「iPhone SE 2」、発売は2020年3月末との噂

2020年第1四半期(1-3月)に発売されると噂されている「iPhone SE 2」ですが、さらに具体的に「2020年3月末発売」との噂が流れました。

関連記事:iPhoneの最新機種「iPhone SE2」が2020年第1四半期発売されるとの噂
このコメントとしたのは、「2020年第1四半期(1-3月)に発売される」とコメントとしたアナリストのミンチー・クオ氏です。
下記が元の記事です。Google翻訳の文章を掲載します。

資料: MacRumors「Kuo: ‘iPhone SE 2’ Entering Mass Production in January and Launching at the End of March」

クオ:「iPhone SE 2」は1月に量産に入り、3月末に発売

Appleの「iPhone SE 2」は、2020年1月に量産される予定で、信頼できるAppleアナリストMing-Chi Kuoからの最新情報によると、3月末に発売される予定です。
このタイミングは、基本的にいわゆる「‌iPhone SE 2‌」に関するKuoの以前のレポートと一致しており、彼はデバイスのQ1 2020リリースを予測しました。
Appleの製品リリーススケジュールの過去のパターンに依存して将来の発売を予測することはリスクがないわけではありませんが、3月は伝統的にAppleのより手頃なiPhoneの発売月でした。

オリジナルのiPhone SEは2016年3月21日に発表され、予約注文は3月24日に始まり、デバイスは2016年3月31日に正式にリリースされました。ほぼ1年後の2017年3月24日に大容量で再リリースされました。 Appleはまた、過去2年間、3月の最後の週に特別な打ち上げイベントを開催しました。

新しいローエンドiPhoneの仕様には、次のものが含まれると言われています。
4.7インチディスプレイ
A13 CPU(iPhone 11と同じ)
3GB LPDDR4X RAM
64GBおよび128GBオプション
スペースグレー、シルバー、レッドの色
ホームボタン
3Dタッチなし
Kuoは、このデバイスがiPhone 8に似ていることを期待しており、既存のiPhone 6およびiPhone 6S所有者にとって人気のあるアップグレードオプションであり、2020年にAppleの「主要な成長ドライバー」になると考えています。 Face IDや複数のカメラなどの新機能は、「‌iPhone SE 2‌」がTouch IDと一眼式の背面カメラに固執することを示唆しています。

出荷に関して、Kuoは、「iPhone SE 2」の月間出荷数は200万から400万になると予測しています。 Kuoはまた、「iPhone SE 2」が液晶ポリマーLCP(Liquid Crystal Polymer)アンテナ設計を使用して伝送効率を高めることを期待しています。

他の業界筋によると、LGはAppleと交渉して、iPhone SEの後継機にLCDディスプレイを供給しており、現在、パネルは直前に品質チェックを受けています。

もちろん、「‌iPhone SE 2‌」はデバイスの最終的な名前ではない可能性があり、iPhone 8sとiPhone 9は他の可能性として推測されています。大型の4.7インチディスプレイでは、デバイスは元のiPhone SEほどポータブルではないため、そのモデルのファンはきっと失望するでしょう。
(引用:MacRumorsより)

▼この記事によると、2020年1月から量産体制に入り、3月末に発売される、という予測です。
また改めて「iPhone SE2がiPhone 8に似ていることを期待」と語っています。

iPhone SE 2の液晶ディスプレイにはLGディスプレイが供給、との報道

iPhoneの最新機種「iPhone SE2」が2020年第1四半期発売されるとの噂

最新スマホの購入

「Google Pixel 4」「Google Pixel 4 XL」「iPhone11」「iPhone11Pro」「iPhone11ProMax」など最新スマホ販売中!ストアへはこちらから行けます。

執筆者

執筆者

西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦10念。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。
このブログでは最新のスマホ・ガジェット情報をどこよりも面白くお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です