「今iPad Proを買おうかどうか迷ってるんだけど、もし今年iPad Pro2が早いうちに出るなら買っちゃいたいんだよね〜。いつ出てスペックはどうなるんだろう?」

けーしん

今日はこんな僕と同じ悩みをお持ちのあなたのために、iPad Pro2に関する最新情報をお届けします。

実は僕、ドコモのiPad Pro9.7インチをドコモオンラインショップで注文しようと思ったのですが、諸事情でキャンセルしました。そこで、いっその事iPad Pro2が出るのをを待とうかなと思っています。

iPad Pro2は今度はiPad mini4の後継機も出るなんていう噂もあります。そうなったら持ち運びもしやすいし、デジタルノート使うにも本当に最強じゃないですか?

iPad Proですらタブレットの頂点に君臨しているのに、iPadPro2になったらどれだけすごいスペックになるんだっていうね(笑)

今日はそんなiPad Pro2のスペックや発売日などについて、噂や最新情報に基づき独自の視点を交えて御紹介します。

スポンサードリンク

iPadPro2のスペック(発表あるまで予想版)を初代iPad Proと比較

iPad Pro2 iPad Pro
画面サイズ 12.9インチ 10.5インチ 7.9インチ 12.9インチ 9.7インチ
本体サイズ
(mm)
305.7
x220.6
x6.9
240
x169.5
x6.1
203.2
x134.8
x6.1
305.7
x220.6
x6.9mm
240
x169.5
x6.1mm
重量
(wifi/
セルラー)
従来より軽量
(iPadmini4は
298.8g/304g)
713g/723g 437g/444g
CPU A10X A9X
メモリ 4GB 4GB 2GB
メインカメラ 1200万画素
f1.8
Live Photos対応
800万画素
f2.4
1200万画素
f2.2
Live Photos対応
動画撮影 4K対応 4K対応 フルハイビジョン
インカメラ f2.2 500万画素 120万画素 500万画素
スピーカー 4スピーカー 4スピーカー
充電端子 USB Type-C lightning
Apple Pencil 対応 対応

とりあえずスペックの比較表を作ってみました。スマホからだと見切れてしまうので、その時は画面を横にして見てください^^;

詳しいことは後で解説しますが、9.7インチ→10.5インチの画面のサイズアップ。7.9インチ版がApple Pencilに対応しProのラインナップに追加。

というのがiPad Pro2の目玉でしょうね。あとは順当にスペックアップする感じでしょう。MacOSとの切り替えができたら神ですがそれはないと思います(笑)

それでは詳しく解説していきましょう!

 

現行の液晶サイズは9.7インチから10.5インチにアップ!サイズは変化なし。7.9インチ、10.5インチ、12.9インチの3種類

現在iPadProは2サイズ展開です。9.7インチと12.9インチの2種類。僕は9.7インチのwi-fi版を持っていて、主にデジタルノートとして利用しています。(僕の彼女がよく勝手にiPad Proを奪っていき、デレステをやっています)

そのサイズ展開ですが、ついに2017年7.9インチ版がiPad Pro2として降臨し、3種類となる予定です。

9.7インチのサイズは、孤高のデザイナーとして活動するためのApple Pencilが必要ならPro。大きな画面で動画やネットなどのエンターテイメントを快適に楽しむだけで良いならiPaad Proより安いiPad Air2と住み分けができていました。

しかし、本体だけで437g、カバーもつけると600gを超えてしまうiPad Pro 9.7インチを手に持って使うのはちょっと辛い。ペンを使いたいけど、コンパクトなiPadmini4のサイズが良いと思っているユーザーも多かったでしょう。Appleはついに7.9インチのPro版を出すことにより、その思いに応えてくれそうです。

また、9.7インチ版は本体サイズがそのままに画面が10.5インチになる予定です。これはいいですよね!特にサイズの変更がなく、画面が大きくなるなんて最高です。

iPad Proはデザイナーや絵を描くのが好きな人が、ピクチャーに使うことが多いと思います。しかし、僕は完全にビジネス用のデジタルノートとして利用しています。

そして、9.7インチ版のiPadで書いたことを紙に打ち出してプリントすると、思った以上に文字が大きかったり、文字が太かったりということがあります。特にブログの今後の戦略について考えを記したノートを打ち出した時は、「もうちょっと画面が大きければ字が綺麗に書けるのにとか、印刷して打ち出したらこの大きさならもっと細かく文字を書いて中身を詰められたじゃん!」なんていうことが多々があります。やはり、画面はなるべく大きい方が使いやすいので10.5インチ版に期待です

本当は画面が大きい方が電子書籍や動画も見やすいので12.9インチを買おうか迷ったこともありましたが、700gオーバーの高級ガラス板をベッドの上で使うには向いていませんよね?遊びにもビジネスにも使える最強のバランスが取れたiPad Pro10.5インチを今か今かと心待ちにしています。

 

Apple pencil2は磁石内臓でiPadにくっつくように?

僕はiPadProを使っていて、ペンがどこに行ったかわからなくて困ることがあります。

これはおそらく僕がズボラだからです。ちゃんとApple Pencil置き場を作ればいいんでしょうけど、そんなの面倒くさいじゃないですか(笑)

現行の初代Apple PencilはペンのキャップだけiPadにくっつくようになっています。しかし、ペン本体はくっつかないので非常に不便です。

それも次のApple Pencilに磁石を内蔵することにより、iPad本体にくっつけて解消されるということなので、非常にワクワクしながら楽しみにしています。

また、Apple Pencilは個人的にペン先がもっと細く使いやすくなってほしいなと思っています。

Apple Pencil2はiPad Proで使いやすように、もっとペン先が細くなってほしい

2016.12.22

マグネット付きで、ペン先が細くなって、ついでにiPhone8Plusでも使えるようになったら最強なんですけどね〜(笑)

 

2017年のiPad Pro2はA10Xチップ搭載?最強のモンスタースペックが降臨する?

A10 Fusionを搭載したiPhone7はほとんどのMacbook Airのスペックを凌駕しています。ベンチマークの結果では2013年に発売したMacbook Proとほぼ同等、Macbook Airに搭載されているCPUのほぼほぼ超えてしまっています。

けーしん
そんなiPhone7に搭載されているA10 Fusionを超えるA10XのCPUを搭載したiPad Proなんて出たらどうなっちゃうんでしょう?A10XのiPad Proに専用のキーボードなんて出たら、もうパソコンなんて相手にならなくなってしまいそうですよね?

僕はブログを書くのにMacbookを使っています。iPadは使っていません。ライブ変換とトラックパッド(マウス)がないからです。ライブ変換ぐらいならiOSで搭載も難しくないと思います。なので次はトラックパッド付きのスマートキーボードを出してくれば嬉しんですがね〜

そのトラックパッドで画像サイズの変更ややトリミングできるのであればもうMacbookも不要になっちゃいます。ブログ書いてメモするだけなので。

難しいとは思うんですが、そういうサプライズやってほしいですね〜。それかMacbookが360°回転してタッチパネルとしても使えるようになればいいのに・・・・・

スポンサードリンク

iPad Pro2はカメラがグレードアップ?

今までiPadといえばカメラはあまり強化されていませんでした。ipadよりもiPhoneの方が残酷なほど高性能・高画質です。その事実を知らずに最新のiPhone7を持っているのに、なぜかiPad Proで写真を撮っている人たちがいます。

今回のipadPro2が新しく出た際にはカメラもiPhone並みの高性能になりそうです。特にiPadmini4(7.9インチ版)に関しては、ガラケーとiPadの2台持ちユーザーから劇的に支持されています。その小型iPadの画質が良くなってくれれば、もっとさらにガラケーとの2台持ちユーザーが魅力に思い買ってくれそうなので楽しみなところです。

 

iPad Pro2ではlightning廃止でUSB Type-Cに?

Macbookに搭載し、当時注目を集めたUSB Type-C。さいしんのMacbook ProにもやはりType-Cポートを搭載しています。また、最近ではAndroidのスマートフォンが続々と対応してきています。

僕はMacbookを持っているのでポートはUSB type-C1つです。iPadはUSBケーブルでMacとつなぐことで、ほぼ遅延なくスムーズにセカンドモニタとして使うことができます。

どうせならUSB Type-Cのほうがlightningよりも、ケーブルとして便利で汎用性もあります。ていうか、lightningとType-CとmicroUSBの3種類のケーブルを持ち歩くのは面倒臭いので、所有物を全部Type-Cにまとめたいなと思っています。なのでAppleさん、お願いですからType-Cに変えてください!

 

iPad Pro2の発売日はいつ?

 

初代iPad Pro9.7インチ版は2016年3月22日に発表され、3月31日に発売となりました。予約開始に速攻で間に合えば4月からの新生活にギリギリ間に合うというレベル(笑)

今回のiPad Pro2も同じぐらいでしょう。2017年の3月3週に発表して、月末に発売という感じでしょうか。

僕は1月でも2月でもいいのでとにかく早く出してもらいたいです(笑)

僕のビジネスツールであるiPad Proはなぜか彼女のデレステ専用機となりつつあります。まあ、確かにCPUもGPUも音質もタブレットとしてはずば抜けているので、確かにデレステ最強なのは確かですが困ったものです。

けーしん
僕はiPad Pro2の発表を心待ちにしています。iPad Pro2の最新情報をもちろんこのブログでもお届けしていきます。また、LINEではブログの裏話や更新情報も発信しています。もちろん無料なので今すぐけーしんとLINEで友達になってください!お願いします!(笑)
友だち追加

最初はドコモ版のiPad Pro9.7インチを買い足そうと思っていたのですが、ずっと在庫切れでした。「入荷はいつ?入荷が早い色はどれ?」とドコモオンラインショップに問い合わせをしても「どれも品薄で、どれが一番早いというご案内はできません。とりあえず予約をしていただけると嬉しいです」という案内だけでした(笑)

だったらいっそのこと3月にiPad pro2が発表されるなら待とうと思います。早く出てくれ!iPad Pro2!!

スポンサードリンク

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカードGOLDを作るのが鉄の掟です

dcardgold これからドコモ光を申し込むなら、dカードGOLDも一緒に申し込みましょう!dカードGOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカードGOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光び利用料の10%のポイントが溜まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
月額利用料 15,000円
年間利用額 180,000円
ポイント 1800円 18000円
年会費 無料 10800円
実質お得額 1800円 7200円
溜まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカードGOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償、ラウンジ無料、年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカードGOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。

dカードGOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18000円の節約に!

dカードGOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカードGOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLDケータイ補償を利用しています。

国内線のラウンジが無料!家族4人で往復8000円分を無料にできる

dカードGOLDは国内線のラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人と同伴者が1名無料です。dカードGOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1000円)その家族カードも本人と同伴者がラウンジを無料で使えます。

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になります。

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機が飛んでるの暇つぶしを確保することもできます。

パワーアップして帰ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカードGOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスのなどから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21600円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

あなたもこの機会にdカードGOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカードGOLDのメリット神!リクルートカードプラスを圧倒!

2015.12.06

ドコモユーザーなら、家のインターネットは当然ドコモ光にしてますよね?

あなたがドコモ回線を使っているなら、自宅のインターネットの固定回線も当然ドコモ光に変えて、全部ドコモでまとめていますよね?

また、自宅に固定回線(インターネット回線)を引いていなくて、ドコモのスマホだけで通信をしているのであれば、自宅にドコモ光を引いてみるのはどうでしょう?

毎月のスマホ代が割り引かれるので、トータルで考えると月額料金はそこまで高くありません。そして、家にいる間の通信はWiFiに切り替えれば、通信量を無駄に使わずに動画を見放題なんてこともできます。

僕はドコモ光を契約して、Wi-Fiで乃木坂の動画をずっと見ていることもあります。Amazonプライムビデオでドラマを一気見するのも、通信量を全く気にせず快適に楽しめます。

もしあなたが固定回線を引いていない状態、またはフレッツ光を使っている状態であれば、GMOとくとくBBドコモ光にするだけでこんなメリットがありますよ。

  1. 月々で最大5700円の割引がある
  2. 通信速度が早い!(遅いドコモ光と早いドコモ光があります)
  3. 高性能な無線LANルーターを無料でレンタルできる!
それではこれらのことについて、さらに詳しくお話ししますね!

月々最大5700円割引

ドコモ光自体の料金はマンションの場合でプロバイダー込み月4,000円、戸建で月5200円ですが、そこからさらにドコモの携帯料金が月々最大5,700円割引になります。

だいたいどこのご家庭でも、フレッツ光からドコモ光に変えるだけで月額料金が1000〜2000円は安くなることが多いです。そうなると欲しかったあの最新のスマホも毎月の負担が増えることなく買えますよね?

さらにdカードGOLDを持っていれば、ドコモ光の利用料金の10%のポイントももらえてしまうんです。

ドコモの利用料金の割引額はプランによって違うので、まずは割引シミュレーターを使ってどれくらい安くなるかを確認してみましょう。

実は通信速度が速い

ドコモ光を検索すると、速度が遅いという不満が書かれていることがあります。 これはドコモ光の通信速度がプロバイダーに依存しているからです。

ドコモ光を申し込むなら、快適な通信速度を重視してそれを売りにしているプロバイダーを選ぶのがおすすめです。



【GMOとくとくBB】というプロバイダーはv6プラスという新しい通信方式を採用しているので速度が早いです。

しかも毎月全国都道府県にいるモニターに速度チェックさせてホームページで実測値を公開しているという力の入れようで、速度に関してはここが一番安心でしょう。

実測値で下り200~300Mbpsもの速度が計測されています。 上記の速度は2016年12月〜2017年6月の12ヶ月の全国平均です。最新の速度についてはGMOとくとくBBドコモ光の公式サイトで確認しましょう!

GMOとくとくBB/ドコモ光接続サービス【転用】

高性能ルーターを毎月無料でレンタル

もしあなたがGMOとくとくBBドコモ光を契約して、スマホの月額料金が安くなり、速度も快適なったとしましょう。それでも、無線LANルーター(Wi-Fiルーター)がないとあなたのネットライフが快適にならないですよね?

パソコンならまだ優先でつなぐ方もいると思いますが、スマホは無線LAN(Wi-Fi)じゃないと固定回線につなぐことができません。そしてパソコンでも、僕が使っているMacbookは優先のネットをつなぐケーブルがありません。

また、もし無線LANルーターを持っていたとしても、高性能の無線LANルーターを持っていないと、せっかくのドコモ光の快適な速度を生かすことができません。

低速のルーターだとビュンビュン早い快適な速度を殺してしまうだけなので、1Gbps対応クラスが欲しいところです。1Gbps=1000Mbps対応クラスのルーターは普通に買うと1万円ほどします。これを買うとなるとちょっと痛い出費ですよね?

GMOとくとくBBドコモ光であれば、1Gbps対応で購入すると1万円ほどするルーターを無料でレンタルしてくれます。1万円は浮くし、スマホで好きな動画も見放題で楽しいネットライフがあなたを待っています。

GMOとくとくBBはWEBから申し込めばWEB限定のキャンペーンもやっていますし、 ショップで機種変更するときのように無駄な待ち時間もありません。

お店で契約すると待ち時間は2−3時間取られますし、ドコモショップにきてくれたついでだからということで、アマゾンなら5000円で買えるSDカードを10000円でおすすめされることもあります。

必ず待ち時間もなく、ついでに不要なものをオススメされたりしない、ネットから申し込むようにしましょう!

GMOとくとくBB/ドコモ光接続サービス【転用】

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です