携帯乞食とは?

スポンサードリンク

携帯乞食ってなんですか?

 

このブログを読んでいる人で、

「携帯乞食」っていう言葉を知らない人は

ひとりもいないと思うんですけど、

とりあえず思いついたので記事にしようと思います。

 

 

携帯乞食とは携帯を格安で買って高値で転売することである

 

まあ、一般的な定義はコレですよね?

 

MNPを始めとして、携帯電話、スマートフォンを格安

(というかほとんどの場合一括0円)

で入手します。

 

携帯業界はなぜかMNPを超・超・超優遇しており、

機種変すると9万円するスマートフォンが

MNPだとなぜか0円になったりします。

 

それどころか、MNPするとキャッシュバックで

現金や商品券がおまけで貰えることもあります。

 

こういった制度をフルに生かします。

当然携帯を携帯すると手数料やら毎月の料金がかかりますが、

携帯端末を売却+キャッシュバックがそれを上回れば

その分利益になります。

 

例えばauのiPhoneがMNP一括0円だったとすると、

・以前のキャリア(ドコモ、ソフバン)の違約金1万円

・転出料2000円

・auの事務手数料3000円

・auの基本料930*6ヶ月=約6000円

・初月フラット(日割り)=約2000円

だいたい2〜3万の費用がかかります。

 

それに対して、iPhoneの売却比は4〜5万

確実に1、2万の利益が出ますよね?

 

これを2台同時にすれば?

キャッシュバックがつけばさらに?

携帯業界からお金を貰うのが携帯乞食です。

 

なんて、当然の事を書いても面白くないですよね?

だから、僕は携帯乞食のことをこう考えています。

スポンサードリンク

携帯乞食はこの世の不条理に逆らう賢者である!

 

総務省を始め、一般の人たちも、

僕たち携帯乞食を目の敵にしています。

「こっちは1人毎月1万円、家族で月4万も払ってるのに

その金があいつら携帯乞食にわたるなんておかしくないか?」

 

確かにおかしいことです。

本来なら、さらなる設備投資や

消費者へのなんらかの還元を行うべきです。

 

ただ、キャリアがこうやってMNP優遇を掲げる以上

僕たちはそれに従うしかありません。

MNPが安いと分かっているなら、

自分もMNPすれば良いだけの話です。

 

じゃあ、一般市民はなぜMNPしないのか?

答えは「面倒くさいから」です。

 

料金プランが多すぎて、店員に説明されても

何がなんだかさっぱりわかりません。

というか、店員ですら把握していない場合が多いです。

 

それで結局

「ずっとドコモ使ってきたし

面倒くさいからこのままで良いや」

と思って何も行動しない訳です。

 

僕たち携帯乞食は違います。

常日頃条件が変わり、料金プランも変わるなか、

時には店員さんに教えながら契約することもあります。

端末の売却値の変動をみながら利益を確立しています。

貴重な土日を潰して、その代価としてお金を得ています。

いったいこれの何がいけないのでしょうか?

これに文句があるならば、

 

 

自営業の人が税金を払っていないことに文句をいうのと同じです。

 

自営業全てがそうだというわけではありませんが、

自営業は

・電気代

・水道代

・ランチ代

・文房具

・パソコン

・ガソリン代

・レジャー代

 

日常生活でかかるほとんどの費用を

経費として申請できます。

 

税金の対象額はざっくりいうと、

月商-経費の12ヶ月分で決まるため、

さまざまなものを経費にしてしまえば

プラマイ0とか、赤字決済にしてしまうことも可能です。

 

そうすると、さまざまな税金が免除されるので

サラリーマンから、

「自営業は税金も払わないで」

みたいにひがまれる訳です。

 

これも結局、制度をうまく利用した自営業の方が正しいんです。

一生懸命今の事業を勉強して、展開して、

今の生活があるんですから。

 

それに対してごちゃごちゃ文句をいうなら、

自分も一生懸命勉強して自営業すれば良いじゃないですか?

それをしないのはなぜですか?

 

今更そんなことやってられないからですよね。

今更そんな努力したくないからですよね。

だったら文句は言えません。

おとなしく汗水たらして税金をおさめましょう。

 

 

結局、携帯乞食は行動を起こした勇者である

 

僕の知り合いでは、5人家族で96回線保有して

年間500万の利益をだし、

それだけで生活している人がいます。

 

その家族はブラックになるリスクを負いながらも

携帯乞食で生活するという選択肢をとりました。

 

制度を駆使して、他の人がしないことをする。

これは素晴らしいことだと思います。

 

前述したように、一般市民は文句を言うだけで

(時には批判をするだけで)

自分自身は何も行動しようとしません。

 

しかし、我々携帯乞食は

行動を起こした勇者であり、賢者でもあります。

一般市民の戯言など気にせずに、

我々は制度を生かして優雅に生活していきましょう。

 

以上中二病全開で「携帯乞食とは何か?」を説明しました。

スポンサードリンク

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です