ワイモバイルから507SHが登場。日本初のAndroidOneのスペック・評判は?

スクリーンショット 2016-07-08 00.21.49

 

低価格路線で一人勝ちを続けるワイモバイルに

新たな強みの柱が立ちました。

それはシャープのスマホ「507SH」

日本発のアンドロイドワンです。

 

アンドロイドワンって何?

というはこちらの記事を御覧ください。

AndroidOneとはなに?Nexusシリーズとの違いは?

 

今年iPhone5Sを取り扱い始めたところ

契約者がうなぎ上り状態になり絶好調のワイモバイルですが

「これからはiPhoneとAndroid Oneを主軸にやっていきたい」

ということをインタビューで言っていました。

 

イーモバイルがワイモバイルに変わった当初は、

世間的にはMNP一括0円で月々の料金が安くなるのも主流でしたが、

2016年総務省に通報窓口ができて以来、

そういったこともなくなってしまいました。

 

業界的に毎月の料金の平均値がグーンと上がった分、

大きな割引をせずとも低価格だったワイモバイルは

特に影響を受けないどころか、

棚から牡丹餅のような感じで日に日に契約者数を増やしています。

 

今日はそんなワイモバイルが自信を持って送り出した

日本初のAndroid Oneのスマホ

「507SH」

について詳しく掘り下げていきたいと思います。

スポンサードリンク

507SHのスペックは?

 

OS Android6.0.
液晶サイズ 5.0インチ

IGZO液晶

解像度 1280×720(HD)
バッテリー 3010mAh
充電 micro USB(確認中)
CPU Snapdragon617
GPU Adreno405
メモリ 2GB
ストレージ 16GB+miceoSDXC
 カメラ メイン:1310万画素
サブ:500万画素
動画撮影 1920×1080(FullHD)
防水防塵 防水:IPX5/8、防塵IP5X
データ通信 LTE/AXGP/3G
対応周波数 4G:900MHz、1.7GHz、2.1GHz、2.5GHz

3G:900MHz、2.1GHz

テザリング 最大同時10台可能
おさいふケータイ なし
テレビ ワンセグ(アンテナケーブル必要)
緊急速報メール なし
無線LAN b/g/n

 

 

OSは最新のAndroid6.0

 

AndroidOneの売りとして、

いち早く最新のAndroidを使えて、

発売から最低2年間セキュリティが毎月アップグレードされる

という特徴があります。

 

まあ、どこぞのウインドウずを売ってる会社と違って、

Androidはユーザーが求めている使いやすさが

OSに常に反映されているので

この配慮はとても嬉しいです。

 

パソコンにはウイルス対策ソフトを入れていても、

スマホにはウイルス対策ソフトを入れていない人も多そうですし、

月1でセキュリティがアップしてくれたおかげで

救われる人もたくさん出てくるのではないでしょうかね。

 

 

CPUはスナドラ617、メモリは2GB

 

このSnapdragon617は、

なんとQuickCharge3.0に対応しているんです!!

ただ、このスマホ「507SH」にそのことが記載されていないので

もしかしたら非対応なんでしょうかね?

 

メモリは2GBですが、廉価スマホとしては

このあたりのスペックが相場でしょうかね。

 

 

キャップレス防水

 

今までNEXUSシリーズではありえなかった防水対応です。

NEXUSは素のアンドロイドだから好きなんだけど、

防水がちょっとなー

と悩んでいた方が飛びつきそうです。

スポンサードリンク

NEXUSではなかったテレビも見れるよ!!

 

付属のアンテナケーブルが必要となりますが、

NEXUS5/5X/6Pではできなかった

テレビの視聴が可能となります!!

やったね!!

 

ただワンセグなので

フルセグの地デジレベルの画質ではなく

ちょっと荒れた画質になります。

 

見たい番組はあらかじめ録画しておくように

心がけましょう!!

 

 

おサイフケータイはない、残念

 

残念ながらおサイフケータイはありません。

おさいふ必須な方は404SHを買いましょう!

 

ちなみに僕はキーケースにSuicaを常備しています。

無記名式スイカでオートチャージできれば文句ないんですがねー。

 

余談ですが、せっかくおサイフケータイがついた

ドコモ版Galaxy S7 Edgeを買ったのに、

やはりどうしてもペンが良くてSIMフリーNote5に戻してしまいました。

よって僕の財布の中にはWaonとEdyとnanacoが潜んでいます。

スポンサードリンク

IGZO液晶、3010mAhバッテリーで電池長持ち

 

時々IGZOバッテリーと勘違いしてブログに書いている人を見かけますが、

IGZOは液晶です!!

 

普通の液晶は同じ画面を出している時に、

この画面で点灯→点灯→点灯→点灯→点灯→点灯→点灯

という感じにずっと指示を出し続けるのですが、

IGZO液晶は点灯→維持

という指令だけなので電池が長持ちするというシステムです。

 

この液晶だけで電池長持ちなのに、

バッテリーも3010mAhと大容量です。

おかげで3日間心置きなく使えるようです。

 

 

 

507SHの価格・予約日、発売日は?

 

価格については2016年7月7日現在、

まだ公表されていません。

ただスペックから考えて4万以下が

妥当なところではないでしょうか?

 

ワイモバイルも下取りとか開始して、

これでこっそり一括0円とかやったりしたら嬉しいですね。

 

 

予約・発売日も特にまだ触れられていませんが、

7月下旬の発売が予定されています。

日本初のAndroid Oneスマホなので

なんだかんだで注目度は高く、

ガジェヲタのみなさんは買われるんじゃないでしょうか?

 

ちなみに店舗で買ってもいいですが、

ワイモバイルオンラインストアで購入すると

余計なオプションに入らせられずにすみますし、

待ち時間もなく、自分の好きな時間に購入できるのおすすめですよ。

ワイモバイルオンラインストアはこちらをクリック!

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です