こんにちは、けーしんです。

この記事ではMate20 Proの不具合・問題点・既存ユーザーからの不満点をまとめています。

スポンサードリンク

グリーンスクリーン問題

グローバルでは発売から数日経過し、もっとも顕著で深刻なのが「グリーンスクリーン問題」です。

画面端から緑色の光がダダ漏れになっていますね。

主な現象としては「黒色」を発色するときに、エッジスクリーン付近が緑色に変色しているというものです。

とはいえ、灰色でも若干グリーンスクリーン現象が起こっています。黒色の時より深刻ではありませんが、背景をグレーのしているニュースサイトを閲覧するときに気になりそうです。

 

HUAWEIは「仕様」との見解

メーカーであるHUAWEIは「【仕様】であるが、問題がひどい場合はカスタマーセンターに連絡するように」との見解を出しました。

 

 

HUAWEIの見解

Mate 20 Proは業界をリードするフレキシブルなOLED(有機EL)スクリーンを採用しています。これは、異なる角度から見た場合、わずかな変色を引き起こす可能性があります。

非常に暗い照明条件では、画面の明るさが低すぎる場合や暗い壁紙を使用する場合、これらの違いが誇張される可能性があります。カラーキャストがあなたの通常の使用に影響を与える場合は、電話を許可されたカスタマーサービスセンターに持ってきてください。

Mate20 Proでは、Galaxy S9のようなエッジディスプレイを採用しています。

なので、「画面の明るさを下げたり、暗い壁紙(黒に近い色)を利用すると、エッジが施されているOLEDパネルはちょっとだけ変色することがある」というのがHUAWEI側の意見です。

とはいえ、あまりにもひどい場合はカスタマーサービスに電話して連絡するようにとのことです。

 

とはいえ事態は少しずつ進展しています。HUAWEIの公式フォーラムを見ると修理だったり交換対応が始まっているようです。(投稿者さんは、不良品を購入したのだから修理で引き下がってはダメ。必ず交換を勝ち取るようにと進めています)

 

問題はLG製スクリーン搭載のLYA-L09(シングルSIM)が大半!LYA-L29(デュアルSIM)が安心か?

同様にフォーラムを見る限り、問題はシングルSIM版のLYA-L09という型番で起こっているのが大半です。

Mate20 ProにはLYA-L09(シングルSIM)とLYA-L29(デュアルSIM)の2種類があり、問題が多発しているLYA-L09はLG製のスクリーンを使用しています。

ちなみに問題の少ないLYA-L29は中国のBOE製です。BOE製でもグリーンスクリーン問題の報告がゼロではありませんが、それでも影響は非常に少ないようです。(HUAWEIの見解どおり、角度や条件によっては色が変わって見えるということだと思われる)

おそらくHUAWEIの初期対応としては、BOEスクリーンを搭載したLYA-L29を確認して「これぐらい、エッジが入った有機ELの仕様じゃないか」という認識だったのかもしれませんね。

LGは過去に他端末でも同様の問題を引き起こしていて、HUAWEIファンからは「HUAWEIはなぜLGのスクリーンを採用したんだ!」と悲鳴が上がっています。

海外スマホをサクッと個人輸入できるEtorenでは、問題の少ないBOE製スクリーンを採用した【LYA-L29】が販売されています(デュアルSIM)。

Mate20 Proが欲しいけど、グリーンスクリーン問題が・・・と心配な方は、Etorenで購入するのをお勧めします。

 

 

カメラの白飛びが目立つ(?)

Mate20 Proは光が白飛びしやすい。これは僕がTwitterでフォローしている「Skyblueさん」のご意見。

蛍光看板は何が何だかさっぱりというぐらいに白く飛んでしまっています。

この問題、Skyblueさん以外の意見があまり見あたらず、たまたまなのかとも思いました。

 

しかし、海外のYouTubeの動画を探すと、やはりMate20 Proは明るい光が白飛びしやすいということがわかります

これはMate20 ProとiPhoneXSのカメラを比較した画像です。

電話ボックスの奥の室内のライトが、Mate20 Proはちょっと明るく飛んでいます。

 

とはいえ、白飛びが関係ない場面ではMate20 Proの描写力は圧倒的です。霧がかかって見えにくい場面でも、iPhone XSよりもはるかに建物を詳しく描写できています。

 

こちらはMate20 ProとiPhoneXSとGalaxy Note9を比較した1枚。iPhoneXSとMate20 Proでは建物の看板が白飛びしています。

 

とはいえ、逆に白とびさえなければMaste20 Proは最強のスマホカメラです。

iPhoneXSやGalaxy Note9ではぼやけてしまって表現できないBARの店内の様子までもが詳細にわかります。

こう比較して見ると、白飛びは僅かな欠点ともいえます。個人的には、何らかの方法で、白飛びしにくい設定をプリセットできればベストだと思うんですがね〜

スポンサードリンク

 

スリープ時・ロック時の通知アイコンがわかりにくい

これは大きな問題ではなく、HUAWEUが搭載している独自UI「EMUI9.0」の仕様です。

 

メールを受信した時のスリープ時の画面を、EMUI9.0(Mate20 ProはこのOS)とサムスンの端末で比較しています。

サムスンの端末ではメールアイコンが表示されていて、未読メールがあることが一目でわかります。その一方、HUAWEIのMate20 Proではメールのアイコンが画面に表示されないので、メールが来ているのか、そうでないのかわかりません。

 

サムスン端末はスリープボタンを押すと、メールの通知画面が表示されるのに対し

Mate20 Proはロック解除の画面が表示され、誰からどんなメールが来たのかを確認することができません。

とはいえこれは、今までGalaxyやPixelなど他のAndroid端末を利用していた人が、ファーウェイに乗り換えたことでちょっと不便に思っていることです。

個人的には、時刻を確認したくてスマホの画面を見たのに、ついついメールが来ていたことに気づき、ダラダラ時間を過ごすよりも、メールの通知があること自体がわからない方がいいかなと思います。

また、万が一誰かに見られちゃいけなかったり、誤解されやすいメールが来ていた時に、簡単にはバレにくいという長所もあるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

グリーンディスプレイさえ解決されればほぼ死角なし!

今回は、HUAWEIのフラッグシップスマートフォン「Mate20 Pro」の不具合や不満点についてまとめました。

  • グリーンディスプレイ問題
  • カメラ白飛び問題
  • 通知問題

という3つを挙げました。

通知問題は僕は気になりません。HUAWEIもわざわざ対応しないorスリープ時の表示をする・しないを任意で選べるようするというところですが、おそらく対応しないと個人的に予想します。

細かな点ですし、個人的には通知が出ない方が嬉しいです(笑)

カメラ白飛び問題も多少気になるところではありますが、白飛びさえしなければカメラの写りはピカイチなので問題ないかと感じます。

グリーンスクリーン問題については、Etorenで販売されているLYA-L29(デュアルSIM)であれば安心できそうです。

ここまで考えると、不具合や不満点もごく僅かで、カメラの性能がライバル機種とは桁違い。さらには、他端末へのリバース充電機能やAntutu30万点を超える圧倒的な性能など、楽しく使える端末と言えるのではないでしょうか。

Etorenは不具合があった際も日本語で対応してくれるので、何かあった時も安心です。(Galaxy Note7のリコール発表時は、Etorenが日本国内で取り纏めをした。結局その後、爆発問題で返金となりました)

安心を取るならばEtorenでデュアルSIMモデル(LYA-L29)を手に入れるのがおすすめです!

<関連記事>

P20 Pro(Mate20 Pro)か高級1インチセンサーデジカメRX100 M6を買うか非常に迷った時に読みたい記事

2018.11.05

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカードGOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカードGOLDも一緒に申し込みましょう!dカードGOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカードGOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光び利用料の10%のポイントが溜まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
月額利用料 15,000円
年間利用額 180,000円
ポイント 1800円 18000円
年会費 無料 10800円
実質お得額 1800円 7200円
溜まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカードGOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償、ラウンジ無料、年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカードGOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。

dカードGOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18000円の節約に!

dカードGOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカードGOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLDケータイ補償を利用しています。

国内線のラウンジが無料!家族4人で往復8000円分を無料にできる

dカードGOLDは国内線のラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカードGOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1000円)その家族カードも本人がラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります。

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機が飛んでるの暇つぶしを確保することもできます。

パワーアップして帰ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカードGOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスのなどから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21600円分の特典を、年間100万円以上利用していると10800円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

光熱費やスーパーでの食材など、なるべく全ての支払いをdカードGOLDにまとめることで、月9万円=年間100万円は簡単に突破できますよね?つまり、年会費の10800円分の特典を受け取るのは余裕で達成できます!ということは、ドコモ・ドコモ光のポイント10倍分を丸儲けできるんです!

あなたもこの機会にdカードGOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカードGOLDのメリット神!リクルートカードプラスを圧倒!

2015.12.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です