こんにちは、けーしんです。

SONYが最新のフラッグシップスマートフォン【Xperia XZ2】、小型フラッグシップスマートフォン【Xperia XZ2 Compact】を発表しました。

けーしん
XperiaXZ2は前機種XperiaXZ1から大幅に進化しました。

今までずっとXperiaは5年以上代わり映えしないと言われていた中で、ついにデザインを大幅に変更。

スマートフォンでもトレンドとなっている、18:9の縦長液晶を搭載し、大画面で一度の情報を大量に表示できるとともに、Xperia XZ Premiumで不評だった大画面ならではの持ち心地も大幅な改善に成功しました。

Xperia XZ2 CompactはXZ1をの本体サイズを小型にし、スペックはそのまま残したプレミアムコンパクトです。

Xperia XZ2・Xpeira XZ2 Compactの新しい魅力としては

  • CPUがSnapdragon845となり処理性能がパワーアップ
  • 3D機能がインカメラにも搭載され強化
  • スーパースローモーション動画がフルハイビジョン撮影可能
  • スピーカーの強化
  • ワイヤレス充電(Qi)搭載(XZ2のみ搭載、XZ2 Compactはワイヤレス充電なし)
  • 音に振動を加えたダイナミックバイブレーションシステム(XZ2のみ搭載、XZ2 Compactはワイヤレス充電なし)
  • デザインがラウンドフォルムになり、片手で持ちやすくなった
  • 指紋認証が背面になり、使いやすくなった

といったところが挙げられます。

それでは早速XperiaXZ2、Xperia XZ2 Compactの魅力・スペック・発売日等詳しくご紹介していきたいと思います。

目次

Xperia XZ2とXperia XZ1、Xperia XZ2 Compactのスペック比較!

まずはエクスペリアXZ2とXZ1、そしてXZ2 Compactのスペックを比較してみました。

XZ1からXZ2へはバッテリーが480mAhも増加し3180mAhへ。今までよりバッテリーの持ち時間が伸びて、充電の手間や、電池が切れてどうしようとヒヤヒヤするリスクが現象します。

その一方、背面は弧を描くラウンドタイプになっているので、厚さが7.4→11.1mmに増加したのは気になるところ。他のサムスンやファーウェイなどはどんどん薄型軽量化を進めていってるのに対し逆行しています。

さらには、重量が156g→198gと大幅に増えてしまったところは悩みどころです。素材をアルミからガラスに変更したので仕方ないのかもしれませんが、Galaxy Note8の190gよりも重いとなると片手持ちは厳しいかもしれません。(片手持ちしない女性には関係なさそう)

 

Xperia XZ2 Xperia XZ2
Compact
Xperia XZ1
OS Android8.0 Android8.0 Android8.0
本体サイズ 153x72x11.1mm 135x65x12.1mm 148 x 73 x
7.4mm
重量 198g 168g 156g
液晶サイズ 5.7インチ
(18:9縦長液晶)
5.0インチ
(18:9液晶)
5.2インチ
解像度 2160×1080
HDR対応
2160×1080
HDR対応
1920×1080
HDR対応
バッテリー 3180mAh 2870mAh 2700mAh
充電 USB Type-C
(USB 3.1)
QC3.0対応
USB Type-C
(USB 3.1)
QC3.0対応
CPU Snapdragon845 Snapdragon835
クロック数 2.8GHz+1.8GHz
(8コア=4+4)
2.45GHz+1.9GHz
(8コア=4+4)
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 64GB
+microSD
64GB
+microSD
メインカメラ 1920万画素
広角25mm f2.0
1/2.3インチセンサー
1900万画素
広角25mm f2.0
インカメラ 500万画素
広角23mm
f2.2
1/5インチセンサー
1300万画素
広角22mm f2.0
wi-fi 802.11b/g/n/ac 802.11b/g/n/ac
bluetooth 5.0 5.0
防水 あり
指紋認証 あり
虹彩認証 なし

Xperia XZ2・Xperia XZ2 Compactの進化点1:CPUがSnapdragon845になった!

前機種のXperia XZ1のCPUはSnapdragon835を採用していました。そこから順当に進化して、Xperia XZ2・Xperia XZ2 Compactでは、クアルコムの最新CPUSnapdragon845を搭載。

かつてのSONYといえば、「ライバル機種は最新のスナップドラゴンを採用しているのに、なぜかソニーだけ一世代前のものを利用する」なんてこともよくありました。しかし、今回は技術チームがきちんと最新のCPUに対応できたようでよかったです。

Snapdragon845は前モデルのSnapdragon835と比べて、グラフィックス性能は最大30%,CPU性能は最大25%向上します。

真偽のほどは少々不明ですが、海外ではSnapdragon845を利用した端末のAntutuベンチマークスコアが27万点を叩き出したという話も出ています。

iPhoneXのAntutuベンチマークスコアの平均が22万点ほどなので、ついにライバル機であるiPhoneXを上回る性能を有してしまうかもしれません。

CPUやOSが進化し、4、5年前と比べると、XperiaをはじめとしたAndroidもサクサク動くようになりました。とはいえ、やはり「ゲームをするならiPhone」なんて世間では言われているくらい、Androidはグラフィック性能が弱いです。

Xperia XZ2、Xperia XZ2 Compactの登場で、どこまでグラフィック性能がアップして、3D、2Dのゲームが滑らかに動くようになるか楽しみです。

 

 

Xperia XZ2・Xperia XZ2 Compactの進化点2:インカメラでも3D機能を実現!【3D Creator】

ここ最近のスマホ界のトレンドとなっている3D機能。だいたいほとんどのメーカーは2つのレンズ(デュアルカメラ)を利用するのが一般的です。

しかし、XperiaXZ2、XperiaXZ2 Compactでは1つのメインカメラだけで実現します。

 

あなたの顔を簡単に3Dスキャンしデータとして残すことができます。

作ったデータは画像としてSNSアイコンにするもよし、3Dプリンタで小さなオブジェを作るもよしです。

また、インスタ映えするパフェなんかも、3Dで記録してインスタにアップしたらたくさん「いいね!」がもらえそうです。

とはいえ、この【3Dクリエイター】機能は、前モデルのXZ1・XZ1 Compactではメインカメラでしか利用することができませんでした。

これだと、自分の顔を3Dにして遊ぶためには誰かに撮影してもらう必要がありました。でも、それってなかなか難しいですよね?

自分の顔をスキャンして3Dにして送るのもちょっと恥ずかしいですよね?なのにわざわざ、誰かに自分の周りをぐるっと撮影してもらうなんて、心苦しくてお願いできないじゃないですか?

 

そこで今回Xperia XZ2、Xperia XZ2 Compactでは、インカメラで自分の顔を3Dアイコンにできる機能が搭載されました。

これなら、誰に頼らずとも、自力で自分の顔を3Dアバターとして利用できます。

 

「こんなことを、一度自分だけでひっそり楽しんでみたかったけど、自分一人では撮影できないから困っていた・・・・」

という方には朗報ですね!ついにインカメで自力で全部やれちゃいます!

ただ、なぜかインカメラの画素数は1300万画素→500万画素に大幅に減少しています。画質に影響がなければいいですね。

 

Xperia XZ2・Xperia XZ2 Compactの進化点3:スーパースローモーションカメラがフルハイビジョンに対応

この動画は僕がXperia XZsで撮影したスーパースローモーション動画です。

スローで流れている部分はたった0.2秒間を、960fps(秒間960コマ)で撮影したものです。

肉眼では決して見ることのできない、水しぶきの一瞬一瞬の躍動感ある動きを見ることができて非常に楽しいです。

とはいえ、ちょっと画質の荒さが気になります。その理由は、普段YoutubeやNETFLIXなどで見慣れているフルハイビジョンよりもきめ細やかさが足りていない、ハイビジョンの画質で撮影しているからです。

Xperia XZ2、Xperia XZ2 Compacrtではその欠点を払拭するため、フルハイビジョンの精細で色あざやかな画質でスローモーション動画を取れるようになりました。

ペットが走り回る様子や、友人とふざけあっている様子をスローで撮影すると盛り上がることまちがいないのでおためしあれ!

 

Xperia XZ2/Xperia XZ2 Compactの進化点4:Xperia史上最大音量のスピーカー

僕のイメージでは「Xperiaと言えば音質。スマホで音質が良いものと言えばXperia」です。Xperiaを利用する最大のメリットが前面のWスピーカーです。。

Xperia XZ2・Xperia XZ2 Compactは、「Xperia史上最大」となる大音量スピーカーを搭載しています。

ハイレゾの音楽を聞くときはもちろん、YouTubeを見るときやゲームをしてる時も、より良い音で夢中になって楽しめるようになります。

「音」に関してはライバルとなるiPhone8、iPhoneX、Galaxy S8、Mate10 Proよりも圧倒的です。

なお、3.5mmイヤホンジャックが消失し、USB Type-C-3.5mm変換アダプタが付属するのは少々面倒臭いところ。イヤホンジャックを残したフラッグシップはついにGalaxy以外なくなってしまいました。

とはいえ、USB Type-Cにイヤホンが変わったことにより、3.5mmイヤホンジャックよりも高音質のイヤホンが今後登場するかもしれないので楽しみですね。

 

Xperia XZ2/Xperia XZ2 Compactの進化点5:ラウンドフォルムで持ちやすいデザインになった

今までXperiaといえば、カクカクして尖ったデザインが印象的ですが、ついに四隅の角が丸くラウンドフォルムになりました。

また、四隅だけでなく、背面も丸い円を書くようにラウンドしていて、今までアルミ板のように持ちにくかったXperiaが、卵のように手にフィットするようになりました。

僕も以前カクカクしたXperia XZsを利用していた時は、片手で持つと手の平に穴が開くんじゃないかと思うぐらい痛くて辛かった思い出があります。

Xperia XZ2、Xperia XZ2 Compactではついにこの辛さから解放されますね!

 

Xperia XZ2/Xperia XZ2 Compactの進化点6:指紋センサーが背面に移動し使いやすくなった

Xperia XZ2、Xperia XZ2 Compactは指紋センサーが本体背面に移動しました。

今までのXperia XZ1までは、サイドの電源ボタンと一体になっていましたが、正直使いにくくて仕方がなかったです。

特にケースをつけた時、ボリュームボタンのところだけが凹んだ方になっていたので、余計な力が必要でした。僕自身何年間も「Xperiaは気が利かない」なんて言っていましたが、その甲斐あってついに改良されました。僕の声が届いたのかな?

背面にあれば、触れるだけで指紋認証が解除されるので楽チンです。世間では「ちょっと場所がしたすぎるんじゃないの?」という意見もありますが、ここについては使ってみないとわかりません。実際に触ってから報告したいと思います。

 

Xperia XZ2の進化点7:バイブレーションによる音の高次元化(XZ2 Compactには非搭載)

映像や音楽に合わせて、Xperiaが振動するバイブレーションシステムを搭載しています。

おそらくAIが機械学習をして、どういったシーンで震えれば、より臨場感が伝わるのか?といったことをこれからやっていくのかと思われます。

これは実際に利用してみないとわかりませんが、楽しみなところです。

これはXperia XZ2 Compactには搭載されず、Xperia XZ2のみ搭載されます。

 

Xperia XZ2の進化点8:ついにワイヤレス充電【Qi】搭載!(XZ2 Compactには非搭載)

「充電プラグを抜き差しするのが面倒臭い!」という方にとっては念願だった、ワイヤレス充電のQiについに対応しました!

僕は超ド近眼で視力が悪く、コンタクトを外すとなんにも見えません。寝る前にコンタクトを外した後に、スマホの充電をしてないことに気づいたらさあ、大変。手元が全く見えない中で、感覚だけでスマホを充電するのはなかなか難易度の高いものです。

それが、ワイヤレス充電のQiに対応したことにより、充電台に載せるだけで翌朝に充電が完了しているのはとても嬉しいです。

専用の充電台WCH20も発売されますし、僕はもっと安い汎用タイプのQi充電台を利用しています。

どちらにせよ、充電が大幅に楽になることは間違いありません。

 

Xperia XZ2とXperia XZ2 Compactはどちらがおすすめ?

Xperia XZ2とXperia XZ2 Compactの違いは、

  • 画面の大きさ
  • サイズ
  • 重量
  • スピーカー振動システム
  • ワイヤレス充電Qi

です。CPUやメモリ、カメラについては違いがありません。

僕としては、ワイヤレス充電QiがついているXperia XZ2にするか、それともコンパクトで軽量なXperia XZ2 Compactにするかで迷います。

ワイヤレス充電に魅力を感じなければ、断然Xperia XZ2 Compactの方が断然おすすめです。コンパクトで持ちやすいし、それでも画面は5.0インチと十分なサイズがあります。

Xperia XZ2の198gというのは、個人的には少々重いかなと。僕は最近190gのGalaxy Note8を利用していますが、それでも寝る前にゲームをしていると重いと感じます。時々手からポロっと落ちて顔面直撃で痛い思いをすることがあります。

そう考えると、ドコモユーザー、SIMフリーユーザーにはCompactの方がおすすめ、au、ソフトバンクユーザーは選びようがないのでXZ2を使ってください。という感じになりますね。

 

Xperia XZ2・Xperia XZ2 Compactは日本(ドコモ・au・ソフトバンク)でも発売される?発売日はいつ?

ここ最近ずっとXperiaの標準サイズのフラッグシップモデルは、ドコモ・au・ソフトバンク3社で発売されています。

ですので、Xperia XZ2も日本の3キャリアで発売されるでしょう。

発売日は例年5、6月なので、2018年5月〜6月を楽しみに待ちましょう!

しかし、大画面サイズのXZ2 Compactはau・ソフトバンクからは発売されず、ドコモだけとなるでしょうね。

コンパクトなXperiaが欲しい方は、そろそろ諦めてドコモへ移る時期ですよ(笑)

 

機種変するなら絶対にオンラインショップ!

ドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップで機種変更すると頭金という名ばかりの手数料を端末価格に上乗せされたり、つけたくもないコンテンツやオプションを強制的につけられるのでやめましょう。

頭金がなく、自分の好きな料金プランもオプションも選べるのはオンラインショップだけです。絶対にオンラインショップで機種変更しましょう!

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカードGOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカードGOLDも一緒に申し込みましょう!dカードGOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカードGOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光び利用料の10%のポイントが溜まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
月額利用料 15,000円
年間利用額 180,000円
ポイント 1800円 18000円
年会費 無料 10800円
実質お得額 1800円 7200円
溜まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカードGOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償、ラウンジ無料、年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカードGOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。

dカードGOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18000円の節約に!

dカードGOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカードGOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLDケータイ補償を利用しています。

国内線のラウンジが無料!家族4人で往復8000円分を無料にできる

dカードGOLDは国内線のラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカードGOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1000円)その家族カードも本人がラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります。

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機が飛んでるの暇つぶしを確保することもできます。

パワーアップして帰ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカードGOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスのなどから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21600円分の特典を、年間100万円以上利用していると10800円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

光熱費やスーパーでの食材など、なるべく全ての支払いをdカードGOLDにまとめることで、月9万円=年間100万円は簡単に突破できますよね?つまり、年会費の10800円分の特典を受け取るのは余裕で達成できます!ということは、ドコモ・ドコモ光のポイント10倍分を丸儲けできるんです!

あなたもこの機会にdカードGOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカードGOLDのメリット神!リクルートカードプラスを圧倒!

2015.12.06

Xperia XZ2の厳選おすすめケース5選!純正ケースは間違いなくNo.1!

2018.05.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です