iPhone8・iPhoneXをドコモで買うなら保証のおすすめは?【ケータイ補償サービス for iPhone & iPad/AppleCare+/dカードGOLDケータイ補償】

iphone7

こんにちは!気づいたらApple信者、新型iPhoneは毎回買ってるけーしんです。

今回は、2017年の新型iPhone「iPhone8・iPhone8 Plus・iPhoneX」の補償(しかもドコモ版限定)のお話をしようと思います。

新しいiPhoneを買う時、保証をつけるか、つかないか迷いますよね?保証や保険に加入すると決めても、何種類かあるのでもっと迷うと思います。

ガラスフィルムを貼っていても、アスファルトの上に落としたら割れちゃいました

僕の彼女は無保険・無保証のiPhone7を駐車場でアスファルトに落としてしまい画面が割れてしまいました。

保証をつけるとどうしてもお金がかかるので、つけるのをためらっていました。でも、今は「素直に保証つけておけばよかったな」と後悔しています。

まあ、まだiPhone7の画面割れなら14800円で済むのでよかったですが、もしこれで、補償がない買ったばかりのiPhoneをうっかり洗濯機で水没させてしまったり、電車の座席に置き忘れてしまった時に絶望の淵に落ちることになります。

「ああ・・・・・買ったばっかりなのに・・・・・まだ品薄で入手困難なのに・・・・・月々の分割がまだ10万円残ってるのに・・・・・・」

やはりこんな絶望的な状態に陥らないためにも、何らかの保証は必要ですよね?

あなたがドコモをお使いなら、iPhoneの保証はこの3つから選ぶことができます。

  • ケータイ補償サービス for iPhone & iPad
  • AppleCare+
  • dカードGOLDケータイ補償

と言っても、自分はどれを申し込んだらいいのかわからないですよね。

今日はこれらの3つの違いについて、あなたのために詳しくお話ししていきたいと思います。

【一目瞭然】AppleCare+、ケータイ補償サービスfor iPhone、dカードGOLDの比較一覧表

これら3つの保障サービスについて、料金や保障内容について一覧表にしました。

Apple docomo dカードGOLD
サービス名 AppleCare+
for iPhone
ケータイ保証サービス
for iPhone & iPad
dカードケータイ補償
対象機種 iPhone7/7PlusiPhone6s/6sPlus
料金 Apple Store:14800円
ドコモ払い:617円/月
750円/月 10000円
(カード年会費)
2年間総額 Apple Store:14800円
ドコモ払い:14808円
18000円 20000円
(カード年会費)
加入可能な
タイミング
Apple Storeの場合:
購入から30日以内
ドコモ払いの場合:
購入と同時のみ
購入日を含め14日以内
(ドコモでの
自己購入限定)
任意
自己負担額 3400円or11800円 11000円 0円
(一時的にdカードGOLDで
建て替え支払い必須)
補償限度額 なし なし 100,000円
利用回数 2年間に2回まで 1年間に2回まで 1年間に1回まで
保証期間 購入後2年 期限なし
(加入中ずっと)
購入後3年
水濡れ・水没 △(修理不能状態のみ)
全損
破損・故障
(修理可能状態)
×
紛失・盗難 ×
バッテリー交換 × ×
自然故障 △(修理不能状態のみ)
電話サポート Apple専任
スペシャリストの
電話サポート
ドコモのオペレーター dカードGOLDデスク
修理等の対応 Appleストア等 自宅へ郵送 Appleストアで確認後
ドコモショップ

AppleCare+よりドコモのケータイ保障サービス for iPhoneの方が2年間のトータル料金はちょっと上がります。しかし、故障時に自宅へリフレッシュ品の端末をすぐに送ってくれるのは嬉しいところ。

仕事が忙しくてAppleストア等の修理受付をしてるお店に行かなくても、勝手に自宅へ届けてくれるのは嬉しいですよね?

さらにこれら3つの保障サービスについて詳しく説明していきます。

 

AppleCare+の特徴

  • 2年間のトータルで考えると安い
  • バッテリーの劣化交換にも対応
  • Appleの専任のスペシャリストの電話サポートなので高品質
  • 紛失・盗難は対象外なのは注意
  • Appleストアへ出向く必要がある

AppleCare+は月額課金制ではなく、あくまでも「AppleCare+」という商品を買うカタチになります。ドコモ払いの場合分割も可能ですが、万が一1年で機種変更したとしても、その後1年間はAppleCare+の分割代を支払う必要があることは頭に入れておいてください。

また、バッテリー交換は対象となっていますが、あくまでも電池の蓄電容量が本来の80%未難に劣化し、AppleCare+に加入している時のみ無償交換です。それ以外の場合それ以外の場合8,800円の修理代がかかります。

もちろん画面割れや水没に備えてAppleCare+に加入し、バッテリーが劣化したら交換してもらえばいいや〜ぐらいの感覚ならいいですが、1年に1度バッテリーを変えて長くもたせたい!というだけなら、保障に入らず普通にお金を払って修理した方が安い場合があることだけは覚えておきましょう。

 

ケータイ保証サービスfor iPhone & iPad

  • 電話一本で新古品が家に届く
  • 補償期限がない
  • 紛失・盗難にも対応
  • バッテリー交換は対象外だけど・・・・・

ドコモ側の保証である「ケータイ保証サービス for iPhone& iPad」。AppleCare+と違って専門のApple正規プロパイダへ店へ行く必要がなく、電話一本で交換の端末を届けてくれるのが魅力です。

また、補償の期間に限度はなく、加入し続けて入れば永遠に利用できるのも嬉しいところです。

さらにAppleCare+では保証してくれない紛失・盗難にも対応しているので、うっかり電車やバスに置き忘れて端末が帰ってこない場合、ちょっと目を離した隙に盗まれてしまった場合でも安心です。

買ったばかりのiPhoneを失くした時のショックは大きいですよね。僕も高校生の時に親に買ってもらったばかりの携帯を2ヶ月で失くした時ですらすごく落ち込みました。その時の保険として入っておくのはいいでしょう。

この保証サービスはバッテリー交換は対象外です。しかし、ネットの口コミを調べて見たところ、バッテリーが20%の状態で電源が落ちるようになったというのを自然故障という扱いで交換してもらった方がいました。

これはApple正規プロパイダで電池のみの交換なら、AppleCare+に加入していなければ8800円で行ってくれます。わざわざケータイ保証サービスfor iPhoneの利用回数を1回消費し、自己負担費用を払う蔵なら素直に正規店で交換してもらった方がよかったのでは・・・・・・?なんて思いました。

しかし、よくよく考えると、Appleの修理受付をしてくれる正規プロパイダ店が遠かったり、仕事でいけない場合には重宝しそうです。

 

 

dカードGOLDケータイ補償

  • 年会費1万円のゴールドカードに付帯する補償
  • 全損・盗難・紛失など修理不能な状態のみ対応
  • AppleCare+との組み合わせが最強
  • ラウンジ利用、家族カード無料とカードを契約する魅力がたくさん
  • ポイントが10%たまるので持ってて損はない

年会費1万円のdカードGOLDに加入すると付帯する補償です。dカードGOLDに紐づけている回線の端末(1回線のみ)が全損・盗難など【修理不能】になった場合のみ、同一機種・同一カラーの購入を最大10万円まで補償してくれます。

家族カードは1枚目なら年会費無料、2枚目以降は年会費1000円で持つことができ、家族カードと紐づけた回線も補償の対象となります。

さらにdカードGOLDはドコモのスマホの通信料金やドコモ光の利用料金の10%のポイントがたまるため、家族でドコモを使っているなら年会費1万円を払っても余裕で元が取れます。年会費無料で作れるdカード(還元率1%)と比較してみましょう!

dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
月額利用料 15,000円
年間利用額 180,000円
ポイント 1800円 18000円
年会費 無料 10800円
実質お得額 1800円 7200円

これだけでもdカードGOLDは持っていないと損するドコモユーザー必須のカードであることが明らかですが、dカードGOLDは空港のラウンジを2名まで無料で使えます。

年間200万円以上dカードGOLDを利用していれば年間ご利用額特典として、2万円分の選べるクーポン(機種変割引、dファッション等7種類から選べる)が届きます。

その上で端末は購入から3年間は10万円の補償が付くというメリットのオンパレードです。

デメリットとしては、ここまでドコモに浸かってしまうとドコモから変えにくくなってしまうことですが、僕は自分だけでなく母親と妹のパケットも支払っているのでずっとドコモでOKです。光回線もドコモ光にしてdカードGOLDを持ってたっぷりポイント還元してもらって、しかも実家に帰省するときはラウンジを無料で使えていいことずくめです。

あなたもdカードGOLDをお持ちでなければ今すぐ申し込みましょう!

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

dカードGOLDのケータイ保障だけで十分か?

ここで1つだけ考えておきたいのは、「dカードGOLDのケータイ保障サービスだけで他の保険は不要か?」ということです。

僕はdカードGOLDのケータイ保障サービスだけにしています。ただし、デメリットを考慮した上で他の保障には入らない選択をしています。

注意すべき点は以下の4つです。特に画面割れで修理可能な場合はdカードGOLDのケータイ補償サービスの対象外なところは頭に留めて起きましょう。もし不安なのであれば「ケータイ保証サービス for iPhone & iPad」とダブルで申し込むのが一番良いと思います。

  • カード1枚につき1回線1台の保障
  • 保障限度額が10万円
  • 画面割れで電源が付く場合は修理なので対象外
  • 保障対象とならない場合があるので注意
  • Appleストアで修理不能である証明をもらった上で、ドコモショップで新しい端末をdカードGOLDで購入する必要がある

カード1枚につき1回線1台の補償

dカードGOLDは本カード・家族カード共に1枚につき1回線1台のみの補償となります。例えばあなた名義で3回線持っていても、補償が有効なのはdカードGOLDに紐づいている回線のみとなります。

家族カードは1枚無料で作れて、家族カードと紐づく回線も補償の対象となるので、普段は使わないにしろ、家族カードを発行しておくことをおすすめします。

補償限度額は10万円まで!余剰額は自己負担

dカードGOLDのケータイ補償の限度額は10万円までです。もし、本体価格が12万円だった場合は2万円の自己負担となります。(AppleCare+、ケータイ保証サービスも自己負担があります)

Apple正規プロパイダ店で修理不可の証明書をもらった上でドコモショップで新端末を購入

dカードゴールドのケータイ補償サービスは、まずAppleストアやAppleの修理受付可能な正規プロパイダ店で修理受付不可能である証明書をもらいます。

その後ドコモショップへその証明書を持参し、dカードGOLDで同一機種・同一カラーを購入します。一度dカードGOLDであなたが決済をし、その後カード決済額が最大10万円まで補償額として差し引きされる形になります。

もしAppleストアで修理可能であると判断されて、それでも勝手に自己判断で同一機種を購入した場合、補償の対象外となるので注意しましょう。

 

盗難・全損の補償があるので、とりあえずdカードGOLDは持っておくべき

ここまでiPhone8の補償をdカード GOLDのみとする場合の注意点を述べてきましたが、盗難・紛失・全損の補償があるというのはかなり大きなメリットです。

たった年会費1万円で最大10万円の補償が受けられて、ポイントは10%たまるので年会費の元は余裕で取れます。その上でラウンジまで無料で使えてしまうので作らない理由がありません。

まだ、dカードGOLDをお持ちでない方は今すぐ申し込みましょう!

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

iPhone8の予約・機種変更はドコモオンラインショップが最安!

あなたがこれからiPhone8を予約・機種変更しようと思っているのなら、ドコモショップや量販店だと損しますよ!

なぜなら実店舗では「頭金」という名のお店側が自由に設定できる手数料を本体価格に上乗せしているからです。

しかし、ドコモオンラインショップであれば頭金は不要、さらに機種変更時にかかる事務手数料も無料です。

さらに店員さんに余計なオプションや料金プランを勧められることなく、自分が好きなように契約できてとってもお得です。

送料無料で家まで届けてくれますし、仕事で忙しければコンビニ受け取りにすることもできます。

iPhohe8の予約・機種変更はドコモオンラインショップで行うようにしましょう!

iphone7
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です