こんにちは、けーしんです。

僕がアメックスゴールドを申し込んでから、およそ1年が経とうとしています。

ゴールドに光り輝くクレカは、持っていて非常に満足感の高いものでした。イオンで買い物する時も、レジでアメックスゴールドを出すとなんとなく自分がかっこよくなったように感じます(笑)。

そこそこポイントも貯まってきたので、「アメックスのリワードポイントはそもそも何に使えるのか?そして、何と交換するともっともお得なのか?」ということを調べ上げ、熟考に熟考を重ねた結果、ANAのマイルに交換するのがもっともお得だという結論に達しました。

この記事では、僕の経験を踏まえ

  • アメックスのリワードポイントは何に使えるのか?
  • なぜANAマイルと交換するのがもっともお得なのか?
  • どうすればお得に交換できるのか?

ということを紹介します。

 

アメックスで貯まるリワードポイントの6つの交換先とは?

アメックスのリワードポイントには、以下の6つの使い道があります

  1. 提携航空パートナーへのマイルへ交換
  2. 提携ホテルグループのポイントへ交換
  3. 楽天・Tポイントなどの提携ポイントへ交換
  4. ギフト券との交換
  5. カード利用代金への充当
  6. イベントやアイテムと交換

 

提携航空パートナーへのマイルへの交換

ANAやアジアマイル、シンガポール航空クリスフライヤーなどの、世界中の航空会社のマイルへポイントを移行できます。

標準状態であれば、2000ポイント→1000マイルで交換。年会費3000円の「メンバーシップ・リワード・プラス」というオプションに申し込めば、ANAの場合1000ポイント→1000マイルで交換できてお得です。

 

海外の航空会社も1250ポイント→1000マイルへ交換できます。

 

東京-沖縄間がレギュラーシーズンで18000マイル、東京-ホノルル(ハワイ)はレギュラーシーズンで40000マイルで交換可能です。

 

マイルに交換する場合は、年会費3000円を払って「メンバーシップ・リワードプラス」に加入して、多くのマイルと交換した方が絶対にお得です。

提携ホテルグループへの交換

spgのスター・ポイント、ヒルトンオーナーズポイントへ移行できます。

 

ホテルのポイントへ移行する場合も、年会費3000円の「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入した方が、ポイントの交換効率が格段に上がります。

とはいえ、ヒルトンポイントなんかは1ポイント=1円として利用できるわけではありません。その時のレートにもよりますが感覚的には2ポイント=1円に近いレベルです。

他の交換先に魅力を感じないからどうしてもホテルのポイントに交換したいという時以外は、あまりおすすめできませんね。

提携ポイントへの交換

楽天ポイント、Tポイントへ移行できます。とはいえ、交換レートはあまりよくありません。アメックスで貯めた300ポイント→100Tポイントです。(還元率0.3%)

年会費無料の楽天カード、ヤフーカードであればカード100円の利用ごとに1ポイント貯まって、還元率は1%になります。

どう考えても、楽天カードやヤフーカードを利用して、ポイントを貯めた方がお得です。

 

3000円払ってメンバーシップ・リワード・プラスに加入すると、還元率は0.5%にアップしますが、それでも0.5%とお得感ゼロです。

せっかくアメックスを利用しているので、楽天ポイントやTポイントへの以降はやめておきましょう!

 

ギフト券への交換

全国共通百貨店、イケア、モスバーガーのギフト券へと交換できます。

交換レートはどれも3000リワードポイント→1000円分ギフト券となっているので、あまりお得はありません。(還元率0.3%)

 

カード利用代金への充当

アメックスのカードを利用した代金にポイントを充当することができます。レートは1ポイント=0.3円なので、実はお得ではありません(笑)

 

年会費3000円のメンバーシップ・リワード・プラスに加入すると、航空会社で利用した場合は1ポイント=1円で充当できます。

とはいえ、これだったらマイルに交換した方がよっぽど価値があってお得です。

 

イベントの体験と交換する

アメックスのリワードポイントは、普段自分では行かないような様々な体験イベントと交換することができます。

会員サイトを見ると、インドアスカイダイビングや泊まれる本屋への宿泊など、珍しいものが並んでいます。

ただ、これらのカルチャー体験は、実は検索してみるとそこまでお得でもありません。1ポイント=1円と仮定すれば、ポイント数の半分以下で体験できるところがほとんどです。

それよりも、アメックス公式サイトに乗っている、会員限定イベントがおすすめです!

例えば、元ちとせのアメックス会員限定ライブは、ポイントで支払った人が先着でチケットが確定。残りは抽選で当たった人がカード払いです。

ポイント払いであれば確実にチケットが手に入るので、非常にお得で安心感・納得感がありますね。

 

また、この記事を書いている時点で募集は終わってしまっていますが、東京の花火大祭も、人混みから離れた特設会場で快適に楽しむことができます。

普段はなかなか体験できないイベントを、普段のお買い物で貯まったポイントで体験できるのはアメックス会員の素晴らしい特権です。

なぜ、ANAマイルへの交換がもっともお得なのか?

僕はアメックスのポイントは、ANAマイルへの交換がもっともお得だと考えています。

例えば、日本からハワイへレギュラーシーズンで、エコノミーであれば4万マイル。ビジネスクラスであっても65000マイルで行けます。

ちなみにこれをマネーで支払うと、最低でも226,930円します。

 

これでもかなり金額は安い方で、ちょっと日程がずれると簡単に30万円、40万円を突破します。

それがたったの65,000マイルで交換可能です。単純に最安だった226,930円/65000マイルと計算すると、1マイルは3.5円(還元率3.5%)の価値へ跳ね上がります。

これが日程によっては1マイルの価値が5円、6円、・・・・10円へと(還元率5〜10%)と大化けしていきます。

ちなみに現在、アメクッスゴールドはマイルに交換可能なリワードポイントがたっぷりもらえる入会キャンペーンを行なっています。

本来であれば、数百万円のお買い物をしないと手に入らないポイントが、入会キャンペーンだけで手に入ります。このポイントをマイルに交換して、ハワイなどの海外旅行へ行くことも可能です。

また、アメックスゴールドがあれば、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)のラウンジも無料で利用できるので、さらに快適な旅になること間違いなしです。

せっかくの機会なので、ぜひアメックスゴールドを手に入れてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です