ドコモ・au・ソフトバンク(ワイモバイル)の対応周波数帯一覧

こんにちは、けーしんです。

今回はドコモ・au・ソフトバンクの対応周波数(バンド)一覧を作りました。

いつも自分でブログを書いては検索し、書いては検索しと面倒臭いので、自分がわかりやすく使いやすいように作っています(笑)

ドコモ・au・ソフトバンク(ワイモバイル)のLTE周波数帯一覧

700MHz800MHz900MHz1.5GHz1.7GHz2.0GHz
バンド28バンド
18/26
バンド19バンド8バンド11バンド21バンド3バンド1
NTTドコモ
au
ソフトバンク
(ワイモバイル)

それぞれ各社の周波数帯ですが

  • ドコモのLTE周波数は、Band28(700MHz)、Band19(800MHz)、Band21(1.5GHz)、Band3(1.7GHz)、Band1(2.0GHz)
  • auのLTE周波数は、Band28(700MHz)、Band18/26(800MHz)、Band11(1.5GHz)、Band1(2.0GHz)
  • ソフトバンク(Y!Mobile)の周波数帯はBand8(900MHz)、Band3(1.7GHz)、Band1(2.0GHz)

となっています。

この中でSIMフリースマートフォンを使うのは、大抵ドコモかソフトバンクですよね?

auは格安SIMもMVNO事業者もほとんど利用していないので実質2強状態です。

上の表を見るとワイモバイルは利用してる周波数の種類は少なく、かつ海外のSIMフリースマートフォンでもフル対応しているものが多いので使いやすいな〜という印象です。

また、あとで詳しく説明しますが、よっぽどの田舎でなければドコモを使うときはBand1(2GHz)とBand19(800Mhz)に対応していればOKです。

ドコモ・au・ソフトバンク(ワイモバイル)の3G周波数帯一覧

800MHz900MHz1.5GHz1.7GHz2.0GHz
バンド
クラス0
バンド
6/19
バンド8バンド11バンド4バンド
クラス6
バンド1
NTTドコモ
au
ソフトバンク
(ワイモバイル)

ドコモ・au・ソフトバンク各社の3Gの周波数帯はこの通りです。

  • ドコモの3G周波数は、Band6/19(800MHz)、Band1(2.0GHz)
  • auの3G周波数は、Band Class0(800MHz)、Band Class6(2.0GHz)
  • ソフトバンク(Y!Mobile)の3G周波数はBand8(900MHz)、Band11(1.5GHz)、Band4(1.7GHz)、Band1(2.0GHz)

auはCDMAという世界的に見ても特殊な規格を使っているので、SIMフリースマホで使うことはできません。というか、最近のauスマホですら3Gは使えなくなっていることが多いので、そのうち使えなくなるでしょう。

また、ドコモの800MHz帯に関してはFOMAプラスという名前で有名です。LTEの電波が入っていない超ド田舎における生命線を担っているのがこのFOMAプラスです。

FOMA+として残っているのはバンド6なので、あなたが地方在住でSIMフリースマホを購入するのであれば、3GのBand6が対応しているかチェックすると良いですね!

 

「iPhone12」「iPhone SE(第2世代)」「Galaxy S20」「Xperia 1Ⅱ」など最新スマホ販売中!ストアへはこちらから行けます。

ドコモで使うときはBand1さえ対応していればなんとかなる説?

ガジェット好きの中で飲みながら話をして盛り上がるのが、海外端末を購入したときはBand1さえ使えればなんとかなるということです。

もちろん輸入端末やSIMフリースマホを購入するときは、なるべく多く日本のバンドに対応していた方が安心です。

しかし、ど田舎ならまだしも、関東で使うのであれば、Band1さえ対応してればなんとかなるよね?というのが多くのガジェヲタの共通認識です。

確かにドコモのSIMを差して、なんの電波を掴んでいるのか確認すると・・・・・

ドコモで使うときはBand1さえ対応していればなんとかなる説?-1

バンド1であることが多いです!

あとは、バンド19の800MHz帯プラチナバンドをつかむこともありますが・・・・・

ドコモで使うときはBand1さえ対応していればなんとかなる説?-2

現実的にドコモのBand28(700MHz)はほとんど利用されていません。Band21(1.5GHz)も地方都市の一部、Band3(1.7GHz)も東名阪の一部ということで、実際全国を網羅しているのはBand1(2.0GHz)とBand19(800MHz)なんです。

個人的には、この2つに対応していればドコモの回線は楽々使えます。

ここ最近ガジェヲタの物欲を賑わせるXiaomi端末はBand1には対応していますが、Band19に対応していないことが多いです。ただBand1(2GHz)とBand8(700MHz:プラチナバンド)に対応しているのが多いので、ワイモバイルの方が向いているかもしれません。

現金でAmazonギフトチャージするとどんどんポイントが貯まる。

通常会員なら最大2.0%
Amazonプライム会員なら最大2.5%

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカード GOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカード GOLDも一緒に申し込みましょう!dカード GOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカード GOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

カード特典【ahamo】dカードボーナスパケット特典dカード:プラス1GB/dカード GOLD:プラス5GB
【ahamo】dカード GOLDご利用額10%還元特典(上限300ポイント)毎月のdカード GOLDのご利用金額100円(税込)につき10%
※毎月の進呈上限は300ポイント(カード利用金額3,000円(税込))


10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光利用料の10%のポイントが貯まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカードdカード GOLD
ポイント還元率1%10%
月額利用料15,000円
年間利用額180,000円
ポイント1,800円18,000円
年会費無料11,000円
実質お得額1,800円7,000円
貯まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカード GOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償ラウンジ無料年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカード GOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。 dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

dカード GOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18,000円の節約に!

dカード GOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカード GOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18,000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLD ケータイ補償を利用しています dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

国内・ハワイの主要空港ラウンジが無料!家族4人で往復8,000円分を無料にできる

dカード GOLDは国内・ハワイの主要空港ラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカード GOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1,000円)その家族カードでもラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機の離着陸を暇つぶしに眺めることもできます。

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

パワーアップして返ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカード GOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21,600円分の特典を、年間100万円以上利用していると10,800円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

光熱費やスーパーでの食材など、なるべく全ての支払いをdカード GOLDにまとめることで、月9万円=年間100万円は簡単に突破できますよね?つまり、年会費の10,800円分の特典を受け取るのは余裕で達成できます!ということは、ドコモ・ドコモ光のポイント10倍分を丸儲けできるんです!

あなたもこの機会にdカード GOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

最新スマホの購入

「iPhone12」「iPhone SE(第2世代)」「Galaxy S20」「Xperia 1Ⅱ」など最新スマホ販売中!ストアへはこちらから行けます。

執筆者

執筆者

西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦10念。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。
このブログでは最新のスマホ・ガジェット情報をどこよりも面白くお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です