Xperia XZ Premium(SO-04J)のスペック・価格・月額料金・特徴まとめ

SONYから日本ではドコモの独占販売となるXperia XZ Premium(SO-04J)が発売となります。

Xperia XZ PremiumはSONY製端末としては初となるSnapdragon835を搭載。

そして世界初の4K HDRの高精細ディスプレイを搭載し、Motion Eye Cameraという超スローモーション製造を撮れるカメラを搭載しています。

今日はそんなXperia XZ Premium(エクスペリア エックスゼット プレミアム)のスペック・価格・月額料金・特徴・レビューについてまとめています。

Xperia XZ Premiumのスペック(XZs、XZと比較)

まずはスペックを確認しましょう。一応おさらいとしてXperia XZs、Xperia XZと比較表を作りました。

Xperia XZ
Premium
Xperia XZs Xperia XZ
OS Android7.0 Android6.0
本体サイズ 156x77x
7.9mm
146 x 72 x 8.1mm
重量 195g 161g
液晶サイズ 5.5インチ 5.2インチ
解像度 3230×2160
4K HDR
1920×1080
バッテリー 3230mAh 2900mAh
充電  USB Type-C
(USB 3.1)
USB Type-C
(USB 2.0)
CPU Snapdragon
835
Snapdragon820
クロック数 2.45GHz+1.9GHz
(8コア=4+4)
2.2GHz(4コア)
メモリ 4GB 3GB
ストレージ 64GB
+microSD
32GB/64GB
+microSD
メインカメラ  1900万画素
広角25mm f2.0
2300万画素
広角24mm
インカメラ 1300万画素
広角22mm f2.0
1300万画素
広角22mm
wi-fi  未確認 802.11b/g/n/ac
防水 あり
指紋認証 あり
虹彩認証 なし
おサイフケータイ 対応
フルセグ 対応

前作XZとの違いはMotion Eyeカメラ、メモリ3→4GB、CPUがパワーアップが目立ったところです。

兄弟機XZとの違いは画面・本体サイズ・4K HDR液晶、CPUですね。全体的な魅力はXZ Premiumの方が高いの言わずもがな。

Xperia XZ Premiumの特徴1:スーパースローモーションカメラ

Xperia XZ Premiumにおいて新しく搭載されたMotion Eyeカメラ。それによって撮影可能となったスーパースローモーションが非常に面白いと評判です。

960fpsという超高速のコマ撮りをして、時を歪めるかのようにゆっくり再生することができます。

 

高性能なビデオカメラならこういう機能があるのかもしれませんが、生活必需品であるスマホにこのような搭載されたというのが新たな世界が切り広げられた感じがあります。

僕はUSJの噴水をスーパースローモーションで撮影したので、サンプルをご覧ください。

「へぇ、水の流れってこうなってるんだ〜」と思わず感心して見てしまいます。お子さんがいるご家庭では色々な動物や昆虫の動きを撮影して見せてあげたら喜ぶのではないでしょうか?

Xperia XZ Premiumの特徴2:遡り撮影機能

あなたは今まで、「自分がシャッターを切ったタイミングと、撮りたいタイミングが微妙に合わない!」という経験をしたことはありませんか?

動いているものだと撮影するのが難しいですよね?特にペットや子供を撮っているとなかなか思ったように撮れません。いっそのこと動画で撮ろうかと思うぐらいですが、動画ってほとんど見返すことがないのでなるべくなら写真で撮りたいです。

そんな時にバッチリ役立つのが、今回Xperia XZ Premiumで搭載された遡り撮影機能です。

例えば、

スキーの回転ジャンプをかっこよく撮るぞ!

と思ったらシャッターが切れたのはただ落ちていくとこだ・・・・

でも、4つ候補が出て来て(しかもシャッターを押す前の写真が!)

かっこよく撮れたのを保存しよう!

ということができます。

もちろん連写機能もついているので併用もできます。ただし、この機能をオンにしておくだけで動いているものを自動検出してくれるので、連写し忘れた時の保険として大いに役立ってくれます。

Xperia XZ Premiumの特徴3:超高精細4K HDRディスプレイ

Xperia XZ Premiumは、色を鮮やかに表現するための「4K HDRディスプレイ」というものが搭載されています。

簡単に説明すると、普通だとこういう映像・画像が

4KHDRの画像処理で、このように明るく・カラフルで・色鮮やかに。見ていて楽しいものになります。

というのも、人間が見ている現実は非常にグラデーション豊かで、明るさの強弱も広いのですが、既存の液晶はほんのその一部しか表現できませんでした。

例えるのであれば、5オクターブの鍵盤があるのに奏者の力量で3オクターブしか使えないという感じですね。残りの2オクターブを余してしまってる状態です。

それをなるべく広く細かくグラデーションや明るさを表現するようにしたのがHDR液晶です。

Xpera XZ Premium(SO-04J)のドコモでの本体価格・発売日・月額料金は?

ドコモでの本体価格・割引額、発売日についてまとめています。

発売日

ドコモ
発売日  2017年6月16日

 

新規・機種変更・MNPで購入した時の端末価格

新規・機種変更 MNP
端末代金 93,960円
月々サポート -2025円x24ヶ月
(48,600円)
-3267×24ヶ月
(-78,408円)
実質額 45,360円 15,552円
毎月の
実質支払額
1890円/月 648円

MNPの場合、月々実質648円というえげつないほどお得な価格に!

機種変更の場合は実質45360円。それでも元々の定価が93960円と高価なことを考えるとかなり割り引かれています。

ちなみにドコモオンラインショップ以外で機種変更すると、事務手数料(2000円)、頭金(5000円)を手数料として上乗せされ、さらにオプションやコンテンツまでつけられるので注意。

高価な買い物なので、なるべくオンラインショップで機種変更を行うようにしましょう!

新規・機種変更・MNPで購入した時の月額料金

ドコモはパケットプランによって料金が変わりますが、

  1. 単体回線として5分かけ放題、パケット20GBを契約した場合
  2. 子回線として5分かけ放題、シェアオプションを契約した場合

の2種類をご紹介します

親回線単体の場合
 契約種類 新規
機種変更
MNP
基本料
(通話ライト)
1836円
プロパイダ 324円
パケット(20GB) 6480円
端末(24分割) 1890円 648円
合計 10530円 9288円

 

子回線の場合
 契約種類 新規
機種変更
MNP
基本料
(通話ライト)
1836円
プロパイダ 324円
シェアオプション 540円
端末(24分割) 1890円 648円
合計 4590円 3348円

単体で20GB契約だと月々1万円をちょっとオーバーする価格に、その一方子回線として利用すればそこまで月々の大きな負担となることも少なそうです。

ドコモの子回線自体が、こういう風に利用するためにありますからね〜

どんな形であれ、月々料金がかかることは間違いありません。

安い買い物ではないので、なるべく負担を抑えるためにも頭金・機種変更の事務手数料のかからないドコモオンラインショップがおすすめです。

ドコモショップの頭金って本体価格に上乗せ加算される手数料です。Xperia XZ Premiumの本体価格が93960円なので、それに5400円上乗せし99360円が請求されます。

オンラインショップならそのお金はかからないので必ず安いところを選びましょう!

ドコモユーザーならdカードGOLD当然持ってますよね?

あなたがドコモ回線を使っているなら、dカードGOLDも当然持ってますよね? 無料で作れるdカードよりも、年会費が1万円かかるdカードGOLDの方がトータル的には絶対にお得になります。ゴールドではないdカードは年会費無料のクレジットカードでポイントが1%溜まるのですが、dカードGOLDは年会費1万円のクレジットカードで、ドコモ・ドコモ光の利用料の10%のポイントがたまります。 仮にドコモ回線とドコモ光の合計が月1万5千円だった場合のポイントのたまり具合を比較してみます。
dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
年間利用額 180,000円
ポイント 1800円 18000円
年会費 無料 10000円
実質お得額 1800円 8000円
もっと下げて1万円だった場合はこのようになります。
dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
年間利用額 120,000円
ポイント 1200円 12000円
年会費 無料 10000円
実質お得額 1800円 2000円
dカードは年会でたまるポイントが1800ポイントですが、dカードGOLDの場合は18000ポイントたまります。年会費が1万円かかっても8000円分はお得になります。 月々の利用料金が1万円だった場合、ポイントを加味した1年間のトータル額はdカードとほとんど変わりませんが、空港のラウンジが使えるという圧倒的特権を手にすることができます。 僕もdカードGOLDで空港のラウンジを無料で使ったことがあります。飲み物は無料で飲めるし、落ち着いた空間でゆっくり休むことができるので、年に1度旅行に行くなら持っていて損はないカードです。

dカードGOLDのメリット神!リクルートカードプラスを圧倒!

2015.12.06

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です