こんにちは、Galaxyマスターのけーしんです。

ついにこの日がやってきました!どれほど首を長くしていたかわからないほど待ち焦がれた【Galaxy Note8】がついに発表!

これこそがスマホだ!これこそがGalaxy Noteシリーズだ!と言わんばかりの最先端スペックになっています。

光学式手ぶれ補正搭載のデュアルレンズカメラ、4096段階という液晶タブレット泣かせのSペン、DeXでPCライクに使うことを想定した6GBのRAMなど、真のフラッグシップにふさわしいスペックとなっています。

それでは早速GalaxyNote8はどんなスマホでどんなスペックなのか?ということをご紹介します。

目次

スポンサードリンク

Galaxy Note8のスペックをGalaxy S8+、Galaxy S7 Edgeと比較!

galaxy-s8
Galaxy Note8 Galaxy S8+
(参考)
S7 Edge
(参考)
OS Android7.1.1 Android7.0 Android6.0
※アップデート
で7.0
液晶サイズ  6.3インチ 6.2インチ 5.5インチ
解像度 2960×1440
(Quad HD)
デュアルエッジディスプレイ
1440×2560
サイズ  162.5×74.8
x8.6mm
159.5×73.4
x8.1mm
159.5×73.4
x8.1
重量  195g 173g  157g
バッテリー  3300mAh 3500mAh 3600mAh
充電 USB Type-C
(ワイヤレスチャージ)
microUSB/qi
CPU

Snapdragon835
(2.35GHz+1.7GHz)
オクタコア

Exynos 8895
(2.3GHz+1.7GHz)
オクタコア

Exynos8890

Snapdragon820

メモリ 6GB 4GB 4GB
ストレージ 64/128/256GB+microSD 32/64+microSD
 メインカメラ 1200万画素
デュアルピクセル
f1.7/f2.4
広角・望遠デュアル
1200万画素
デュアルピクセル
f1.7
1200万画素
レンズf1.7
防水 あり あり
セキュリティ 指紋認証、虹彩認証、
顔認証
指紋認証
Sペン あり なし なし

Galaxy S8+から進化した点は画面が0.1インチ大きくなって、Sペンがついたこと。そしてデュアルレンズのカメラですね。

iPhone7では搭載できなかった望遠側の手ぶれ補正を搭載していますし、どんな写真が撮れるのか期待が高まります。

 

Galaxy Note8は物理ホームボタンがなくなり、ベゼルを極限まで削ぎ落としたInfinity Displayへ

Galaxy Noteの魅力といえば大画面です。Galaxy S8/S8+で好評だった18.5:9の縦長ディスプレイ【Infinity Display】をGalaxy Note8でも採用しています。

物理ホームボタンは必要な時だけ出現します。

大画面をいかして、二つのアプリを同時に動かすのもお手の物です。僕はよくGalaxy S8+でYouTubeをみながらLINEで友達の返事をしています。

Android7.0で分割表示が対応になったのに、LINEはまだサポートされてません。でもGalaxyならそれができるので、普段からLINEを使ってるあなたにはもってこいの機種ですよ。

Galaxy S8でも縦長でたくさんの情報を表示できるのでスクロールが減るというメリットがありました。Galaxyt Note8ではさらにSペンがついたことにより、狙ったところをピンポイントでバシッと定められるようになります。

やはり指で色々なものを選択したり、操作していると誤動作が多いじゃないですか?そんなイライラともNote8を手にすればおさらばです。

GalaxyNote8の指紋認証の位置はカメラの横

物理ホームボタンが消失したことにより、指紋認証センサーは背面へと追いやられました。S8/S8+も同様に指紋センサーが背面にあり、「間違ってレンズ触る!レンズ汚れる!指紋センサーをこんな場所にしないで!」という不満が多かったです。しかし、今回はフラッシュをカメラとの間に挟んでいるので大丈夫かなと思います。

上の画像はGalaxy S8+のものです。S8+は本当に指紋センサーの位置については頭がおかしかったとしか思えません。おそらく顔認証や虹彩認証を流行らせようとするための儀式だったんでしょう。

Note8はS8/S8+よりも指紋認証が使いやすので安心してください(笑)

スポンサードリンク

Galaxy Note8のカラバリは4色

ギャラクシーノート8のカラバリは4色です。

  • ミッドナイトブラック
  • ディープシーブルー
  • オーキッドグレイ
  • メープルゴールド

日本でどの色が発売になるのかわかりませんが、Galaxyでプレミアつくのはブラックな傾向があるんですよね〜。でも個人的にはディープシーブルーが欲しいです。

本当は赤系統が欲しいんですが、残念ながら出してくれなかった・・・・・・

Sペンはメモをするだけでなく、もっと楽しくコミュニケーションするツールへ

今までメモを取るというイメージが強かったGalaxy NoteのSペン。Galaxy Note8はそれだけでなく「コミュニケーションをもっと楽しくするツール」として進化しました。

相手の顔にお絵かきをして返信して、具体的なイメージを一瞬で伝えることができます。

動画は重すぎて送れなくても、GIFにすることによって簡単に送信できます。

もちろん最強のデジタルノートの機能も健在です。

ペン先0.7mmという、ちょっと太めのボールペンレベルに進化しました。僕が持っているNote5は1.5mmなので今までより細かい文字や絵を簡単に書くことができます。

今までペン先が太いばっかりに文字をうまく書けなかったことがあったので、その改善が見られるのはとても楽しみです。

SペンもGalaxy Note8本体も防水対応!

GalaxyNoteもようやく防水に対応しました。(というか去年のNote7で対応していたけど、爆発事件があったから(略))

お風呂でお絵描きしたり、ゲームしたりという楽しみ方ができます。早く日本で出ないですかね?

これがデュアルレンズカメラの正しい使い方!望遠・広角レンズ光学式手ぶれ補正両対応!

Galaxy Note8は望遠カメラと広角カメラの2つを搭載しています。iPhone7 Plusは望遠カメラの手ぶれ補正に対応していませんが、Galaxy Note8は広角も望遠も光学式手ぶれ補正に対応しています。

また、望遠側は光学2倍ズームに対応。デジタルズームと違い画質がザラザラと荒くならずに撮りたいものをアップで写すことができます。

一眼の出番を奪う悪魔の魔法【live focus】

live focus(背景ぼかし)機能も健在です。こんな簡単に後ろをぼかすことができるので、一眼レフの出番が少なくなってしまうことでしょう。というか、写りが良すぎで笑えてきます。

背景ぼかしだけじゃない!忘れかけた瞬間をもう一度見よう!デュアルキャプチャー

一眼レフでは絶対にできない、スマートフォンのデュアルレンズを最大限にいかした機能です。背景ぼかしのライブフォーカスを調整しながら、その周りの様子を広角レンズで撮影してしまうという面白い機能です。

一眼風に背景をぼかすのももちろんいいですが、意外とそこから視点を広げてもっとワイドに撮影すると意外な光景が見えるものです。普通はなかなか気づけない部分ですが、Galaxy Note8は一瞬でそのことに気づかせてくれます。

Galaxy Note8の広角カメラは1200万画素のデュアルピクセルセンサーにF1.7の明るいレンズを搭載しています。

上Galaxy S8+(おそらくNote8と同等性能)、下Xperia XZs

Galaxyシリーズの夜間性能は恐ろしいほど優秀です。5月にユニバでとった写真ですが、どう見てもかっこいい写真は上のGalaxy S8+です。おそらくNote8でもGalaxy S8+と同等性能はあるはずなので期待しましょう!

ランチが一層美味しく見える料理モードも継続搭載

Galaxy S8+で「めちゃめちゃうまそう!!」と飯テロを起こしていた料理モードはNote8でも健在です。

どんどん夜中に美味しそうな画像をTwitterやインスタに投稿して自慢しまくりましょう!

自撮り用のカメラも800万画素、F1.7と高画質に!

自撮り用のインカメにもバリバリ力が入っています。800万画素でF1.7のレンズを搭載しているので、暗いところでも自分の思い出をバシッと撮ることができます。

また、Galaxyといえば自撮りが標準カメラでSNOWの盛り盛り状態になれるというメリットがあります。SNOWで盛るのは詐欺だけど、標準で加工されたなら仕方ないですよね?(笑)

Galaxyの自撮りになれるとiPhoneの自撮りには戻れません。

スポンサードリンク

メモリ6GB搭載の爆速スマホへ!

ついにGalaxy Note8でメモリが6GBになりました。iPhone7なんてメモリをケチって未だに2GBですが、GalaxyはPCライクに使うDeXを見据えて6GBを標準搭載にしてきました。

メモリは増えれば増えるほど動作が爆速になっていいですよね〜。来年のGalaxy Note9ではメモリ8GBになってたりして(笑)

Galaxy Note8はWi-Fiもモバイル通信もギガの境地へ

年々画像や動画コンテンツの流通が増え、それにともなって通信速度の向上が求められています。日本でもドコモ・au・ソフトバンクの3社が5G通信の実施に向けた取り組みを進めています。

2020年の東京オリンピックに向けて、これから急ピッチで通信が高速化されることが予想されます。Galaxy Note8を持っていればアップデートで高速通信にも対応できそうです。

 

Galaxy Note8は間違いなく最強のゲームスマホだ!

Galaxy Note8にはゲーム専用のモードが搭載されています。エッジ機能や通知をオフにしたり、録画をワンタッチですることができます。

さらにNote8はペンが使えるので、操作もしやすいでしょう。指でぽちぽちとするよりも、ペンでツン・ツン・ツンと選択してあげたほうが、ミスも少なくより自分のキャラを育てられるでしょう。

 

AKGの高音質イヤホンが付属

Galaxy Note8はハイレゾに対応しています。もはや、音楽ならWalkmanの血が宿っているXperiaという時代は終わりつつあります。

そしてその高音質なGalaxy Noye8の魅力を最大限に引き出すための、AKG製のイヤホンまで付属しています。S8+にもAKG製のイヤホンが付いてきましたが、普段使っている2000円のイヤホンとは天と地の差で驚きました。今まで聞こえなかった音がたくさん聞こえてきますからね。

付属のイヤホンにも注目ですよ!

SDカードは最大256GBまで対応!

Galaxy Note8は最大256GBのSDカードに対応しています。画像や動画・音楽もどんどん高精細化していくとともに容量も大きくなっていきます。それを一括保存するにはSDカードが手っ取り早いです。

パソコンにバックアップを取るのも簡単ですし、機種変しても写真データはSDカードを入れ替えるだけでいいですからね。一時期Galaxy S6でSDカード非対応という暴挙に出ましたが、きちんと対応しているので安心です。

 

ワイヤレス充電にも対応

寝る前に置くだけで充電できるワイヤレス充電に対応いています。ワイヤレスだと端子を傷める心配がなく一時期は僕も気に入って使っていました。

ただ、100%で終了→ちょっと時間が経過し99%に→100%へ充電という繰り返しが起きて電池持ちが悪くなったことがありました。それがあるので僕はワイヤレス充電を避けていましたが、その辺りが改善されれば僕も迷わずワイヤレス充電へ移行するんですがね(笑)

 

顔認証・虹彩認証で指紋センサーいらず

指紋センサー以外にも顔認証や虹彩認証というロック解除ができます。セキュリティが高くて手軽に使えておすすめなのは虹彩認証ですね!

顔認証は写真で破られるなんていう話もあったので、僕はS8+で虹彩認証を使っていました。(ちなみに自分の画像で顔認証試したけど全く認証を破ることはできませんでした)

虹彩認証は画面を見つめると一瞬でロック解除できる上に、自分じゃないとロック解除できない安心感があります^^

 

GalaxyNote8の予約開始・発売日はいつ?価格はどうなる?

サムスンのUSA版のサイトでは予約ができるものの、日本ではまだ詳しい発表もありません。ちなみにアメリカだと$929.99でした。

日本円に換算すると10万2000円ほど。EtorenやExpansysでは109800円ぐらいで売られるんでしょうか?

アメリカでは予約するとGear360 o 128GBのSDカード+ワイヤレス充電器が付いてきます。日本での発売でもこんな風に特典をつけて欲しいですね。

発売や価格に関してはまだ未定なので、情報が入り次第お届けします!

スポンサードリンク

Galaxy Note8の日本での発売は?ドコモ・au・ソフトバンクから発売される?

すでに認証機関でドコモ向け、au向けのGalaxy Note8と思わしきサムスン端末が登場しています。ドコモ・auからの発売は期待して良さそうです。

その一方ソフトバンクは・・・・・完全にGalaxyユーザーを見限ってiPhoneとXperiaの二強体制に整えたのでしょうか?今更HTCなんて扱うくらいなので、Galaxyも扱ってくれても良いと思うのですが・・・・・

ただし、よくよく考えるとソフトバンクでNoteシリーズが発売されたことはありません。素直にドコモ・auに乗り換えるのが無難なところですね。

 

機種変更はオンラインショップが最安となることがほとんど!

街のドコモショップやauショップでは「頭金」というものが5000円〜10000円ほどに設定されています。この頭金は、定価の機種代金に上乗せして請求されます。頭金なんて名ばかりでただの手数料です。

機種変更の事務手数料もしっかり取るくせに、ショップはちゃっかり1万円も頭金を請求してくることがあるんです。ひどいですよね?

ドコモオンラインショップ・auオンラインショップなら頭金は無料で機種変更できます。しかも、自宅まで送料無料で届けてくれるのでショップで3時間も4時間も待たされるなんてことはありません。

Galaxy Note8の機種変更は必ずドコモオンラインショップ・auオンラインショップで行うようにしましょう!

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカードGOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカードGOLDも一緒に申し込みましょう!dカードGOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカードGOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光び利用料の10%のポイントが溜まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
月額利用料 15,000円
年間利用額 180,000円
ポイント 1800円 18000円
年会費 無料 10800円
実質お得額 1800円 7200円
溜まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカードGOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償、ラウンジ無料、年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカードGOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。

dカードGOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18000円の節約に!

dカードGOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカードGOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLDケータイ補償を利用しています。

国内線のラウンジが無料!家族4人で往復8000円分を無料にできる

dカードGOLDは国内線のラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカードGOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1000円)その家族カードも本人がラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります。

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機が飛んでるの暇つぶしを確保することもできます。

パワーアップして帰ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカードGOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスのなどから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21600円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

あなたもこの機会にdカードGOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカードGOLDのメリット神!リクルートカードプラスを圧倒!

2015.12.06
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です