ヨドバシカメラのSIMフリースマホ福袋「格安スマホの夢」の中身は2018年も期待できず?その理由は

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-02-34-08

毎年恒例行列ができるヨドバシカメラの福袋。その中でも2018年、今までよりも需要・注目度が上がりそうなのがSIMフリースマホの福袋「格安スマホの夢」です。

ドコモ・ソフトバンクまたはその系列の格安SIMであれば、自由に自分が使いたいSIMと端末を選べること。端末の本体価格がキャリア端末より安いものが多く、なおかつキャリアの余計なアプリが入っていなことから近年人気を博しています。

しかし、そんなヨドバシカメラのSIMフリー福袋「格安スマホの夢」の中身は2018年もそんなに期待できるものではないでしょう。

2017年の中身を紹介しながら今日はその理由についてお話ししていきたいと思います。

スポンサードリンク

2017年のSIMフリースマホ福袋「格安スマホの夢」中身はほとんどがフリーテル

2017年のSIMフリー福袋「格安スマホの夢」は2プライス制でした。

 

格安スマホの夢(五千円):¥5,000円(税込)

格安スマホの夢(壱萬円):¥10,000円(税込)

 

5000円の方はASUSのZenfone2あたりかなーと思いきや、やはりもっと安い端末が入っていたのでご紹介します。また、一万円の福袋についてもフリーテル端末が多かったようです。

格安スマホの夢(五千円)の中身はfreetelの雅

5000円の福袋の中身はfreetelの雅でした。いろんな方のツイートを見ても雅しか出てこなかったので、おそらくこれしか入っていなかったのでしょう。

MIYABI「雅」は本体価格が19,800。スペックもメモリ2GB、ストレージが32GBと価格以上のスペックがあります。一見これが福袋に入っていたらお得に見えます。

しかし、実態はスペックに見えないカメラやLED、通話品質や応答性などの部分が粗く、超機械音痴のお母さんがどうしてもスマホ欲しいって言ってる場合以外は正直おすすめできません。

夢を見て5000円の福袋を買うくらいなら、素直に楽天モバイルの年末年始セールの激安端末を買った方が幸せになれます。

イオンモバイルの福袋、楽天モバイル等格安SIMの初売り年末年始セールまとめ(2017)

2016.12.30

格安スマホの夢(五千円)の中身はfreetelの麗(REI)がほとんど。P9 liteが大当たり

続いて1万円のSIMフリースマホ福袋の中身はほとんどの方がfreetelのREI。ごく一部の大当たりの方だけHUAWEIのP9 liteだったようです。

P9 liteは2015年に発売された格安スマホの中でも、売れに売れまくったP8 liteの後継です。サクサク動くし、写真も綺麗だし、不具合もほとんどないので言うことなしです。

それに対してやはりfreetelの端末は、どうしても作り込みが甘く、なおかつソフトウェアが不安定です。個人的な感想ですが、後からアップデートで直せばいいやというスタンスなので、発売されて1年ほど経つとだんだんまともになってきます。

今年の運勢を占う意味で購入してみるのもアリですが、福袋でお得に良いものを!と考えているなら年末年始セールで確実に買った方がおすすめです。

スポンサードリンク

ヨドバシカメラの店舗で交渉した方が圧倒的にお得になることも

ヨドバシカメラではライカレンズを搭載したP9という定価53,220円する端末が、ワイモバイルのSIMとセットで14,800円で販売されていました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-02-17-41

このP9、ライカのダブルレンズを積んでいるだけあって、かなり独特な写真が撮れます。P9を持っているだけで「俺はあのライカを持っている」という錯覚に陥るほどです。

それでぷらーっとヨドバシカメラに言って、交渉した結果・・・・・ワイモバイルのSIMを3枚契約するのを条件に、P9を3台一括0円で提供してくれるというとんでも条件を出してもらいました。

在庫がないので後日郵送になるということでしたが、Anker PowerPort2の高速充電対応充電器、5100mAhのHameeのSlim Slateというモバイルバッテリーまでつけてもらえました!

2017-01-05-02-37-58

53220円*3台(P9)+2120円(充電器)+2480円(モバイルバッテリー)=164,260円分が0円になってしまうというすっごい条件でした。ワイモバイルさんありがとうございます。ていうか、書いていいのかなこれ・・・・・

3台もSIMを契約してしまったので、僕はもう来年はワイモバイルを買うことはできません。しかし、2018年には今よりもっとSIMフリー市場が盛り上がることが予想されますので、この記事を見ているあなたは福袋だけに目をとらわれず、交渉するというのをやってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-02-34-08
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です