こんにちは、けーしんです。

僕は最近、密かに楽しみにしていることがあります。

それは、「ソニーが1インチのモバイル端末向けイメージセンサー【IMX700】を開発していて、来年(2019年)Xperia XZ4に初搭載する。」というものです。

今の一文をタイピングするだけで、指が震えるくらい楽しみです。

かつて4、5年前に、Xperia Zの発売前のリーク情報で「Xpria Zは1インチの巨大センサーを搭載するらしい!やばいぞ!」と話題になったのですが、いざ蓋をあけると(今までのスマホ向けセンサーより巨大化された)1/2.3インチセンサー搭載(コンパクトデジカメと同じサイズ)というオチでした。

当時の僕は、仕事が嫌で嫌で仕方なくて、1インチセンサー搭載のXperia Zの発売を楽しみにすることだけが生きがいでしたが、あえなく夢は散りました(笑)

そんな昔を思い出すように「1インチセンサー IMX700とXperia XZ4の噂」がここにきて浮上しています。

RX100M4に搭載されているイメージセンサーをモバイル向けに改良するとのことです。

ここ数年時代遅れスマホしか作っていないSONYの起死回生に期待したいところですが、果たしてどうなることやら・・・

スポンサードリンク

1/1.7型センサーIMX600ですらHUAWEI P20 Proに先を越されている

ソニーはファーウェイと合同で1/1.7インチセンサー「IMX600」を開発しました。

当然SONYのフラッグシップスマートフォン「Xperia XZ2/XZ2 Premium」に搭載されてくると思いきや、HUAWEIのP20 Proが先に搭載して発表してしまいました。

Xperia XZ2 Premiumは1/2.3インチセンサー「IMX400」搭載というがっかりな結果に。SONYはいまだにIMX600搭載のスマートフォンを発表していません。

その一方、IMX600を搭載した「HUAWEI P20 Pro」は各所で絶賛されています。

それこそ、ソニーの1インチ高級コンデジ「RX100」が不要になってしまうくらい写真が綺麗に撮れると評判です。

XperiaシリーズでもIMX600を搭載していれば、世間の評価は違っていたかもしれないのに非常に勿体無いなと感じます。

スポンサードリンク

1/2インチ「IMX586」をXperiaXZ3で搭載せず!Xperiaは自社のセンサーの処分端末ですか?

また、ソニーは2018年7月に1/2型のモバイル向けイメージセンサー「IMX586」を発表していますが、2018年冬春モデルのXperia XZ3に搭載されたのは1/2.3インチセンサーです。

IMX586は1/2インチに有効4800万画素を詰め込んでいて、IMX400よりもはるかに期待を持てるセンサーです。

これだけ自社でセンサーを開発しているのに、自社の製品のXperiaには搭載しません。SONYは不思議な会社ですよね?

他社に最新センサーをそれなりの価格で販売し、自社端末では余った世代遅れのセンサーを搭載し在庫処分しているのでは?とも疑いたくなります(笑)

とはいえ、元々Xperiaは採算が取れず、売れば売るほど赤字という噂もあります。

表向きには「あと3年頑張って黒字化を目指す」と言っていますが、裏では粛々とXperia事業を縮小させ、モバイルはセンサー屋さんのポジションだけ残るというのが確定しているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

1インチセンサー「IMX700」はソニーの「Xperia XZ4」に期待するより、HUAWEIの「P30 Pro」に期待しよう!

僕は過去に何度も、SONYに期待しては裏切られという経験をしています。流石に慣れっこです(笑)

そして、もはやSONYには期待しないことにしています。きっとXperia XZ4もとりあえず5G通信にだけ対応させて、カメラセンサーは1/2.3インチのIMX400でくるんじゃないですかね?

よくても1/2インチのIMX586で「4000万画素に対応です!カメラがXperia XZ2に比べて格段に綺麗になりました!」って言ってきそうです。

それよりも、常に上を目指し、技術革新が続くHUAWEIのP30 Proに期待しています。

P20 Proは2018年4月6日にグローバル版に発売されたので、P30 Proも2019年の4月ぐらいでしょうか?

ファーウェイは漢字で「華為技術」と書きます。中国が国の威信をかけて作っているスマートフォンです。「中国メーカーか・・・・・」と言いたい気持ちもわかりますが、もはや仕方ないかなと思います。

2017年までのHUAWEI製のスマホなら、「ハイハイ、またファーウェイお得意のステマで騙すんですか」っていう仕上がりでしたが、2018年のP20 Proが出て全くの別物となりました。

2019年のP30 Proも当然期待しようと思います。

スポンサードリンク

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカードGOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカードGOLDも一緒に申し込みましょう!dカードGOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカードGOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光び利用料の10%のポイントが溜まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
月額利用料 15,000円
年間利用額 180,000円
ポイント 1800円 18000円
年会費 無料 10800円
実質お得額 1800円 7200円
溜まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカードGOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償、ラウンジ無料、年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカードGOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。

dカードGOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18000円の節約に!

dカードGOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカードGOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLDケータイ補償を利用しています。

国内線のラウンジが無料!家族4人で往復8000円分を無料にできる

dカードGOLDは国内線のラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカードGOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1000円)その家族カードも本人がラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります。

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機が飛んでるの暇つぶしを確保することもできます。

パワーアップして帰ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカードGOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスのなどから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21600円分の特典を、年間100万円以上利用していると10800円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

光熱費やスーパーでの食材など、なるべく全ての支払いをdカードGOLDにまとめることで、月9万円=年間100万円は簡単に突破できますよね?つまり、年会費の10800円分の特典を受け取るのは余裕で達成できます!ということは、ドコモ・ドコモ光のポイント10倍分を丸儲けできるんです!

あなたもこの機会にdカードGOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカードGOLDのメリット神!リクルートカードプラスを圧倒!

2015.12.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です