スナドラ820にメモリ4GBに防水にハイレゾにQuickCharge3.0に高性能スローモーションカメラ!

ようやくフラグシップとしてふさわしいスペック(本当はスナドラ835の2Kディスプレイで出して欲しかったけど)のスマホを出してきたSONY。

ちょうど機種変のタイミングなので、日本からもドコモ・au・ソフトバンクから出たら必ず買います!という方もたくさんいらっしゃるはず。

今日はそんなあなたのために、一足早く海外で発売されすでに手にした方の英語のレビューをけーしんなりに翻訳してみたら、

  • スローモーションカメラと多少の性能差に魅力を感じたらXZs、
  • スローモーションカメラに魅力を感じず、価格重視ならXZを選ぶべき!

ということがわかりましたので、くわしくご紹介していきたいと思います。

まずはXperia XZsとXperia XZのスペックを復習

とりあえずXperia XZsとXperia XZのスペックを軽く復習しておきましょう。なんとXZとXZsではサイズも重量もバッテリー容量も全く変わりません。XZとXZsの関係はiPhone6とiPhone6Sみたいなもんです。

ガワは一緒で中身のスペック上げて新しく作ったよ!っていう感じですね。メモリの増加、USB Type-CのUSB3.1対応、カメラの進化が主な変化です。

Xperia XZsXperia XZ
OSAndroid7.0Android6.0
本体サイズ146 x 72 x 8.1mm
重量161g
液晶サイズ5.2インチ
解像度1920×1080
バッテリー2900mAh
充電USB Type-C
(USB 3.1)
USB Type-C
(USB 2.0)
CPUSnapdragon820
クロック数2.2GHz(4コア)
メモリ4GB3GB
ストレージ32GB/64GB
+microSD
メインカメラ1900万画素
広角25mm f2.0
2300万画素
広角24mm
インカメラ1300万画素
広角22mm
wi-fi802.11b/g/n/ac
防水あり
指紋認証あり
虹彩認証なし
おサイフケータイ日本版:あり
グローバル版:なし

このスペックをなんとなく頭に入れた上で、実際に使ったところどうだったのか?

日本より一足もふた足も早くゲットした海外の方々のレビュー・評判はどうなっているかみていきましょう。

 

処理速度は同等スペックのGalaxy S7 Edgeを上回り、うまくチューニングできている。

上の動画は海外のYoutuber Phone battelsさんがアップロードした動画です。Galaxy S7 EdgeとXperia XZsを同時に起動、同時に色々なアプリを起動してどちらが処理が早いのか?ということを比べています。

Galaxy S7 Edgeは解像度が2560×1440とXperia XZsより高いものですが、CPUはスナドラ820、メモリは4GBとほぼXperia XZsと同等の性能のスマートフォンです。※Galaxy S7 Edgeは2016年モデル

ゲームの起動はXperia XZsの方が早く(左XZ、右XZs)

ニュースもXperiaの方が処理が早いです。

AntutuベンチマークもGalaxy S7 Edgeが146375なのに対し、Xperia XZsは153204と上を行っています。うまくチューニングできているようですね。ちなみにXperia XZのAntutuベンチマークスコアの平均は136800ほどなので確実にメモリが3GB→4GBに上がった効果がみられます。

クローム(ブラウザ)の読み込み速度もXperia XZの方が早いです。

ちなみに同じ方がXperia XZsとXperia XZの比較動画もアップしています。

もちろんXperia XZ(左)よりもXperia XZs(右)の方がキビキビ動いています。

Youtubeではなく、ブログの媒体でも海外のレビューをると、わずかメモリが3GB→4GBに変わっただけだが、動作が早くなったように感じるといくつかの媒体に買いてありました。

僕もXperia XZが発売された時は、「せっかくエクスペリアのヘンテコカメラが直ったのに、今度はメモリ不足で残念だね。」ということを言っていましたが、ようやくそのメモリ不足が補われたという印象です。

それでもライバルのGalaxy S8/S8+はさらに高性能なCPU「Snapdragon835」を搭載しています。それを考えるとXperia XZsは物足りなく感じるかもしれませんが、XperiaユーザーにとってはそもそもGalaxyは眼中にないでしょう。確実に前機種のXperia XZよりもスペックアップしていて、実際に動かしてみてサクサク動くのであれば文句ありませんね。

 

メモリ4GB・Android7.0のおかげ?バッテリーの持ち時間が長くなった

Xperia XZとXperia XZsではメモリが3GB→4GBになった以外はハード面の変更はありません。バッテリーは同じ2900mAhですし、液晶は5.2インチの解像度が1920×1080です。

しかし、Xperia XZsとXperia XZの使用時間を比べると、少しバッテリーの使用可能時間が伸びています。

Xperia XZsXperia XZ向上率
通話時間
(GSM)
12時間50分11時間40分+10%
待ち受け時間
(GSM)
620時間600時間+3%
通話時間
(UMTS)
17時間30分
待ち受け時間
(UMTS)
610時間
待ち受け時間
(LTE)
590分
音楽再生84時間78時間8%
動画再生11時間30分11時間5%

GSMは日本では使われていない方式なので特に恩恵はありませんが、音楽・動画再生でバッテリーの持続時間が伸びているのは嬉しいことです。

数%の違いですが、音楽再生が6時間も違えば、職場から自宅に到着するまでの間に音楽を聞けるか、何もできないで終わるか変わりますね。

音楽に力を入れているXperiaだけに、音楽の持続時間が伸びるのは良いことです。

 

防水・ビデオ再生・ゲーム全てサクサク動作し問題ない

続いてはJohn SeyさんがXperia XZsをレビューしている動画です。

動画もゲームもサクサクスムーズに動くというのは間違いないようです。こちらは映画をみている時の様子。映像が滑らかです。

次はゲームをしている時の様子。3Dのアクションゲームでも全く問題なくサクサク動いています。

色々な所のレビューをみても、XperiaZ4の時のように熱くて使えたもんじゃない!というレビューはありませんでした。あの時の教訓を生かして緩やかにスペックアップする方針にしたんでしょうね。

今回のXZsは大丈夫そうです。

 

その一方、Xperia XZsをデザインがダサいので微妙とする意見も

ここまではかなり肯定的な意見でしたが、少しデメリットの部分もお話しします。まずはデザインです。英語圏では直球に「古いデザイン」と言われています。

そりゃそうですよね。XperiaZどころか、Xperia acro HDからほとんど変わっていないんですから。

この背面下のオムツを履いているように見える部分は本当にどうにかしてほしいですよね?

ちなみに逆にいうと最先端のデザインとは、Galaxy S8

Xiaomi Mi MIX

LG G6

これらの端末のようにベゼルが少なく、スマホの本体がほぼディスプレイである端末のことです。こうやって並べてみると圧倒的にベゼルが大きく時代遅れであることがわかります。

まあ、でもiPhone7もベゼルは大きいので日本人はあまり気にしなさそうな部分でもあります。

 

発熱でカメラが止まる

エクスペリアのカメラあるあるなので、もうそこまで気にしないと思うんですが、発熱でカメラが止まります。

Xperia XZs/Premiumで実装されたMotion Eye、及びそれが可能にしたスローモーションカメラは非常に面白いものですが、かなりハードな処理をしているようです。

Xperia XZsが熱くなってしまったので、冷めるまで待ってくださいというメッセージが流れます。

問題の部分は6分14秒からです。SONYのスマホではXperia Z4から見覚えのある熱でカメラが止まる現象です。

実際に手にしないとわからない部分ですが、このスローのモーションカメラをどれだけ使うと、端末が熱くなって使えなくなるのか?これが一つのキモとなりそうです。

カメラにノイズが乗る

Xperia XZではカメラにノイズが乗ってしまいがちだと言われていましたが、その現象がXZsでも直っていないようです。

上の動画はXperia XZsとGalaxy S8のカメラを比較したものです。

まずは上のインテリア。(1:46)「G」の部分に着目するとXperia XZsのノイズがすごいことになっています。

この機関車トーマスのキャラの・・・・なんでしたっけ?これはそんなに差がないです。

続いてペットのインコちゃんを撮ったっ時(2:46)これも一見大差ないように見えますが

拡大すると、毛の1本1本がざらついた感じになっています。(スマホだと変わらないかもしれませんが、Youtubeの動画をパソコンで見るとわかります)

とはいうものの、夜景だってきれいに撮れていますし

XZsの方が広角で広く撮れるというメリットもあります。

カメラなんてスマホでパッと見たときにきれいであればいいや。パソコンで大画面にして拡大してノイズが云々なんて語らないよ。

という方はXZsのカメラで問題ないかと思われます。

 

大好評の960fpsスーパースローモーションカメラ!これは面白い

やはりXperia XZsで一番好評なのは960fpsのスーパースローモーションカメラです。この機能がXZsの醍醐味と言っても過言ではありません。

以下の動画をクリックすると、スーパースローモーションの動画がすぐに始まるので、順番に再生していってください。

この960fpsの超スローモーションカメラで自分の可愛いペットを撮影したら絶対楽しいですよ。

猫の走り出す瞬間とか、ジャンプする瞬間とかそういうのを超スローで眺めてみたいものです。

まとめ:様々なレビューを総評して

ここまで海外情報を元にXperia XZsって結局どうなの?ということをしてきましたが、「最終的に買いなのか待ちなのか?」という話をしたいと思います。

前作のXperia XZとハード的には目立って変わった部分は少ないですが、メモリが3GB→4GBになりより動作が安定した部分、Motion Eyeカメラでスローモーションが撮れる部分に魅力を感じるならXZsは買いですね。

逆に防水・ハイレゾ・おサイフケータイ・国産のスマホを安く手に入れたいのなら、Xperia XZsが出た後にXperia XZをMNPで購入すれば一括0円+キャッシュバックもあるかもしれません。

純粋にキャリアで機種変更する時も、XZsよりはXZの方が安くなると思われます。

価格・月額料金の情報についてはドコモ・au・ソフトバンク3社から発表され次第記事にしていきます。

ちなみに僕は最新のフラッグシップ端末を発売当初に買ってなんぼと思っているタイプなので、Motion Eyeに魅力を感じるならXZsの購入をおすすめします。

ちなみに、Xperia XZsはすでに海外のSIMフリー版は発売されています。

技適の問題はありますが、そんなもん気にしねーぜ!という方は今すぐ購入しちゃいましょう!

ExpansysでXperia XZsを購入するならこちらをクリック!EtorenでSIMフリー版XperiaXZsを購入するにはこちらをクリック!

<関連記事>

Xperia XZ Preimum/Xperia XZsのSIMフリー版が早くもExpansys・Etorenで販売開始!

Xperia XZs(SO-03J、SOV35)のケースのおすすめは?やっぱ純正が一番かっこいい!

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカード GOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカード GOLDも一緒に申し込みましょう!dカード GOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカード GOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光利用料の10%のポイントが貯まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカードdカード GOLD
ポイント還元率1%10%
月額利用料15,000円
年間利用額180,000円
ポイント1,800円18,000円
年会費無料11,000円
実質お得額1,800円7,000円
貯まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカード GOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償ラウンジ無料年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカード GOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。

dカード GOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18,000円の節約に!

dカード GOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカード GOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18,000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLD ケータイ補償を利用しています

国内・ハワイの主要空港ラウンジが無料!家族4人で往復8,000円分を無料にできる

dカード GOLDは国内・ハワイの主要空港ラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカード GOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1,000円)その家族カードでもラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機の離着陸を暇つぶしに眺めることもできます。

パワーアップして返ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカード GOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21,600円分の特典を、年間100万円以上利用していると10,800円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

光熱費やスーパーでの食材など、なるべく全ての支払いをdカード GOLDにまとめることで、月9万円=年間100万円は簡単に突破できますよね?つまり、年会費の10,800円分の特典を受け取るのは余裕で達成できます!ということは、ドコモ・ドコモ光のポイント10倍分を丸儲けできるんです!

あなたもこの機会にdカード GOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカード GOLDのメリット神!リクルートカードプラスを圧倒!

dカード GOLDの審査の申し込みをして、開通までの期間は?審査基準も徹底解説!

ドコモユーザーなら、家のインターネットは当然ドコモ光にしてますよね?

あなたがドコモ回線を使っているなら、自宅のインターネットの固定回線も当然ドコモ光に変えて、全部ドコモでまとめていますよね?

また、自宅に固定回線(インターネット回線)を引いていなくて、ドコモのスマホだけで通信をしているのであれば、自宅にドコモ光を引いてみるのはどうでしょう?

毎月のスマホ代が割り引かれるので、トータルで考えると月額料金はそこまで高くありません。そして、家にいる間の通信はWiFiに切り替えれば、通信量を無駄に使わずに動画を見放題なんてこともできます。

僕はドコモ光を契約して、Wi-Fiで乃木坂の動画をずっと見ていることもあります。Amazonプライムビデオでドラマを一気見するのも、通信量を全く気にせず快適に楽しめます。

もしあなたが固定回線を引いていない状態、またはフレッツ光を使っている状態であれば、GMOとくとくBBドコモ光にするだけでこんなメリットがありますよ。

  1. 月々で最大5,700円の割引がある
  2. 通信速度が早い!(遅いドコモ光と早いドコモ光があります)
  3. 高性能な無線LANルーターを無料でレンタルできる!
それではこれらのことについて、さらに詳しくお話ししますね!

月々最大5,700円割引

ドコモ光自体の料金はマンションの場合でプロバイダー込み月4,000円、戸建で月5,200円ですが、そこからさらにドコモの携帯料金が月々最大5,700円割引になります。

だいたいどこのご家庭でも、フレッツ光からドコモ光に変えるだけで月額料金が1,000〜2,000円は安くなることが多いです。そうなると欲しかったあの最新のスマホも毎月の負担が増えることなく買えますよね?

さらにdカード GOLDを持っていれば、ドコモ光の利用料金の10%のポイントももらえてしまうんです。

ドコモの利用料金の割引額はプランによって違うので、まずは割引シミュレーターを使ってどれくらい安くなるかを確認してみましょう。

実は通信速度が速い

ドコモ光を検索すると、速度が遅いという不満が書かれていることがあります。 これはドコモ光の通信速度がプロバイダーに依存しているからです。

ドコモ光を申し込むなら、快適な通信速度を重視してそれを売りにしているプロバイダーを選ぶのがおすすめです。



【GMOとくとくBB】というプロバイダーはv6プラスという新しい通信方式を採用しているので速度が早いです。

しかも毎月全国都道府県にいるモニターに速度チェックさせてホームページで実測値を公開しているという力の入れようで、速度に関してはここが一番安心でしょう。

実測値で下り200~300Mbpsもの速度が計測されています。 上記の速度は2016年12月〜2017年6月の12ヶ月の全国平均です。最新の速度についてはGMOとくとくBBドコモ光の公式サイトで確認しましょう!

高性能ルーターを毎月無料でレンタル

もしあなたがGMOとくとくBBドコモ光を契約して、スマホの月額料金が安くなり、速度も快適なったとしましょう。それでも、無線LANルーター(Wi-Fiルーター)がないとあなたのネットライフが快適にならないですよね?

パソコンならまだ優先でつなぐ方もいると思いますが、スマホは無線LAN(Wi-Fi)じゃないと固定回線につなぐことができません。そしてパソコンでも、僕が使っているMacbookは優先のネットをつなぐケーブルがありません。

また、もし無線LANルーターを持っていたとしても、高性能の無線LANルーターを持っていないと、せっかくのドコモ光の快適な速度を生かすことができません。

低速のルーターだとビュンビュン早い快適な速度を殺してしまうだけなので、1Gbps対応クラスが欲しいところです。1Gbps=1000Mbps対応クラスのルーターは普通に買うと1万円ほどします。これを買うとなるとちょっと痛い出費ですよね?

GMOとくとくBBドコモ光であれば、1Gbps対応で購入すると1万円ほどするルーターを無料でレンタルしてくれます。1万円は浮くし、スマホで好きな動画も見放題で楽しいネットライフがあなたを待っています。

GMOとくとくBBはWEBから申し込めばWEB限定のキャンペーンもやっていますし、 ショップで機種変更するときのように無駄な待ち時間もありません。

お店で契約すると待ち時間は2−3時間取られますし、ドコモショップにきてくれたついでだからということで、アマゾンなら5,000円で買えるSDカードを10,000円でおすすめされることもあります。

待ち時間もなく、ついでに不要なものをオススメされたりしない、ネットから必ず申し込むようにしましょう!

最新スマホの購入

執筆者

執筆者

西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦10念。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。
このブログでは最新のスマホ・ガジェット情報をどこよりも面白くお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です