Motion Eyeカメラとは何?Xperia XZ Premium/XZsの新機能の核とは?

新型のXperia XZ PremiumとXZsすごく良さそうだし欲しいな〜。特にXZ Premiumは超魅力的です。

けーしん

ところでこのMotion Eyeってなんなんだろう?Motion Eye搭載だからすごい!みたいに書かれてるけどモーションアイってなんなのよ?

検索したらVAIOのWEBカメラが出てきたけど、どういうこと?

と色々疑問に思ったので、今日はMotion Eyeとは何か?ということについてまとめて見ました

Motion Eye とは新開発のメモリ内蔵イメージセンサーを積んだ新しい「SONYのカメラシステム」

Motion Eye とは新開発のメモリ内蔵イメージセンサーを積んだ新しい「SONYのカメラシステム」

Motion Eyeとは今回Xperia XZ、Xperia XZ Premiumで搭載された新センサーを含む、カメラシステムそのもののことです。

メモリ積層型センサー、ソニーこだわりの「Gレンズ」、そして画像処理エンジン「BIONS for Mobile」この3つを組み合わせたシステムです。

かつてソニーのパソコン「VAIO」に搭載されていたWEBカメラの「MOTION EYE」とは全く別物です。

 

メモリ(DRAM)搭載のセンサーって何がすごいの?

メモリ(DRAM)搭載のセンサーって何がすごいの?-1

今回の新しいメモリ内蔵型のセンサーは何がすごいのかというと、データの読み込み速度が格段に早くなります。従来のものに比べて5倍です。5倍!

スマホで撮った写真って結構なデータ量じゃないですか?1枚2MBとか、それ以上のものもあります。画像1枚読み込むだけなのに、すごく時間がかかる時もありますよね?

しかも、スマホの画像はデータを処理し、RAWデータというなまのデータからjPEGに圧縮してそのサイズなので、もともとはもっと重いデータを扱っています。

その膨大なデータを一瞬で処理するために、メモリを直接センサーに載っけちゃって3層構造にしちゃえ!という感じで作られたのが今回の新型センサーです。(こんなざっくりした言い方だとSONYに怒られるかもしれないけど(笑))

メモリ(DRAM)搭載のセンサーって何がすごいの?-2 メモリ(DRAM)搭載のセンサーって何がすごいの?-3

画像データを素早く処理することにより、

  • 動いているものを撮った時の歪みの軽減
  • シャッターチャンスを逃さない事前シャッター機能
  • スーパースローモーション撮影

が可能になりました。

 

スーパースローモーションは約0.2秒!タイミングが命

スーパースローモーションは約0.2秒!タイミングが命

これは流行りそうだな〜と思って期待しているスーパースローモーション機能ですが、撮影できるのは、わずか0.2秒となります。それゆえにタイミングが命です。

撮り方としては、通常の動画撮影→スローモーションにしたいと思ったらタッチ→0.2秒だけ960fpsのスーパースローモーション撮影→ 通常の動画撮影に戻る→という繰り返しです。

YouTubeにいいサンプルがあったのでご覧ください。

0.2秒間撮影したものを6秒間の超スローモーションで再生されるので、すごーく長いものを見ているような感覚になります。

このスローモーション撮影が10秒とか、30秒とかできるようになると、野球のバッティングフォームやランニングフォームのチェックとか、あらゆることに使えそう。変顔スローモーションとか面白そうじゃないですか?

これは今後の技術に期待ですね!0.2秒の撮影がどれだく長くスマホでできるようになるのか?来年には30秒になってたらものすごい技術の進化です。

 

先読みシャッター機能は動いでいるものを自動で検知し動作

先読みシャッター機能は動いでいるものを自動で検知し動作-1

また、Xperia XZs・XZ Premiumのもう1つの目玉機能である「先読みシャッター機能」

これは、被写体が動いていると、カメラが自動で検知し動作します。カメラを向けて、撮りたいものが動いていれば、それを自動で検知してくれるということですね。

普通にシャッターを切った時のタイミングの写真、およびその前の写真も撮ってくれています。その中から自分が気に入ったものを選ぶ。ということになります。

先読みシャッター機能は動いでいるものを自動で検知し動作-2

水族館で泳いでいるエイを撮った写真。タイミングが合わずブレている。こういうのもうまくいくようになるんだろうか?

僕も水族館でゆっくり泳いでいるエイを撮るのですらめちゃめちゃ苦労しましたから、この機能があればベストショットが撮れるかもしれません。これは楽しみです。

画質は良いの?新開発と聞くとかつての裏面照射CMOSの不安が蘇る

画質は良いの?新開発と聞くとかつての裏面照射CMOSの不安が蘇る-1

また、1つ心配なのが、今回の新開発のセンサーの画質が良いかどうかということではないでしょうか?

なんせかつてSONYが2009年に裏面照射COMSの新センサーを開発、2010年にコンパクトデジカメで製品化した時の写真は色合いが現実とはあまりにもヘンテコで、白とびも多いし、まだまだこれからなんだろうな。という内容でした。

しかし、このSONYの英断とその後の技術革新があって、今は裏面照射CMOSが標準になりました。

さて、今回のXperia XZs・Xperia XZ Premiumに搭載される新センサーの画質はどうでしょう?Xperia XZとの比較を見てみましょう。

まずはこちらがXZ

画質は良いの?新開発と聞くとかつての裏面照射CMOSの不安が蘇る-2

こっちがXZs(XZ Premiumも同等)画質は良いの?新開発と聞くとかつての裏面照射CMOSの不安が蘇る-3

比較するとノイズが減り、グリルがシャープに写っています。

画質は良いの?新開発と聞くとかつての裏面照射CMOSの不安が蘇る-4

少なくともノイズが少なくなり、よりシャープに写るようになったということはわかりました。

ただ、本物の色合いにどっちが近いのかはわかりません。本物に近いのが良いか、綺麗に映れば良いかは好みですし、スマホのカメラでこれだけ綺麗に取れれば十分かなとも思います。

また、参考までにiPhone7 Plusとの比較はこちら。

iPhone7 PlusとXperia XZSの比較

これはどっちがいいのかは良くわかりません。今後の詳しいレビューに期待です。

とりあえずこれでMotion Eyeについてなんとなくわかってきたのではないでしょうか?

スーパースローモーションや、先読みシャッターによるベストショットは楽しみですね

自宅にいるからこそたくさんの映画やアニメ・ドラマを見よう!

初心者におすすめ!VOD料金比較!
U-NEXTの評判・口コミは悪い?2年間利用したリアルな声を紹介
Paravi(パラビ)の口コミ・評判は悪い?【使いにくい?使いやすい?】
Amazonプライムビデオの評判・口コミは?
Huluの評判は悪い?実際に利用して感じた所を紹介
オンラインで映画やドラマの視聴ができるNetflix !その評判とは?

現金でAmazonギフトチャージするとどんどんポイントが貯まる。

通常会員なら最大2.0%
Amazonプライム会員なら最大2.5%

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカード GOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカード GOLDも一緒に申し込みましょう!dカード GOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカード GOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

カード特典【ahamo】dカードボーナスパケット特典dカード:プラス1GB/dカード GOLD:プラス5GB
【ahamo】dカード GOLDご利用額10%還元特典(上限300ポイント)毎月のdカード GOLDのご利用金額100円(税込)につき10%
※毎月の進呈上限は300ポイント(カード利用金額3,000円(税込))


10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光利用料の10%のポイントが貯まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカードdカード GOLD
ポイント還元率1%10%
月額利用料15,000円
年間利用額180,000円
ポイント1,800円18,000円
年会費無料11,000円
実質お得額1,800円7,000円
貯まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカード GOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償ラウンジ無料年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカード GOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。 dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

dカード GOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18,000円の節約に!

dカード GOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカード GOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18,000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLD ケータイ補償を利用しています dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

国内・ハワイの主要空港ラウンジが無料!家族4人で往復8,000円分を無料にできる

dカード GOLDは国内・ハワイの主要空港ラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカード GOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1,000円)その家族カードでもラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機の離着陸を暇つぶしに眺めることもできます。

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

パワーアップして返ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカード GOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21,600円分の特典を、年間100万円以上利用していると10,800円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

光熱費やスーパーでの食材など、なるべく全ての支払いをdカード GOLDにまとめることで、月9万円=年間100万円は簡単に突破できますよね?つまり、年会費の10,800円分の特典を受け取るのは余裕で達成できます!ということは、ドコモ・ドコモ光のポイント10倍分を丸儲けできるんです!

あなたもこの機会にdカード GOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

最新スマホの購入

「iPhone12」「iPhone SE(第2世代)」「Galaxy S20」「Xperia 1Ⅱ」など最新スマホ販売中!ストアへはこちらから行けます。

執筆者

執筆者

西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦10念。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。
このブログでは最新のスマホ・ガジェット情報をどこよりも面白くお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です