こんにちは、2016年11月に楽天カードを強制解約されたけーしんです。

ちなみに、厳密に言うと強制解約されたのは「楽天銀行カード」です。強制解約の原因は「楽天カード」のマイページで住所を変更していたのに、「楽天銀行」のマイページで住所を変更していなかったことです。まったく・・・・・オリコカードは普通に引越し前の住所から引越し先の住所へ転送してくれたのに、意味がわかりません。

それは仕方ないとして、やっぱり楽天カードを持っていないと損することって結構あるんですよ。

楽天での買い物でポイントって楽天カードを使うだけで無条件で+3倍、アプリを使えばさらに+1倍になります。通常の5倍ぐらいだったら簡単にポイントを貯めることができるんです。

楽天カードを持っていないと、アプリで買い物をしてポイント2倍ぐらいがせいぜいなところ。やっぱ楽天カードが欲しいなと思いました。

そこで、もう一度楽天カードを申し込んでみることにしました!

一度強制解約しているので審査に受かるかどうかもさっぱり想像つきません。審査に落ちたらなんかいやだな・・・・・・という迷いもありました。

 

けーしん

「でも、主婦・学生でも受かるんだから、ちゃんと働いている自分が落ちるわけがない!」

そう思って今回は再度楽天カードの申し込みをしました。

 

その結果・・・・・速攻で審査に受かりました!!余計な心配をした自分がバカバカしい!

と言うことで、今回はこのことについて、もっと詳しいお話をしていきます。

僕の経験が、この記事を読んでくださっているあなたのお役に立てれば嬉しいです。

僕と楽天カードのこれまでの歩み

まずは僕と楽天カードがどのような歩みをしてきたかご紹介します。

  • 2010年:一人暮らしを始め、通販が増えたので楽天カードを作成
  • 2012年:楽天銀行カードなら、キャッシュカードとクレジットカードが1枚になることを知る。楽天カードを解約し、楽天銀行カードを申しこみ・審査通過
  • 2016年11月:楽天銀行カードの更新ができず強制解約。(住所変更をしていなかったため)
  • 2017年8月11日23時:楽天カード(楽天PINKカード・パンダデザイン)を申し込み
  • 2017年8月12日朝8時26分:審査通過

ということで、楽天カードは3回目の発行となりましたが簡単に審査に通りました。

住所不備による解約は自分の不手際なので仕方がありませんでした。しかし、その強制解約で「楽天側のブラックリスト」に載ったわけでも、信用情報が傷ついたわけでもないようです。

もし、あなたが僕と同じように住所の関係で楽天カードを強制解約されてしまったのなら、めげずにもう1度申し込んでみてはいかがでしょうか?

楽天カードの申し込みをして審査の結果がわかるのはいつ?

楽天カードの審査は基本的に機械審査で行われます。あなたの信用情報がブラックリストに載っていなければ基本的にはすぐに通ります。

機械審査は最短2分で結果がわかります。僕のように深夜に申し込みをした場合は翌朝ということになりますね。

また、未成年の学生(高校生は申し込めないので、大学生や専門学生)が申し込みをした場合は、保護者へ確認の電話が入ります。その後審査結果が出るので、二十歳以上の大人が申し込む場合より審査に時間がかかるので覚えておきましょう。

キャッシング枠の設定で審査が通りにくい!は本当なのか?

僕が今回楽天カードを申し込んだところ、キャッシング枠を0円にしたら上のような画面が出てきました。

キャッシング枠を0円にすると「キャッシング枠を希望すれば2000ポイントあげられるのに、枠を0円にしたらポイントはもらえないよ!」とポップアップが出てくることから、楽天カードはどうやらキャッシング枠をつけさせたいようです。

となるとかつての通説だった「楽天カードはキャッシング枠を0にした方が審査に受かりやすい!」というものは嘘なんじゃないか・・・・・という気もしてきます。

確かにカード会社は「キャッシングとリボ払いで利益を得る」なんていうのは聞いたことがあります。しかし、わざわざキャッシングの申し込みを誘導し、それで審査を落としたら「将来キャッシングを申し込むかもしれなかった人」を審査に落とすことになります。

個人的には「楽天がわざわざ将来会社の利益になる人の審査を落とす必要はない」と思うので、実はキャッシング枠の申し込みはそれほど関係なかったりするのかもしれません。

僕は普通に会社員で、キャッシング枠ありで申し込みをして審査に通りました。(通らなかったら困りますけど)

あなたが学生さんでどうしても審査が心配ならば、キャッシング枠は0にした方が無難です。しかし、社会人として働いていて、信用情報に傷がないのであれば、キャッシング枠を申し込んでポイントをもらっておきましょう!

最後にもう一度「強制解約されても楽天カードの審査に再度通った!」

最後のまとめとして、もう1度改めて言います。

楽天カードを強制解約されても、もう1度申し込んだら審査に通りました!!

ということで、もしあなたも僕と同じように楽天カードの強制解約をされたなら、めげずにもう一度チャレンジしてみましょう!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です