版Galaxy S8+ドコモとワイモバイルのSIMをDSDS使って、なおかつおサイフケータイ使いたいんですけどね。なかなか僕の希望が叶うことはなさそうです。ちなみにSIMトレイの作りがタイトで、上手にSIMを切りはずししていないとはみ出るかもしれません。

下部はイヤホン・スピーカー・USB Type-C。唯一残念だったのはスピーカーかな。ここはiPhoneにはまだまだ及ばないところです。

背面の様子。指紋センサーが今回背面につきました。詳しくはあとで説明しますが、僕は指紋センサーを使わないという選択を選びました。

カラーはミッドナイトブラックを選びましたが、鏡面ツルツルで鏡のようです。指紋が目立つというところはiPhone7mpジェットブラックと共通ですが、とにかく「ツヤツヤツルツルしてかっこいい」です。

 

僕が買ったものは赤液晶じゃなかった!当たりを引いた?

端末によっては液晶の赤みが強いという不具合があるようですが、僕の端末では特段赤みが強いという傾向は見られませんでした。この赤みが強いという症状自体、個体差とアップデートで修正できるレベルのようなので心配はいらないと思いますが、僕の端末については特に影響ありませんでした。

Galaxy S8+のスペックをおさらい

さてここでGalaxy S8+のスペックをおさらいしておきましょう。

 Galaxy S8 Galaxy S8+
OS Android7.0
液晶サイズ 5.8インチ 6.2インチ
解像度 2960×1440 (Quad HD)
デュアルエッジディスプレイ
サイズ 148.9×68.1x 8.0mm 159.5×73.4 x8.1mm
重量 155g 173g
バッテリー  3000mAh 3500mAh
充電 USB Type-C
(ワイヤレスチャージ)
CPU

Snapdragon835

またExynos8895

メモリ 4GB
ストレージ 64GB+microSD
メインカメラ 1200万画素 デュアルピクセル f1.7
防水 あり
セキュリティ 指紋認証、虹彩認証、 顔認証

※僕が買ったグローバル版(G955FD)はExynos8895搭載です。

Galaxy S8+のおすすめポイントは

最先端のCPUであるスナップドラゴン835、または同性能のExynos8895を搭載し、さらに液晶はベゼズレルデュアルエッジディスプレイである点。

スマホのほとんどがディスプレイな上に、ロック解除は指紋認証・顔認証・虹彩認証と進化したセキュリティを採用。

Galaxy独自の新AIであるBixbyの搭載。iPhone7、Xperia XZsを大幅に超えたと言われるカメラ性能

といったところでしょうか。今日はこんなGalaxy S8+の性能が本物なのか?さらに詳しく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

日本語標準対応!APNもspモード、ワイモバイルは初期搭載

僕が買ったのはGalaxy S8+のグローバル版です。日本のキャリアから購入する場合は問題ありませんが、海外版を買うと言語という壁がたちははだかります。Galaxy Note5(SM-N9200)を購入した時は中華フォントだったので苦労させられましたが、Galaxy S8+ (G955FD)は初めから中華フォントではない、ちゃんとした日本語ローケールが搭載されています。使うぶんには特に苦労しないでしょう。

APNは技適が通っていないにも関わらず、日本のある程度のSIMは初めからAPNが設定されています。Galaxy Note5では搭載されていたなかったspモードも初期搭載です。きっと僕がNote5のSIMフリー版を売りまくったから需要が増えたんでしょうね←(笑)ワイモバイルSIMのAPNも標準搭載です。

僕はドコモを通話用として設定し、通信はワイモバイルを標準とする夢をみました。

またテザリングも問題なく行え、ワイモバイルSIMではCAを掴み下り80Mbps以上の爆速を記録したという夢を見ました。

ドコモのSIMはCAを掴まないものの、テザリングでも20Mbpsほどでした。まあ、これだけ使えれば優秀でしょう。という夢もみました。

技適の問題があるので使えたという夢を見ただけですが、非常に心地よい夢でした。

ちなみに安全情報は日本語で入っていますが、そこに技適情報はありません。総務省のHPを見てもグローバル版は取っていないようなのでドコモ版、AU版に期待です。

 

カメラの写りが心地よく濃くて個人的にはめちゃめちゃ好み

ちょっと前にメイン端末として使っていたMate9はかなりあっさり目のカメラが特徴でしたが、逆にGALAXY S8+の写真はこってりめです。これはGalaxy S6 Edge、Galaxy S7 Edgeと引き続きブラッシュアップされていて、より鮮明に綺麗に映るようになりました。

Mate9はすでに手放してしまっているので比較できませんが、iPhone7と比べても色がしっかり乗っています。しかも、こってりで綺麗だなと思える色合いです。

画像については、パソコンで見た時が大事!という方とスマホでしか見ないんだからスマホの方が大事だろ!という方がいるので、どちらも載せて見ます。上がGalaxy S8+、下がiPhone7ですがGalaxyの方が色合いが明るく、しかもしっかり色も乗っていていて綺麗だと思います。


今度は同じディスプレイで見比べられる環境にしました。上がGalaxy S8+、下がiPhone7。僕は今iMacの21.5インチ4Kモデルで見比べているんですが、Galaxy S8+の圧勝ですね!色合いも解像感も、背景のボケ具合もGalaxyの方が勝ってます

次にびっくりドンキーで撮ったバスケットとスプーン・フォーク。

こちらも上がGalaxy S8+、下がiPhone7です。スプーンのシルバーの輝きも、バスケットの色合いも、解像感もGalaxy S8+の方が僕は好みです。しっかり色が乗っている上にキリッとしていて見ていて気持ちが良いです。

 

続いて夜景とまではいきませんが、夜の屋外の1枚を。

これも上がGalaxy S8+、下がiPhone7。中華料理屋さんの看板にピント・露出を合わせ、最大限に露出を下げアンダーに撮影しました。

やはりGalaxy S8+の方がクリアだと思いませんか?夜景の違いはリサイズしていない方がよくわかるので、後日Galaxy専門サイトではリサイズなしの画像をアップします。

全体的にiPhone7よりGalaxy S8+の方が色が濃くグラデーション豊かです。iPhone7はちょっと全体的に薄いかなという印象を受けます。(iPhone7を買った時はすっごく綺麗だと思ったんですがね!(笑))

ちなみにiPhone7とMate9を比較した時はiPhone7の方が色がしっかりと出ていたので、Galaxy S8/S8+<iPhone7<Mate9ということになります。

最後に僕の大好きなチーズフォンデュ風バーグディッシュの写真。

上はGalaxy S8+の料理モード、下はiPhone7のオートモード。Galaxy S8/S8+の料理モードは最強ですね!チーズがより美味しそうな色をして、この写真を見ただけでまた食べに行きたくなります

海外のYouTuberのアップ写真を見てすごいなーと感心していましたが、まさかiPhone7にここまで差をつけるとは思いませんでした。

 

インカメはSnowのような機能が追加!アプリ嫌いな方はぜひお試しを

Galaxyのインカメはもともと自撮りが優秀で、2年前のGalaxy S6の時点で肌をきれいに補正してくれたり、目を大きく見せてくれる機能がついて海外ではかなり好評でした。

日本ではSnowがメジャーなため、標準のカメラの自撮りはしないかもしれません。しかし、僕はSnowのアプリは面倒臭いし、通知もうざいので入れていません。それよりも自動で自分の肌をきれいにして、メモを大きくしてくれるGalaxy S8+の標準カメラの加工っぷりの方が好きです。

そんな僕に朗報があって、Galaxy S8/S8+では、SNOWを丸パクリした感じでスタンプが使えるようになりました。

美肌効果はもちろんのこと、スタンプも使えるようになりました。このスタンプもこれからクリエイターがどんどん作っていけば増えていきそうです。

ちなみに自分の肌を載せたくないので、言葉だけの説明になってしまいますが、前機種のGalaxy S7 Edgeは肌をバリバリ加工しまくってる印象でしたが、Galaxy S8/S8+は前機種よりも自然になおかつ綺麗に加工してくれます。

今まで一切自撮りをしなかった方でも、Galaxy S8/S8+の自撮りはハマるかも。

 

Galaxy S8+は2960×1440の解像度で表示領域が広くて快適!

左は解像度1080×1920のXpeira Z4(5.2インチ)、右が解像度2960×1440ののGalaxy S8+(6.2)インチの比較です。

同じURLを開いても、表示領域がこれだけ違うんです。

ちなみに5.2インチXperiaZ4と5.9インチMate9(どちらも解像度は1080×1920)を比較すると、画面サイズが違うのに表示領域は同じ・・・・

こうやって比べて見ると、スクロールが少なく、一度にたくさんの情報を手に入れられるGalaxy S8+は最強ですね。ちなみにこれだけ縦長ディスプレイで大画面・なおかつ解像度が高いことを利用するとこういうこともできちゃうんです。

 

YouTubeで動画を見ながらLINEで返事を返せる!

Youtubeを見ながらLINEの返事もこの通り。ちなみにこのLINEのメッセージは新しくLINEアカウントを作ったら、電話帳のデータが一斉に登録されてしまって困っタノを自分の本アカウントにメモがてら送っている文章です。

とりあえずそれは置いといて、動画を見ながらLINEの返事をすることもできるので、今までは乃木坂のMVを見ている時に友達からLINEが来てその度に中断させられたり、動画が見えなくなってしまっていましたが、ついにその問題もGalaxy S8/Galaxy S8+で解決できます。

 

エッジディスプレイは全く気にならない

Galaxy Note Edgeで初登場し、それ以来賛否両論で波紋を読んだエッジディスプレイですが、研究に研究を重ね、使い勝手が洗練されたなという印象です。

文字を選択する分の画面は平面になっているので、Galaxy S7 Edgeの時のように「文字が選択しにくくて使いにくい!」ということにはなりませし、文字も見やすいように改良されています。

また、エッジディスプレイ部分から、自分がよく使うショートカットを登録し呼び出すことも可能です。Google Mapやブラウザ、LINEなんかは頻繁に使うので登録しておくと便利ですよ。

また、電話を呼び出す相手も登録可能なので、仕事で頻繁に連絡する相手方を登録しても良いかもしれません。

 

Bixbyは発展途上

Bixbyは期待していたんですが、まだまだ発展途上です。画像検索機能はまだまだ制度が甘いです。

Galaxy Note5を撮影すればiPhonbeが表示されるぐらい甘い。

僕のサボテンちゃん「もう1つほしいのでネットで買えないかな?と思って検索したら見当違い

あとはスクショを取るためにはスリープ+ボリューム下なのですが、間違えてBixbyボタンを押してうまくいかないことが多いのが困りものです。

 

Antutuベンチマークは17万点超え!ついにiPhone7に追いついた

棒のGalaxy S8+のAntutuベンチマークは172633点でした。OSからパーツから全てを最適化しているiPhoneも17万点ほどなので、ようやくAndroidでも追いつける時代がきた感じです。

GEEKベンチの結果も参考までに、シングルコアが2014、マルチコアが6443点となりました。Snapdragon版のGalaxy S8/S8+はどうなるんでしょう?持っている方はスコアを教えてくれると嬉しいです。

 

バッテリーは2時間でフル充電! 3500mAhを2時間で充電できれば優秀では?

一度Galaxy S8+のバッテリーを空っぽにし、そこからどれだけの時間でフル充電になるか実験して見ました。

充電器は5V*2.4A=12Wの出力のもの利用しました。結果として約2時間でフルチャージできました。夜寝る前に充電するのを忘れても、朝起きてすぐにセットすれば70〜80%にはなっているでしょう。それなら1日は余裕で持つでしょうし文句ないですね。

Galaxy専門サイトではMacbookの大出力充電器で充電したらどうなるかの結果もお届けするので楽しみにしてください。

 

バッテリーは普通のユーザーで1日、あまり使わないなら3日もつ印象

バッテリー持ちに関してはそこまで悪くもなく、よくもなく普通といった印象です。体感的にiPhone7と同じぐらいです。

使わない日はぜんぜん減らないし、動画を見るなり、画像をアップロードするなり、ネットを見ると当然使った分減ります。

充電速度が優秀なので特別電池持ちは問題ないと思われます。

 

動画を綺麗にするビデオエンハンサーモード搭載!SIMフリー版はHulu対応していればなー

左がオフ、右がオン。ビデオエンハンサーモードを利用すると鮮やかな映像が楽しめる

Galaxy S8/S8+では動画をより楽しく色鮮やかに再生するためのビデオエンハンサーモードが搭載されています。確かにこのモードが搭載されている方が映像が綺麗に見えますし、アイドルのPVも見ていて楽しいです。

僕は乃木ヲタですが、最近°C-uteに浮気中です。まあ、°C-uteもあと2ヶ月で解散なのでこの浮気は許されると思ってます。鈴木愛理ちゃんを見るにはこのビデオエンハンサーモードが素晴らしく役立ちます。

SIMフリー版はHulu未対応ですが、国内版は対応してくると思います。これでHuluやAmazonプライム、dビデオ、U-NEXTなどのVODサービスがより楽しめますね!

スポンサードリンク

指紋センサーは遠いし、カメラに指紋がついちゃうので虹彩認証がおすすめ

ホームボタンが消失したことにより、指紋センサーが背面となったGalaxy S8ですが、これは正直良いとは思えません。

思ったより遠くて使いにくいということはないのですが、間違ってカメラのレンズに触れてしまう機会が増えました。

レンズに傷が入ったり、指紋で汚れてしまうと画質にも影響するので、なるべく触らないようにしたいところです。

指紋認証は確かに手軽ですが、僕はそれよりも虹彩認証がおすすめです。虹彩認証は上のような感じで行なって、丸い円の中に自分の目が入ればすぐに解除できます。慣れればこの画面が出ることすらわからないぐらい一瞬で解除可能です。

自分の目の写真を試してもロック解除できなかったので、やはり虹彩認証はセキュリティーレベルが高いと実感しました。指紋より断然虹彩認証がおすすめです。

 

まとめ:機能が限られるSIMフリー版でこの満足度。ドコモ・au版Galaxy S8、Galaxy S8+は絶対に買うべき!

今回はSIMフリー版を買うのに苦労した話から、実際に使ってカメラからエッジディスプレイの使い勝手、虹彩認証の精度まで一通りレビューしました。

まだ購入して3、4日しか経っていませんが、Huluやおサイフケータイに未対応でCPUはExynosなSIMフリー版Galaxy S8+の満足度がここまで高いと、それらの弱点も克服しているドコモ版・au版は絶対に購入するべきです!

特にカメラは文句ないですね。どう考えてもGalaxyが今スマホカメラ界の頂点にいるんだぜ!っていう写りをしています。しかもこのスペックで防水対応なので、ハッキリいってサムスンが嫌いでなければ選ばない理由がありません。

SIMフリー版はEtorenで在庫があります。技適の問題はありますが、通信はドコモ・ワイモバイル系列で問題なく使えます。るという夢を見ました。

EtorenでGalaxy S8/S8+を購入するにはこちらをクリック!

2017.5.24追記:ついにドコモとauからGalaxy S8/S8+の発売が発表されました!

事前予約をして購入すると、ドコモ版もau版も新型のNew Gear VRがもらえます。購入すると1万円以上はするので今のうちにもらっておくとお得です。

 

ドコモショップやauショップでは「頭金」という名の手数料が5000〜1万円ほど上乗せされてしまう

ちなみにドコモであれ、auであれ機種変更をするのであればオンラインショップが一番お得です。ドコモなら事務手数料が無料ですし、ドコモ・au共にショップでぼったくられる頭金もありません。さらに、つけたくもないオプションやコンテンツをつけられることもありませんし、自宅まで送料無料で届けてくれます。

Galaxy S8、Galaxy S8+の機種変更は絶対にドコモオンラインショップ、auオンラインショップで行いましょう!

ドコモとauがGalaxy S8+の予約を開始しました!

ドコモとAUがともにGALAXY S8とGALAXY S8+の取り扱いを発表しました。

予約をし、実際に購入すると特典として新型のNEW GEAR VRがもらえます。特典がなくならないうちに今すぐ予約しましょう!

ちなみにドコモショップやAUショップでは頭金や高額なSDカードなど、正規の価格よりも1万円以上ボッタクられる可能性があります。

頭金も無料で余計な商品も買わされないドコモオンラインショップ、auオンラインショップで購入するようにしましょう!

さらに詳しいGalaxy S8+のレビュー書きました!

購入してから時間も経ち、さらに色々と気づいた点があるので、Galaxy専門サイトに新たにレビューを書きました。

この記事では書いていない、本当にヤバい機能も付いていることがわかったのでぜひ読んでみてください。

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカードGOLDを作るのが鉄の掟です

dcardgold これからドコモ光を申し込むなら、dカードGOLDも一緒に申し込みましょう!dカードGOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカードGOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光び利用料の10%のポイントが溜まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
月額利用料 15,000円
年間利用額 180,000円
ポイント 1800円 18000円
年会費 無料 10800円
実質お得額 1800円 7200円
溜まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカードGOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償、ラウンジ無料、年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカードGOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。

dカードGOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18000円の節約に!

dカードGOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカードGOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLDケータイ補償を利用しています。

国内線のラウンジが無料!家族4人で往復8000円分を無料にできる

dカードGOLDは国内線のラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人と同伴者が1名無料です。dカードGOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1000円)その家族カードも本人と同伴者がラウンジを無料で使えます。

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になります。

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機が飛んでるの暇つぶしを確保することもできます。

パワーアップして帰ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカードGOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスのなどから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21600円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

あなたもこの機会にdカードGOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカードGOLDのメリット神!リクルートカードプラスを圧倒!

2015.12.06

ドコモユーザーなら、家のインターネットは当然ドコモ光にしてますよね?

あなたがドコモ回線を使っているなら、自宅のインターネットの固定回線も当然ドコモ光に変えて、全部ドコモでまとめていますよね?

また、自宅に固定回線(インターネット回線)を引いていなくて、ドコモのスマホだけで通信をしているのであれば、自宅にドコモ光を引いてみるのはどうでしょう?

毎月のスマホ代が割り引かれるので、トータルで考えると月額料金はそこまで高くありません。そして、家にいる間の通信はWiFiに切り替えれば、通信量を無駄に使わずに動画を見放題なんてこともできます。

僕はドコモ光を契約して、Wi-Fiで乃木坂の動画をずっと見ていることもあります。Amazonプライムビデオでドラマを一気見するのも、通信量を全く気にせず快適に楽しめます。

もしあなたが固定回線を引いていない状態、またはフレッツ光を使っている状態であれば、GMOとくとくBBドコモ光にするだけでこんなメリットがありますよ。

  1. 月々で最大5700円の割引がある
  2. 通信速度が早い!(遅いドコモ光と早いドコモ光があります)
  3. 高性能な無線LANルーターを無料でレンタルできる!
それではこれらのことについて、さらに詳しくお話ししますね!

月々最大5700円割引

ドコモ光自体の料金はマンションの場合でプロバイダー込み月4,000円、戸建で月5200円ですが、そこからさらにドコモの携帯料金が月々最大5,700円割引になります。

だいたいどこのご家庭でも、フレッツ光からドコモ光に変えるだけで月額料金が1000〜2000円は安くなることが多いです。そうなると欲しかったあの最新のスマホも毎月の負担が増えることなく買えますよね?

さらにdカードGOLDを持っていれば、ドコモ光の利用料金の10%のポイントももらえてしまうんです。

ドコモの利用料金の割引額はプランによって違うので、まずは割引シミュレーターを使ってどれくらい安くなるかを確認してみましょう。

実は通信速度が速い

ドコモ光を検索すると、速度が遅いという不満が書かれていることがあります。 これはドコモ光の通信速度がプロバイダーに依存しているからです。

ドコモ光を申し込むなら、快適な通信速度を重視してそれを売りにしているプロバイダーを選ぶのがおすすめです。



【GMOとくとくBB】というプロバイダーはv6プラスという新しい通信方式を採用しているので速度が早いです。

しかも毎月全国都道府県にいるモニターに速度チェックさせてホームページで実測値を公開しているという力の入れようで、速度に関してはここが一番安心でしょう。

実測値で下り200~300Mbpsもの速度が計測されています。 上記の速度は2016年12月〜2017年6月の12ヶ月の全国平均です。最新の速度についてはGMOとくとくBBドコモ光の公式サイトで確認しましょう!

GMOとくとくBB/ドコモ光接続サービス【転用】

高性能ルーターを毎月無料でレンタル

もしあなたがGMOとくとくBBドコモ光を契約して、スマホの月額料金が安くなり、速度も快適なったとしましょう。それでも、無線LANルーター(Wi-Fiルーター)がないとあなたのネットライフが快適にならないですよね?

パソコンならまだ優先でつなぐ方もいると思いますが、スマホは無線LAN(Wi-Fi)じゃないと固定回線につなぐことができません。そしてパソコンでも、僕が使っているMacbookは優先のネットをつなぐケーブルがありません。

また、もし無線LANルーターを持っていたとしても、高性能の無線LANルーターを持っていないと、せっかくのドコモ光の快適な速度を生かすことができません。

低速のルーターだとビュンビュン早い快適な速度を殺してしまうだけなので、1Gbps対応クラスが欲しいところです。1Gbps=1000Mbps対応クラスのルーターは普通に買うと1万円ほどします。これを買うとなるとちょっと痛い出費ですよね?

GMOとくとくBBドコモ光であれば、1Gbps対応で購入すると1万円ほどするルーターを無料でレンタルしてくれます。1万円は浮くし、スマホで好きな動画も見放題で楽しいネットライフがあなたを待っています。

GMOとくとくBBはWEBから申し込めばWEB限定のキャンペーンもやっていますし、 ショップで機種変更するときのように無駄な待ち時間もありません。

お店で契約すると待ち時間は2−3時間取られますし、ドコモショップにきてくれたついでだからということで、アマゾンなら5000円で買えるSDカードを10000円でおすすめされることもあります。

必ず待ち時間もなく、ついでに不要なものをオススメされたりしない、ネットから申し込むようにしましょう!

GMOとくとくBB/ドコモ光接続サービス【転用】

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

5 件のコメント

  • 封するためのシールは黒のはずです。白シールはお店の自作?
    写真からもちょっとだけですが、黒色のシールの上に白のシールを張っているように見えます。
    どこで開封されたかわかりませんが、店で再度封しているということだと思います。
    海外ののどのショップから購入しても基本開封されています。
    理由は何でしょうね?

    • シールが気になったさん
      コメントありがとうございます!

      確かに黒のシールの上に白いシールがあって、白いのはコピーしたものに見えてきました!
      僕はEtorenで買ったんですがなんででしょう?検品のためと思いたいです。
      バッグドア入れられてたら・・・・・聞いても正直に答えてくれるとは思っていませんが、試しに聞いてみますね!

  • けーしんさん

    返信ありがとうございます。

    androidはオープンソースですから、怖いですよね。
    マルウェアを入れられることがあるとの記事をみた記憶があります。
    ま、有名なお店ならほとんどの場合、問題はないでしょうけど・・・

    私は別のところから買いましたが、同じくPayPalの10万円制限に引っかかり、
    PayPalゲストで購入しました。
    その時に、PayPalログイン後の決済であば、カード会社のレートを選択するオプションがありますが、それがゲストだと見つけられず、PalPalの極端に悪いレートのまま購入しました。
    けーしんさんはその辺はどうでしたか?

    • マルウェアは1Shopmobileでしたっけ?
      何かあったら嫌なので、僕も一応初期化してから使うようにはしていますが・・・・・

      PayPalはレートを選ぶところはなかったですね〜
      1JPY=0.00864473USDなので1$=115.6円
      Yahoo!ファイナンスで当時のレートを見ると1$=112.5円なので結構ペイパルに持ってかれてますが、
      まあ、技適ないし、しゃあないか。保険料だ保険料と思って払っています

  • こんにちは!
    「人気ブログランキング」から来ました♪
    たまと言います。
    ちょこちょこ遊びに来させて頂いてます!
    とても見やすく綺麗なサイトですね。
    勉強になります。
    綺麗なサイト作りを私も目指しています。
    また遊びに来ます!
    良かったら遊びにも来てくださいね♪
    ポチッ!応援完了です★

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です