モバイルSuicaにおすすめなクレジットカードは?年会費無料のクレカも

モバイルSuicaにおすすめなクレジットカードは?年会費無料のクレカも

最近ようやくiPhone7が発売されて、iPhoneでもモバイルSuicaが使えるようになりましたね。

「iPhoneでモバイルSuicaを使いたい…でもどの会社のクレジットカードが良いのかイマイチよくわからない…」と悩んでいませんか?

持っているスマホがXperiaやGalaxyのようなAndroid端末でも、モバイルSuicaを使う時に沢山の種類があるクレジットカードから選ぶのは大変ですよね。モバイルSuicaはどんなクレジットカードでも良いという訳ではなく、iPhoneなら、Viewカード以外はオートチャージが対応していません。Androidなら、Viewカード以外ではモバイルSuicaの登録には年会費がかかります。

ですので、モバイルSuicaをつかうならViewカードをつくったほうがいいんですよ。

Viewカードの種類は10種類以上ありますが、その中から良いカードを探すのはちょっと面倒くさいですよね。そんなあなたの為に、今日はおススメのクレジットカードをご紹介します。

VIewカードおすすめランキングベスト3!

1位:ビックカメラスイカカード

一番おススメなのは、ビックカメラSuicaカードです。

ビックカメラSuicaカードは初年度の年会費が無料で作ることが出来ます。

ビックカメラスイカカード-1

初年度だけ年会費が無料ですが、2年目以降でも前年度にクレジットカードを使用していれば2年目でも年会費はかかりません。

年に1回でもモバイルSuicaをビックカメラSuicaカードでオートチャージすれば、年会費がかからないので、毎年年会費無料で使い続けることができます。

年会費がかからないだけでなく、Suicaのチャージでは1.5%もポイントを還元してくれます。楽天カードのポイント還元率が1%なので、それに比べても圧倒的にお得です。

学生の方でも、社会人の方でも通学や通勤にSuicaは頻繁に使いますよね?頻繁に使う分、チャージする頻度も高いと思いますが、チャージすれば毎回1.5%還元されるので普通のクレジットカードよりもポイントが貯まります。

またSuicaではない普通のお買い物も、実質還元率1%(ビューポイント0.5%+ビックポイント0.5%)と普段使いにもお得なカードです。

更に、ビックカメラでお買い物をするときもかなりお得にポイントを貰う事が出来ます。

例えば、ビックカメラで買い物をするときに現金で支払ったら10%の還元率ですが、10万円のパソコンを買ったら、1万円分のポイントが付きます。

これを、一度ビックカメラSuicaカードのクレジットカードから、Suicaに10万円チャージしてパソコンをそのチャージしたSuicaで支払えば、現金同様10%ポイントに更にプラスでSuicaにチャージするときに1500円分のポイントが貯まってお得です。

ビックカメラスイカカード-2

ビックカメラでお買い物をする時に、現金以外のSuicaやクレジットカードで支払いをすると貰えるポイントが下がってしまうので、ビックカメラSuicaカードでチャージしたSuicaで支払いを行うと、還元されるポイントが合算されて更にお得にポイントを貯める事が出来ます!

2位:イオンSuicaカード

イオンSuicaカード-1

イオンSuicaカードは年会費永年無料のクレジットカードです。

全国のイオングループ対象店舗でイオンSuicaカードを使って支払いを行うと、ポイントが2倍になったり「お客様感謝デー」の20日と30日にはお買い物の代金が5%オフになるので、家計にも優しいクレジットカードです。

イオンSuicaカード-2

僕も普段からイオンで食材や日用品を買うので、このイオンSuicaカードを持っています。

しかし、このイオンSuicaカードでSuicaのオートチャージをしても還元率は0.25%とかなり低いので、スイカにチャージするならビックカメラSuicaカードの方が絶対におすすめです!

ただし、家の近くにイオンがあったり普段からイオンや全国のイオングループの対象店舗でお買い物をする方は割引が受けられるのでお得です。

ただし、それだったらWAON一体型のイオンカードを普段から持ち歩き、チャージはビックカメラSuicaで行った方が良いのかなとも思います。

3位:ビュー・スイカーカード

一番スタンダードなカードです。他のカードとは違い、年会費が477円(税抜)かかります。

ビックカメラSuicaカードと同じで、還元率は1.5%ですが、Suicaのチャージや乗車券の購入はJR東日本以外ではポイントの還元率は通常の0.5%になります。

Suicaのオートチャージの還元率は常に1.5%なので、ビュースイカカード申し込み時にオートチャージ設定をしておくことをお勧めします。

還元率は悪くないですが、年会費無料のビックカメラSuicaカードが年会費無料で作れてポイントも貯まりやすいですね。

 

 

番外編:ビューゴールドプラスカード・・ラウンジなどメリットたくさん

ビューカードには他にビューゴールドプラスカードがあります。

年会費は10000円(税抜)ですが、家族会員が1枚目が年会費無料で2枚目でも年会費が3000円とかなりお得に家族のカードも一緒に作ることが出来ます。

このカードを持っていると、東京駅から出る新幹線の待ち時間を専用のラウンジで快適に過ごす事が出来ます。

ビューゴールドプラスカード・・ラウンジなどメリットたくさん

ラウンジでは、無料でお菓子やコーヒーやソフトドリンクが飲めて、更に雑誌なども置かれているので退屈な待ち時間もあっという間に過ぎます。

注意事項としては、東京駅発の新幹線のグリーン車または特急列車のグリーン車を利用する方、またはラウンジご利用券の利用が対象になります。

同伴者が居る場合は、利用料が別途3000円(税抜)か、ラウンジご利用券が必要になるので予め確認しておきましょう。ちなみに、ラウンジご利用券は、ビューゴールドプラスカードの新規入会特典として選択することができます。

他にも空港の専用ラウンジも使用することができて、国内の主要空港の他にもハワイやホノルル国際空港のラウンジも使うことが出来るので、旅行先でも出発時間まで快適に過ごす事が出来ます。

保険の面も充実していて、国内と海外の旅行先でのトラブルも補償してくれます。

保険の内容は、国内であればSuicaなどで通過した改札を入ってから出るまでを補償してくれる国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険の2種類があります。

海外の旅行先でも国内でも最高5000万円の保険金額が適応されるので、安心して旅行を楽しむ事ができます。

また、ショッピングプロテクションという保険もあります。

ビューゴールドプラスカードを利用して購入した商品であれば、購入から90日以内であれば、事故によって破損していまった場合や盗まれてしまった時でも年間で最大300万円まで補償してくれます。

何が起きるかわからない旅行先で、折角買ったお土産が事故で壊れてしまってもこのビューゴールドプラスカードが1枚あれば心配いりませんね。

通常のビュースイカカードではこのショッピングプロテクションの保険は適応されていないので、国内でも旅行に行く機会が多いならビューゴールドプラスカードを持っていた方が安心です。

ビューゴールドプラスカードのお申し込みはこちらをクリック!

結局一番お得なのはビックカメラSuicaカード

ここまで色々カードの説明をしてきましたが、一番持ち安いのはやっぱりビックカメラSuicaカードです。

初年度の年会費もかかりませんし、Suicaを年に1回でもオートチャージすれば年会費は2年目以降もかかりません。1度でも使えば年会費無料で使い続けられるのはありがたいですよね。

今なら、公式HPで新規入会者限定で最大4000円相当のポイントが貰えるキャンペーンも開催されています!

結局一番お得なのはビックカメラSuicaカード

キャンペーンの内容は、新規の入会で2000円相当のJREポイントが貰えて、さらにブランドをJCBにすれば2000円分のビックカメラポイントがもらえます。

キャンペーン期間は2018年9月30日までなのでポイントがもらえるうちに申し込みましょう!

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカード GOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカード GOLDも一緒に申し込みましょう!dカード GOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカード GOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

カード特典【ahamo】dカードボーナスパケット特典dカード:プラス1GB/dカード GOLD:プラス5GB
【ahamo】dカード GOLDご利用額10%還元特典(上限300ポイント)毎月のdカード GOLDのご利用金額100円(税込)につき10%
※毎月の進呈上限は300ポイント(カード利用金額3,000円(税込))


10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光利用料の10%のポイントが貯まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカードdカード GOLD
ポイント還元率1%10%
月額利用料15,000円
年間利用額180,000円
ポイント1,800円18,000円
年会費無料11,000円
実質お得額1,800円7,000円
貯まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカード GOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償ラウンジ無料年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカード GOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。 dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

dカード GOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18,000円の節約に!

dカード GOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカード GOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18,000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLD ケータイ補償を利用しています dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

国内・ハワイの主要空港ラウンジが無料!家族4人で往復8,000円分を無料にできる

dカード GOLDは国内・ハワイの主要空港ラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカード GOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1,000円)その家族カードでもラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機の離着陸を暇つぶしに眺めることもできます。

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

パワーアップして返ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカード GOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21,600円分の特典を、年間100万円以上利用していると10,800円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

光熱費やスーパーでの食材など、なるべく全ての支払いをdカード GOLDにまとめることで、月9万円=年間100万円は簡単に突破できますよね?つまり、年会費の10,800円分の特典を受け取るのは余裕で達成できます!ということは、ドコモ・ドコモ光のポイント10倍分を丸儲けできるんです!

あなたもこの機会にdカード GOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

最新スマホの購入

「iPhone12」「iPhone SE(第2世代)」「Galaxy S20」「Xperia 1Ⅱ」など最新スマホ販売中!ストアへはこちらから行けます。

執筆者

執筆者

西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦10念。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。
このブログでは最新のスマホ・ガジェット情報をどこよりも面白くお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です