SIMフリースマートフォンをポチッと簡単に購入できるExpansys(エクスパンシス)、Etoren(イートレン)、Amazonで、Googleのフラッグシップスマートフォン「Pixel 2 」の販売を開始しました!

エクスパンシス、イートレンの購入は、楽天で買い物をするのと同じようにとても簡単です。

また、海外通販で心配と思うかもしれません。しかし、決済でペイパルというシステムを使うことにより、トラブルがあった時はペイパルが間に入ってくれるのでより安心して購入することができます。

僕も過去にはエクスパンシスでGalaxy Note5を購入し、今でも元気に動いてくれています。

EXPANSYSの評判は?実際に購入して辛口レビュー

Pixelは日本では販売されないので(昔はNEXUSを転売屋が買ってくれたが、今はそういう時代ではないので)、Pixel2、Pixel2 XLが欲しい場合はExpansysやEtorenから輸入する必要があります。

Pixelの魅力は何と言ってもカメラです。DxOMarkスマホ最高得点の98を樹立しました。特に動画のスコアが他のスマホより高いのが素晴らしいですね。

ちなみにこの「98」というスコアは静止画と動画を合わせたもの。

実は静止画だけならGalaxy Note8の方がスコアが高かったりします。Galaxyは静止画に力を入れまくって動画にはそこまで力を入れていないのに対し、Pixel2は動画も静止画も抜け目なく作られているという印象でしょうか。

日本ではPixel2、Pixel2 XLは販売されないと思われますが、海外ではすでにExpansys、Etorenでシムフリー版の販売が開始されています!

また、EtorenやExpansysでは住所を英語表記で入力する必要があります。それすら不安という場合はAmazonで購入することができます(Expansys、Etorenで購入するよりちょっと高くなりますが、もっとも簡単に手に入れる方法です)

まだ日本でPixel2を持っている人はごくわずかです。今すぐ手に入れて周りに自慢しまくりましょう!

 

Pixel2のSIMフリー版は日本のSIMで使える?

技適の問題云々はおいといて、SIMフリー版が日本のSIMで使えるか?確認してみましょう。

周波数さえ合えば、ドコモとソフトバンクは利用できるはずです。auもVoLTE SIMなら使えるかも・・・・・。au系は色々と制限が多いのでお勧めできませんが一応周波数の照らし合わせだけしておきます。

Pixel2の対応周波数

Expansys・Etoren・Amazonで取り扱っているSIMフリー版Pixel2(G011A)の対応周波数は以下のようになっています。

4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/20/25/26/28/29/30/32/38/40/41

3G: 850/900/1700/1900/2100 MHz

日本のキャリアの周波数と照らし合わせると・・・?

日本のドコモ・au・ソフトバンクの周波数は以下の通りです。その中でPixel2が使えるものだけを黄色塗りしています。

  • ドコモのLTE周波数は、Band28(700MHz)、Band19(800MHz)、Band21(1.5GHz)、Band3(1.7GHz)Band1(2.0GHz)
  • auのLTE周波数は、Band28(700MHz)、Band18/26(800MHz)、Band11(1.5GHz)、Band1(2.0GHz)
  • ソフトバンク(Y!Mobile)の周波数帯はBand8(900MHz)、Band3(1.7GHz)、Band1(2.0GHz)
  • ドコモの3G周波数は、Band6/19(800MHz)、Band1(2.1GHz)
  • auの3G周波数は、Band Class0(800MHz)、Band Class6(2.0GHz)
  • ソフトバンク(Y!Mobile)の3G周波数はBand8(900MHz)、Band11(1.5GHz)、Band4(1.7GHz)、Band1(2.1GHz)

この中でドコモの場合重要なのは、LTEはBand1とBand19です。この二つが全国展開しているドコモの主力電波なので対応していれば基本的に困ることはありません。しかし、Pixel2はBand19に対応していないので、掴める電波はほぼほぼBand1のみでしょう。

屋外で困ることはほとんどないと思われますが、建物の中だと電波がつながりにくいことがあるのは覚悟しておくべきです。(とは言っても、そこまで不便はしないと思います)

ワイモバイル・ソフトバンクの場合、LTEは完全にフル対応しているので問題ありません。ドコモのSIMを使うよりワイモバイルのSIMを使った方が快適に使えること間違いなしです。

ちなみにソフトバンクのSIMはIMEI制限があります。iPhone用のSIMをAndroidに入れてAPN設定をすれば繋がります。しかし、Android用のソフトバンクSIMは購入したスマホでしか使えないというようなIMEI(端末番号識別)制限があるので注意です。まあ、素直にワイモバイルのSIMフリー向けのSIMか、iPhone用のSIMを使えばいい話です。

auに関しては通信方式がそもそも違うので、周波数が対応していても通信できない可能性が高いです。そのため、今回auでの利用は特に考えていません。(Mate9という機種では、対応周波数を見るとauの電波に対応していますが、APN設定をしても一切通信できませんでした)

僕は通話はドコモのSIM、通信はワイモバイルのSIMで運用するので、Xperia XZ PremiumのSIMフリー版でバッチリ運用できます。

 

海外からSIMフリー版のPixel2を購入するメリット。デメリットとは?

ところでわざわざ海外から個人輸入するという手間をかけてまで、Pixel2を購入するメリット・デメリットとはなんでしょうか?

SIMフリー版を購入するデメリット

  • 技適未取得
  • ガラパゴス仕様がない

日本で使うには技適違反。

ご利用はあくまでも自己責任で。個人的には100km/h制限の道路を110km/hで走っても捕まってる人なんて見たことないよね?と言う意見に近いかと思います。

ガラパゴス仕様がない

SIMフリー版はワンセグ・フルセグでテレビを見ることはできませんし、おサイフケータイを使うこともできません。ただ、技適を通っているSIMフリースマートフォンでもおサイフケータイが付いているものはほとんどないので、大したデメリットにはならないかと思います。

SIMフリー版のPixel2を購入するメリット

  • DxOMark最高端末を使える
  • 日本では手に入らないPixel2が手に入る

やはり、日本では手に入らないPixel2が手に入るのは大きいです。

僕もGalaxy Note5が日本で発売されなくて、仕方なくExpansysで購入しました。そこでさらにGalaxy Noteの魅力にハマり、Galaxyの専門ブログを作るまでになりました(笑)

静止画だけなら、Pixel2ではなくNote8やMate10 Pro、iPhone Xという選択肢もありますが、入手困難だったり、インカメの加工がおかしかったり、キャリア版には余計なアプリが入っていたりします。

その点トータルするとPixel2を手に入れるというのも、素晴らしい選択肢だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Androidの真髄を味わえるPixel 2!今すぐ手に入れましょう!

GoogleのPixel2はいわゆる「素」のAndroidがインストールされています。他のメーカーやキャリアはそれぞれのメーカー・キャリアの独自アプリ、チューニングが施されています。

不純物が一切入っていない純正のAndroid端末「Pixel2」を手に入れて見ませんか?

 

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカードGOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカードGOLDも一緒に申し込みましょう!dカードGOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカードGOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光び利用料の10%のポイントが溜まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
月額利用料 15,000円
年間利用額 180,000円
ポイント 1800円 18000円
年会費 無料 10800円
実質お得額 1800円 7200円
溜まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカードGOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償、ラウンジ無料、年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカードGOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。

dカードGOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18000円の節約に!

dカードGOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカードGOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLDケータイ補償を利用しています。

国内線のラウンジが無料!家族4人で往復8000円分を無料にできる

dカードGOLDは国内線のラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカードGOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1000円)その家族カードも本人がラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります。

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機が飛んでるの暇つぶしを確保することもできます。

パワーアップして帰ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカードGOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスのなどから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21600円分の特典を、年間100万円以上利用していると10800円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

光熱費やスーパーでの食材など、なるべく全ての支払いをdカードGOLDにまとめることで、月9万円=年間100万円は簡単に突破できますよね?つまり、年会費の10800円分の特典を受け取るのは余裕で達成できます!ということは、ドコモ・ドコモ光のポイント10倍分を丸儲けできるんです!

あなたもこの機会にdカードGOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカードGOLDのメリット神!リクルートカードプラスを圧倒!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です