トランプ大統領「iPhoneはボタンの方がスワイプより遙かにいい!」とコメント

2019年10月26日、アメリカのトランプ大統領がAppleのCEO・ティム・クック氏に向けて「iPhoneのボタンはスワイプよりもはるかに優れていました!」と発言しました。
つまり、「iPhoneはホームボタンがある方が良い」という事で、現在のものよりも以前の機種のほうを好むという意味だと思われます。

ティムへ:iPhoneのボタンはスワイプよりもはるかに優れていました!


(引用:トランプ大統領ツイッター より)

資料:Engadget「米トランプ大統領、「iPhoneはホームボタンがある方がいい!」とクックCEOにツイート」

トランプ氏は2017年3月に、それ以前に愛用していたAndroidデバイスからiPhoneに切り替えたことが知られています。どのiPhoneかは不明ですが、当時は初めてホームボタンを廃止したiPhone X(2017年9月発売)が出ていなかったことから、ホームボタン付きであることは間違いありません。
(引用:Engadget より)

▼2017年3月にAndroidからiPhoneに変えたということから、その時はホームボタンのついていた機種を使用していたことが伺えます。そしてこのツイートから、iPhone11(シリーズ)に機種変更したのではないかと推測され、ホームボタンの無い機種の操作が不便と感じられたのでは、と考えられます。
今後トランプ大統領が別の機種に変更するのか?注目ですね。

執筆者

執筆者

西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦10念。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。
このブログでは最新のスマホ・ガジェット情報をどこよりも面白くお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です