ドコモ、au、ソフトバンクのキャリア決済設定とやりかた、被害補償の充実について

こんにちは、けーしんです。

ネットショッピングの支払い画面で、キャリア決済の選択肢を見たことある人も多いのではないでしょうか?

クレカ払いやコンビニ払いも便利ですが、実はキャリア決済が一番簡単なんです。

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアでは、それぞれ独自のキャリア決済があり、通信契約をしている人なら誰でも登録不要で利用することができます。

通信料金とまとめて支払いができ、決済処理も簡単に済むので、非常に便利なサービスです。大手キャリアを契約しているならぜひ利用していきたいところですね。

しかし、いざ初めて利用するとなると、

「設定方法はどうすればよいの?」

「万が一、不正利用の被害に合った場合が不安」

といったあたりは気になるところだと思います。

そこで本記事では

  • キャリア決済の設定方法
  • 3大キャリアでの被害補償の導入状況

などを詳しく解説していきます。キャリア決済を安心して利用していくために必要な情報をチェックしていきましょう。

 



キャリア決済とは

キャリア決済とは、キャリアで設定したID、パスワード、暗証番号を入力するだけで簡単に決済ができるサービスです。

主にネットショッピングやネット上での月額課金サービスなどの支払いに利用することができます。

クレジットカードなどと比べても入力項目が少なく、簡単に決済を完了できるのが魅力となっています。

 

ドコモのキャリア決済は「ドコモ払い」と「d払い」の2種類

ドコモのキャリア決済は「d払い」と「ドコモ払い」の2種類あります。

d払いは、携帯代金と合算して支払うキャリア決済として利用できるほか、クレジットカードと紐付けて使うこともできるサービスです。ネットショッピングだけでなく、QRコード決済として街中の店舗でも利用していくことができます。

一方で、ドコモ払いはドコモユーザー専用のキャリア決済です。d払いとは異なり、ネットショッピングやネット上の課金サービスでのみで利用することができます。

d払いの設定・利用方法

ドコモ回線を契約中の人はアプリインストール後に、spモードのパスワードを入力することで、すぐに利用を開始することができます。

 

▼d払いの初期設定の手順

  1. ご利用規約に同意でログイン
  2. 4桁のspモードパスワードを入力
  3. 利用設定を入力
  4. 利用開始

なお、ドコモ回線ではない人の場合には、クレジットカードを登録して、dアカウントの発行などが必要となります。

ネットショッピングでの使い方としては、以下のような流れになります。基本的には、4ケタのパスワード入力だけで、決済が完了します。

  1. d払い対応サイトで商品を購入
  2. 4ケタのパスワードを入力
  3. 決済完了

ドコモ払いの設定・利用方法

ドコモ払いは、ドコモユーザーであれば設定なしで利用できます。

支払いの流れとしては以下の通り。

  1. 購入内容を確認して「購入する」ボタンを押す
  2. 表示手順に従って、「docomo IDでログイン」「ドコモ認証」ボタンを押す
  3. 決済内容を確認した後、spモードパスワードを入力
  4. 「承諾して購入する」ボタンを押して、決済を完了させる

あとは翌月のドコモの携帯電話料金を支払うときにまとめて支払いをすればOKです。

 

auのキャリア決済「auかんたん決済」とは

auのキャリア決済は「auかんたん決済」というサービスです。

ネットショッピングなどで利用できるほか、auのQR決済サービス「au PAY」のオートチャージに利用することも可能です。

「auかんたん決済」の設定方法と使い方

auかんたん決済はauユーザーなら設定不要で、すぐに利用を開始できます。

支払い手順は以下の通り。au IDでログイン後、暗証番号を入力するだけで簡単に決済が完了します。

  1. au IDを利用してログイン
  2. 支払い方法としてauかんたん決済を選択
  3. 購入内容を確認し、暗証番号を入力
  4. 購入完了

 

ソフトバンクのキャリア決済「ソフトバンクまとめて支払い」とは

ソフトバンクのキャリア決済は「ソフトバンクまとめて支払い」というサービスです。

こちらもネットショッピング、App Store、Google Playなどの決済方法として利用していくことができます。

「ソフトバンクまとめて支払い」の設定方法と使い方

ソフトバンクユーザーなら登録不要で利用を開始できます。

支払い手順としては以下のような流れです。クレジットカード番号などの面倒な入力なしに決済を完了することができます。

  1. 「支払い手段を選択」で、「ソフトバンクまとめて支払い」を選択
  2. 利用規約を確認し、購入内容に間違いがなければ「購入する」ボタンをタップ
  3. 購入完了(購入完了メールが届きます。)

 

ドコモ・au・ソフトバンクのキャリア決済をiPhoneで設定する方法

iPhoneでは、以下のappleサービスでキャリア決済が可能です。

  •  App Store
  • Apple Music
  •  iBooks
  •  iTunes
  •  iCloud

iPhoneユーザーであれば、アプリや楽曲などの購入代金を、毎月のキャリアの利用料金と合わせて支払うことができます。

キャリア決済の設定手順は以下の通り。設定は、ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれのキャリア決済で共通となります。

▼ドコモのキャリア決済をiPhoneで設定する方法

  1. 「設定」を開き、「iTunes StoreとApp Store」をタップ
  2. 「Apple IDを表示」をタップし、アカウント画面を表示
  3. お支払情報をタップし、
  4. 支払い方法の中から、キャリア決済を選択
  5. 電話番号を選択(決済時に認証コードが必要となる場合に利用します)
  6. 画面右上の終了を選択し、アカウント設定を閉じます

 

キャリア決済の被害補償とは?

キャリア決済の被害補償とは、利用者が第三者による不正利用の被害に合った場合に、被害額をキャリアが補償する制度のことです。

2019年8月に既に補償を導入していたドコモに加え、11月5日にソフトバンク、auで補償が導入され、大手3社すべてに補償制度が整うこととなりました。

近年、キャリアWebサイトに似せたサイトに接続させて、IDやパスワード、クレジットカード情報などを不正に取得する詐欺が多発しています。今回の補償導入は、こうした被害への補償制度がなかったことを受けての対応となります。

従来は個別対応となっていましたが、補償制度の導入後は原則、被害額の全額が補償されることとなります。

 

ドコモの被害補償

ドコモでは2019年8月28日に、au、ソフトバンクに先駆けて補償制度が導入されています。

消費者側だけでなく、d払いを導入している加盟店も、d払いの決済で不正取引が行われた場合に加盟店が被害を受けることがないよう対応が行われていくとのことです。

 

auの被害補償

auでは、11月5日より「au PAY」「au WALLET プリペイドカード」「auかんたん」の3つのキャッシュレスサービスの利用規約が改定され、不正利用による被害額が原則、全額補償されることになりました。

ただし、明らかにユーザー側に過失がある場合や、災害などの混乱に乗じた被害である場合、虚偽の報告がある場合、KDDIに申告した日より90日より前の不正利用に起因する損害の場合などは、補償の対象外となるようです。

 

ソフトバンクの被害補償

ソフトバンクでも11月5日から、「ソフトバンクまとめて支払い」を対象に補償制度が導入されました。

ソフトバンクでの導入と合わせて、ワイモバイルの「ワイモバイルまとめて支払い」に対しても補償制度が導入されることとなります。

なお補償にあたっては、不正調査のご協力や所定の手続きが必要となるとのことです。




まとめ

キャリア決済の方法と、補償制度の導入について解説をしていきました。

補償制度が各キャリアで整備され、今までよりも安心して利用ができるようになりました。今まで不正被害が不安で利用できなかった人も、これを機にぜひキャリア決済を試してみると良いですね。

僕の家族はネットショッピングのサンプル百貨店が気に入ったらしく、お菓子やペットボトルをまとめ買いしていて支払は毎回キャリア決済を使っています。理由は「簡単だから」だそうです(笑)

 

最新スマホの購入

「Google Pixel 4」「Google Pixel 4 XL」「iPhone11」「iPhone11Pro」「iPhone11ProMax」など最新スマホ販売中!ストアへはこちらから行けます。

執筆者

執筆者

西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦10念。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。
このブログでは最新のスマホ・ガジェット情報をどこよりも面白くお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です