2017年のauの学割天国U18/U25割引内容を解説!2016年とは全然違う!

スクリーンショット 2017-01-16 00.46.07
けーしん

auが2017年の学割を発表しました。その名も「学割天国」。2016年の割引内容を元に、2017年の学割を予想していたんですが思いっきり外しました。

特に学割天国U-18は、学割なのにパケットが2段階という変わったサービスになっています。今日は2017年版のauの学割「学割天国」について詳しく解説していきます!

学割天国U18は新規が対象!スマバリ必須で月2980円〜

スクリーンショット 2017-01-16 01.30.06
まずはメインの学割天国U18からです。これはパケットプランを専用の段階制プランであるU18データ定額20に加入し、月額の利用料金が2980円〜で使えるものになっています。

学割天国U18の料金プラン

料金
スーパーカケホ 1700円
LTE NET 300円
U18データ定額 3390円〜
auスマートバリュー -1410円
家族新規(MNP)
同時加入
-1000円
合計 2980円

料金プランですが、このようになっています。今年はスマートバリューが学割の条件として必須というところが面白いです。基本料は5分間何度でも話し放題のスーパーカケホ、パケットは専用の段階データ定額「U18データ定額」です。3390円の価格は3GBまで利用で、それ以上使った場合は料金が上がっていきます。また、家族が新規・またはMNPで加入すると月々1000円割り引かれます。逆に家族が同時にauへ新規・MNPできない場合、月額料金は月々3980円〜ということになります。

U18データ定額の段階制について解説

スクリーンショット 2017-01-16 10.33.24

U18データ定額はスマホ世代になってから珍しい段階制のパケットプランです。今までは学生ならパケットいっぱい使うよね?という見方が強く、「パケット代は5000円ね!そのかわりいっぱい使えるようにしといたよ!」というようなものが多かったです。しかし今回は、学生でも使う月と使わない月があるだろうし(受験時期とかは使わなくなる)、使わない月は安くなるようなプランにしたという感じですね。無駄なく浮いた分はお子さんの学費に使えるので嬉しいですよね?

パケットプランは3GBまで、3〜4GB、4〜5GB、5〜20GBと段階を踏んで課金されていきます。20GBのプランが通常6000円なので、U18データ定額の場合は5,500円となるので毎月500円、お父さんのランチ1回分は毎月必ずやすくなります。

〜3GB 3390円
3-4GB 4200円
4-5GB 4900円
5-20G 5500円

ちなみに20GBフルに使った場合は月々いくらになるんろうと思って、計算してみました。

料金
スーパーカケホ 1700円
LTE NET 300円
U18データ定額 5500円
auスマートバリュー -1410円
家族新規(MNP)
同時加入
-1000円
合計 5090円

スマートバリューや家族同時申し込みを駆使すると、20GB使っても月々5090円に抑えることができます。

ちなみにiPhohe7(32GB)の場合、毎月割を適用すると新規契約の場合、機種代は実質10800円、月々実質450円です。ということは5090*1.08(消費税)+450=5,947円でiPhone7を20GBのパケットで使えるということです。

けーしん

ただ、家族でauショップに行くのも大変じゃないですか?学割がが始まるとものすごく混雑して、2、3時間待ちなんてザラです。僕は一度夜の10時までいたことがあります。

しかし、auオンラインショップなら、家から一歩もでず、家族揃う必要もなく、スマホ・パソコンからの申し込みで全部済ますことができるのでオススメですよ。

auオンラインショップはこちら!

auオンラインショップで機種変更すべき【本当の】5つの理由

2016.08.25

また、この機会に家の光回線をauひかりにして、スマートバリューを組むといいかもしれませんね。So-netのauひかりがプロパイダとセットで、なおかつ月額料金も安くおすすめです。

So-netのauひかりのお申し込みはこちらをクリック!

 

学割天国U25は新規・機種変更で毎月500円割引に!

スクリーンショット 2017-01-16 01.14.13

先ほどは18歳未満が対象の学割天国U18でしたが、こちらは26歳になるまでが対象となる「学割天国U25」で、敷居が低いです。

26歳以下方が新規・機種変更をし、パケットプランを20GB/30GBのプランにすると、毎月500円の割引が受けられます。26歳以下で機種変だけで割引が受けられるので、家族との面倒な調整もいりません。

今二十歳であるなら残り6年間、500*12*6=36000円も安くなります。逆に学割の時期を逃すと、これだけの割引を受けられなくなってしまいますので、今すぐ申し込んでしまいましょう!

先ほどもお話ししたように、auオンラインショップなら、無駄な待ち時間もなく、ぼったくりのオプションや頭金もつけられずにすむのでオススメです!

 

auスマートパスプレミアム/うたパスが新規加入で一定期間割引に!

スクリーンショット 2017-01-16 12.24.45

auスマートパスプレミアム/うたぱすに新規申し込みすると、月額料相当額が2017年12月末までそのまま値引きされます。(既存の契約者はNGです)。25歳以下でU18データ定額20、またはデータ定額20/30に加入していることが条件となります。

スクリーンショット 2017-01-16 12.29.01

auスマートパスプレミアムには、こっそりソフトバンクのSUPER FRIDAYのような特典があり、金曜日はマックのポテトが無料になったり、月曜日は映画が大人でも1100円でみれたりします。

スクリーンショット 2017-01-16 12.46.16

うたパスは名前の通り、ストリーミングで音楽が聴き放題になるものです。CDをiTunesに取り込んだり、iTunesで音楽を購入したりしなくても音楽が聴けるので便利です。

去年はスマートパスとビデオパスが無料だったので、ちょこっと変えてきましたね。

auの料金プランを簡単に解説

先ほどまで、「スーパーカケホ」や「LTEプラン」などの料金プランを説明していなかったので簡単に解説します。

auの基本料は、1回5分以内の電話かけ放題の「スーパーカケホ」と無制限かけ放題の「カケホ」、旧プランの「LTEプラン」から選択できます。

「スーパーカケホ」で選択できるデータ定額は、1・3・5・20・30です。1GBなら月額4900円から持てますが、2016年の学割が適用されるためには7000円の5GB以上が必要です。

「カケホ」で選択できるデータ定額は2・3・5・20・30です。2GBなら6500円から持てます。

「LTEプラン」はデータ容量が7GB付きで、基本料934円+LTEフラット5700円+LTENET300円の6934円から持てることがメリットですが、通話料がかかります。通話をほとんどしない方にはLTEプランの方がかけ放題プランよりも人気があります。

これらの合計額から、購入した機種により「毎月割」(パケット2GB以上で契約が必要)が引かれます。例えばiPhone7の32GBの場合、毎月2850円が24ヶ月間引かれます。さらに下取りプログラムを利用すると、さらに安く購入できます。

例えば下取りにiPhone6sPlusを出すと35640円、iPhone5sでも15120円引きされます。

さらに毎月の支払いを安くする方法があります。インターネット回線をUQWiMAXやau光にすると、「スマートバリュー」が適用され最大で10回線まで、毎月のスマホ料金から最大で2000円(データ30GB)引き、最小でも934円引きとなります。

このようにauには、本人だけでなく家族も学割が適用されます。その他乗り換えで契約するならキャッシュバック付きで、さらに下取りプログラムやスマートバリューを適用させれば、非常に割安で利用できます。

これから新生活などでauひかりを引きたいのであれば、プロパイダとセットで申し込めるSo-net光(auひかり)が速度も速く、プロパイダとしても安定しているのでオススメです。

So-net光(auひかり)の公式ホームページはこちらをクリック!

2ー3月はスマホが一番お得な時期!

毎年2月~3月の時期が、スマートフォンを購入するの絶好の期間なのをご存知でしたか?

なぜなら旧型のiPhoneが、乗り換えなら一括0円で購入できて、なおかつキャッシュバックが多くなる時期だからです。

今はiPhone7g最新のiPhoneになるので、iPhone6SをMNP一括0円で販売しているところがいくつかあります。

前述したように総務省の指導があるのでなかなか一括0円で購入するのは困難な状況ですが、auショップではiPhoneをキャッシュバック付きで販売しているお店があります。

堂々と新聞広告などで値引き販売をアピールするお店はないので、お店のツイッターやブログで安く契約できるお店を見つけるのが、お得に契約できるポイントです。

auオンラインショップで今すぐ機種変して学割を受けるにはこちらをクリック!

今ドコモ・auを使っているならソフトバンクに乗り換えるのが安い!

今あなたがドコモ、またはauを使っているなら、ソフトバンクに乗り換えてしまうのもありです。

おとくケータイ.netというソフトバンクの正規代理店でお客様満足度No.1のところがあります。店舗に行かなくてもソフトバンクのiPhone、スマホに乗り換えができて、しかもキャッシュバックがもらえてしまえるというとっても嬉しいお店です。

otokuk-tai

スマホはなんだかんで家族揃って乗り換える必要がありますが、部活や受験、お仕事や一人暮らしなど、家族それぞれの事情があるのでみんながまとまってソフトバンクショップや電気屋さんに行くのも大変ですよね?

しかし、おとくケータイ.netならその心配も無用です。おとくケータイは日本全国どこでも通販で対応しているので、店舗に行かなくてもお家で全て完結することが可能です。しかも、家族複数台で乗り換えると2台目以降はキャッシュバックが5000円上乗せされるです。すごくないですか?

今一番人気のiPhone7ならキャッシュバックが通常2万〜3万円出ているようです。もし家族4人でソフトバンクで乗り換えをしたとすると

1台目:3万円

2台目:3万5千円

3台目:3万5千円

4台目:3万5千円

合計:13万5千円のキャッシュバックを受け取ることができてしまいます!

money

しかも、月々の料金は学割モンスターを適用した場合、月々6876円〜となります。

iPhone7
(32GB)
通話定額ライト基本料 1836円
S!ベーシックパック 324円
データ定額20GB 6480円
端末代金 3670円
下取り(機種による) -900円
学割モンスター -1080円
月々割 -3220円
合計 6876円

家から一歩も出ずにキャッシュバックをもらえて、スマホの契約ができてしまうなんておとくケータイ.net以外ありません。これは今すぐ申し込みましょう。

おとくケータイ.netのホームページはこちらをクリック!

おとくケータイ.net

おとくケータイ.netの申し込み方法、そしてキャッシュバックが少なくならないための対処法をご紹介

おとくケータイへ.netへ申し込む方法、そしてキャッシュバックが少なくならないための対処法をご紹介します。

まず、キャッシュバックが少なくならない対処法ですが、これは「ウェブのフォームから問い合わせをする」ことです。おとくケータイ.netは営業時間中は電話で問い合わせをすることができます。しかし、総務省が調査を装って電話をかけてくることもあるので、電話で問い合わせをすると「キャッシュバックは1万円です」と答えられてしまいます。

電話で申し込みをすると、本当は1台につき2、3万もらえるはずだったキャッシュバックを逃してしまいます。ですので必ずウェブのフォームから問い合わせをするようにしてください。

フォームからの問い合わせ方法もあわせてご紹介します。

まずはこちらをクリックしておとくケータイ.netのホームページを開きます。

画面が現れたら「お問い合わせ・ご相談」をクリックします。

2016-07-29 10.55.19

ここでメールでのお問い合わせをクリックします。

2016-07-29 13.27.19

必要事項を記入します。メールアドレスの記入は任意なので必ず必要ではありませんが、自分が電話に出られないこともあるので、メールアドレスも記入しておくのがおすすめです。料金プランについても詳しく説明してくれます。

2016-12-04-04-38-47

機種の選択で「匿名スマホ2016年秋」を選択します。大人の事情でiPhone7と書けないようです。

2016-12-21-12-48-23

このあと折り返し連絡がおとくケータイからやってきます。もし、キャッシュバックが予想よりも低かった場合は、「機種変するか、ソフバンに乗り換えるかちょっと迷ってるんですけど3万円のキャッシュバックが出るなら乗り換えするのを決めます!」といった感じに交渉するとキャッシュバック額が上がることが多いです。

おとくケータイ.netは最大限僕らにキャッシュバックが手に入るように努力してくれていますが、総務省の指導が入ってなくなってしまう可能性だってあります。キャッシュバックがあるうちに、今すぐおとくケータイに問い合わせをしてみましょう!

おとくケータイ.net

 

2016年のauの学割を復習

2016年版のauの学割は、期間が2016年1月14日~5月31日まで契約時の年齢が25歳以下の方を対象に行われました。2017年版も年明け早々に発表され、1月半ばからサービスが開始されるんじゃないかと思っています。

26歳になるまで毎月5GBももらえた!

2016年版の目玉の1つは、毎月パケット5GBを26歳の誕生日が来る月までもらえることでした。

その適用条件は、他社からの乗り換え・新規契約・機種変更で、機種購入と同時にデータ定額5・8・10・13に加入することです。

例えば中学1年生で契約した場合、26歳の誕生月まで最大で156ヶ月間、合計780GBがもらえることになります。

パケットプレゼントはデータチャージに加入して、毎月月末までにデジラアプリまたはデータチャージサイトからチャージ手続きが必要なのがちょっとだけ面倒くさいところでした。

3年間、または1年間毎月最大1000円引き!

目玉の2つ目は、データ定額基本料金から毎月最大1000円を1年または3年間割引されるということです。

その適用条件は、乗り換えの場合はデータ定額5・8・10・13と「誰でも割」に加入することです。なおLTEプランなら3年間1000円引きとなります。

機種変更の場合は、データ定額5・8・10・13で、現在の機種を18ヶ月以上利用していることです。

家族の場合、25歳以下の乗り換えで契約された方と同一の家族割に加入された方が、データ定額が5・8・10・13で、「誰でも割」に加入することです。

個人的にはauは通話よりもWEB通信を使う人が使うイメージなので、LTEプランにする人が多いイメージがあります(笑)

スマートパス・ビデオパスが一定期間無料に

目玉の3つ目はスマートパス(月372円)とビデオパス(月562円)の月額情報料相当額を、2016年7月分まで割引されるということでした。

なおうたパス(月300円)は3月31日までに契約した場合、5月分まで無料になりました。その適用条件は先ほどの1000円割引が対象の方です。なおいずれの目玉特典も、過去の学割を適用した履歴がないことが条件となります。

ドラマや映画が見放題になるので、追加パケットを5GBもらって通学の電車やバスの中で動画を見て楽しめるということが嬉しいauの学割でした。

auオンラインショップで今すぐ機種変して学割を受けるにはこちらをクリック!

2017年のauの学割を予想!(大いに外れました(笑))

これらのことを踏まえて2017年版のau学割を予想します。今年に入り総務省がスマートフォンの値引き合戦を控えるよう指導したために、割引額よりもパケット増量サービスがメインとなる傾向は続くと予想されます。

ですから2017年版も基本料金から1000円引きは継続し、パケット増量化がメインとなると予想できます。ドコモやソフトバンクは200GB(6GB×36ヶ月)プレゼントとなっており、プレゼントされる期間は短いもののauよりも毎月1GB多いのがメリットでした。

ですから今年より1GB以上増えて6GB~を25歳までプレゼントすると予想します。

auオンラインショップで今すぐ機種変して学割を受けるにはこちらをクリック!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です