iPhoneXS/iPhoneXRをiPhone8/iPhoneXと徹底比較!【スペック・防水性能・本体価格等】

こんにちは!けーしんです

いま新しいiPhoneを購入する場合、思い切って最新の「iPhoneXS/iPhoneXR」にするか、価格もねらい目な「iPhone8/iPhoneX」にするか迷ってしまいませんか?

どうも今回の新型である「iPhoneXS/iPhoneXR」がいまひとつピンと来ないので、「iPhone8/iPhoneX」で妥協する方も多くなるような気がしています。

というか、ホームボタンが残っているiPhone8を購入しようか、価格が安い大画面のiPhoneXRにしようかと悩んでいると実際に相談もかなり受けています。

そこで今回は、最新の「iPhoneXS/iPhoneXR」と「iPhone8/iPhoneX」を徹底的に比較することで、あなたにピッタリなiPhoneをご紹介していきます。

目次

iPhoneXS/iPhoneXR/iPhone8/iPhoneXのスペックを比較

 iPhone XS XR 8 X
OS iOS 12 iOS 11
本体サイズ 143.6
x70.9
x7.7mm
150.9
x75.7
x8.3mm
138.4
x67.3
x7.3mm
143.6
x70.9
x7.7mm
重量 177g 194g 148g 174g
画面サイズ 5.8インチ 6.1インチ 4.7インチ 5.1インチ
表示 有機EL 液晶 液晶 有機EL
解像度 2436×1125 1792×828 1334×750 2436×1125
最大
通話時間
20時間 25時間  14時間 21時間
充電 30分で50% ワイヤレス
CPU A12 A11
メモリ 4GB 3GB 2GB 3GB
ストレージ 64/256
/512GB
64/128
/256GB
64
/256GB
64
/256GB
メイン

カメラ

広角
28mm f1.8
1200MP標準
52mm f2.4
1200MP
広角
28mm f1.8
1200MP
 広角
28mm f1.8
1200MP
 広角
28mm f1.8
1200MP標準
52mm f2.4
1200MP
インカメラ  32mm  f2.2 700MP
wi-fi  802.11b/g/n/ac
防水  IP68  IP67
3D Touch あり なし あり あり
Face ID あり あり なし あり
Touch ID なし なし あり なし
指紋認証 なし なし あり なし
発売日  9月21日 10月26日 2017年に発売済み

4機種のうち「iPhoneXS」と「iPhoneX」が今年と去年のハイエンドモデルで、「iPhoneXR」と「iPhone8」が廉価版というかセカンドモデルのような感じになっています。

そこで、次は4機種を

  • 新「iPhoneXS」と「iPhoneX」
  • 新「iPhoneXR」と「iPhone8」
  • 新「iPhoneXR」と「iPhoneX」

の3パターンに分けて比較していきたいと思いますので、迷っている方は参考にしてください。

 

iPhoneXSとiPhoneXを比較

まずハイエンドに位置する「iPhoneXS」と「iPhoneX」の違いを分かりやすく説明していきましょう。

  • 有機ELディスプレイ
  • Face ID(顔認証)とアニ文字・ミー文字
  • デュアルカメラ

はどちらも共通しています。

 

iPhoneXSとiPhoneXのサイズ・重量を比較

  • iPhone XS:143.6×70.9×7.7mm 177g
  • iPhone X:143.6×70.9×7.7mm 174g

本体サイズは全く変わりません。iPhoneXSの方がiPhoneXよりも一円玉3枚分重いですが誤差みたいなものです。

 

iPhoneXSとiPhoneXの通信速度を比較

「iPhoneX」の受信最大速度が594Mbpsなのに対し、「iPhoneXS」の受信最大速度は1Gbps(1000Mbps)近くもあります。いまの日本ならまだ4Gなので、約200Mbpsもあれば十分でしょう。

この1Gbpsという速度はまさに5Gのために対応させたものでしょう。 10月からアメリカでは5Gネットワークが開始されますし、日本でも2020年には300Mbpsくらいから上を目途に5G通信が始まる予定なので、「iPhoneXS」はまさに未来を見据えた機種という事になりますね。

 

iPhoneXSとiPhoneXの防水性能を比較

iPhone XSは水深1mでも30分は耐えられるというIP67でした。「iPhoneX」に限らず「iPhone8」もIP67の防水性能でした。

「iPhoneXS」は水深2mまでなら2時間以上も耐えられるというIP68に向上しています。プールや海などでiPhoneを使う機会が多いスポーツ選手には嬉しい向上性能ですね。

 

iPhoneXSとiPhoneXのカメラを比較

「iPhoneXS」のカメラに、ポートレートモードの深度コントロールがつきました。 ポートレートモードでは、撮影後でも背景のボケ具合をコントロールできるようになっています。

この深度とは被写界深度(ピントの合う距離範囲)のことで、深度を浅くすれば被写体以外をぼかすことができます。 また、深度が深くすると手前から奥までピントが合うので、切れ味の鋭い画になります。

いっぽう「iPhoneX」のポートレートモードでは、深度をコントロールすることこそ不可能ですが、デジタル処理で疑似的なボケを作ることができます。とはいえ、iPhoneXSの方がより一眼レフライクな画質に近づけるので、カメラにこだわる方はiPhoneXSがおすすめですね。

 

iPhoneXSとiPhoneXのCPUパフォーマンスを比較

「iPhoneXS」のCPUが新しく「A12 Bionic」にパワーアップしました。「A11」をもつ「iPhone X」よりパフォーマンスが15%ほど向上。グラフィックの処理速度に関しては50%ほど高速化しています。スマホゲームやこれからのVR・ARにパワーを発揮してくれるでしょう。

加えて、電力の消費も約50%抑えられるようになり、バッテリー持ちも改良されています。

また、「iPhoneXS」のTrueDeapthが改良され、FaceID(顔認証)の解除速度も速くなっています。

 

iPhoneXSとiPhoneXの実質価格(月額料金)を比較!

auの実質価格 iPhoneXS iPhoneX
64GB 63,600円 64,080円
256GB 81,840円 73,200円
512GB 106,800円

*auで毎月割を実施した場合における24か月払いの実質価格です。

64GBの場合はiPhoneXSでもiPhoneXでも実質価格がほとんど変わりません=月額料金もほぼ同じなのでiPhoneXSの方が良いですね。

256GB版は価格が8000円ほど変わってきますが、24分割すると月333円ほどの違いです。

 

ドコモ
の実質価格
iPhoneXS iPhoneX
64GB 69,984円 68,040円
256GB 88,128円 86,184円
512GB 112,752円

*ドコモの場合、月々サポートを適用した場合の実質価格です。

iPhoneXSとiPhoneXでほとんど差がない状態です。

 

ソフトバンク
の実質価格
iPhoneXS iPhoneX
64GB 68,400円 65,520円
256GB 77,520円 74,640円
512GB 90,000円

*ソフトバンクの場合、48か月払いの半額サポートつきで25か月後に端末回収および機種変更する場合の実質価格です。

iPhoneXSとiPhoneXで3000円の違いしかないのであれば、断然iPhoneXSですね!

<iPhoneの予約はもっともお得なオンラインショップで!>

公式⇒ドコモオンラインショップ

公式⇒auオンラインショップ

公式⇒ソフトバンクオンラインショップ

トータル的にiPhoneXを選ぶくらいならiPhoneXSが圧倒的おすすめ!

iPhoneXSとiPhoneXは、サイズや重量・ましてやキャリアの実質価格もほとんど変わりません。

その中で、iPhoneXSは処理性能がアップしたり、通信速度がアップしたり、防水性能がアップしたりと確実にパワーアップしています。

これからどうせ買うなら「iPhoneXS」のほうが圧倒的におすすめです!

<iPhoneの予約はもっともお得なオンラインショップで!>

公式⇒ドコモオンラインショップ

公式⇒auオンラインショップ

公式⇒ソフトバンクオンラインショップ

 

iPhoneXRとiPhone8を比較

次に「iPhoneXR」と「iPhone8」の違いをみていきましょう。

 

iPhoneXRとiPhone8のディスプレイを比較

新しい「iPhoneXR」は本体が「iPhone8」よりほんの少し大きいだけですが、「iPhoneXR」はベゼルレス化によって表面のほとんどがディスプレイになっています。

  • iPhoneXR・・6.1インチ
  • iPhone8・・4.7インチ

「iPhoneXR」の6.1インチというディスプレイの大きさは、もはや「iPhoneXR」はファブレット(スマホとタブレットの間)に分類されると思います。

いっぽう「iPhone8」の4.7インチは、4.1インチとコンパクトな「iPhoneSE」より少し大きいだけです。

 

iPhoneXRとiPhone8の人体認証を比較

「iPhoneXR」の人体認証といえば、前の「iPhoneX」より進化したFace ID(顔認証)を採用していますが、「iPhone8」は従来のTouch ID(指紋認証)を伝承しています。

 

iPhoneXRとiPhone8のカメラを比較

「iPhoneXR」も「iPhone8」もカメラは共にシングルなのですが、「iPhoneXR」には「iPhoneXS」と同じく深度コントロールがついていて、いろんなボケ効果を楽しむことができます。 また「iPhoneXR」には、3つのエフェクト(自然光・スタジオ照明・輪郭強調)が備わったポートレートライティングもあります。

 

iPhoneXRとiPhone8のパフォーマンスを比較

「iPhoneXR」のCPUも新しく「A12 Bionic」に変わったために、「A11」を備える「iPhone8」よりパフォーマンスで15%ほど、グラフィックの処理速度も電力の省エネも50%くらい向上しています。

 

iPhoneXRとiPhone8のアニ文字・ミー文字を比較

「iPhoneXR」には「iPhoneX」で話題になったアニ文字に加え、新たにミー文字も追加されています。 どちらも3D顔認識機能を使い、アニ文字はユーザーの表情を動物のキャラクターに、ミー文字はユーザーの表情を自分に近い顔に反映させて、SNSなどで共有して楽しめる機能です。

もちろん「iPhone8」では顔認識がないので使えません

 

iPhoneXRとiPhone8のカラーバリエーションを比較

「iPhoneXR」にはイエローとかブルーとか、iPhoneでは非常に珍しいカラーも採用されています。 合計で6つもカラーバリエーションがあるのですが、その理由として「iPhoneXR」が廉価版だからこそ高級感より親しみやすさを優先させたのではないかと思います。

いっぽう、「iPhone8」はブラック・シルバー・ゴールドの3色です。

 

iPhoneXRとiPhone8の実質価格を比較

auの実質価格 iPhoneXR iPhone8
64GB 45,720円
128GB
256GB 54,840円

*auで毎月割を実施した場合における24か月払いの実質価格です。

ドコモ
の実質価格
iPhoneXR iPhone8
64GB 19,440円
128GB
256GB 38,232円

*ドコモは月々サポートを適用した場合の実質価格が未発表です。

ソフトバンク
の実質価格
iPhoneXR iPhone8
64GB 43,200円
128GB
256GB 52,320円

*ソフトバンクの場合、48か月払いの半額サポートつきで25か月後に端末回収および機種変更する場合の実質価格です。

現在のところ3大キャリアは「iPhoneXR」の実質価格をまだ発表していません。 しかし、公式の価格でいうと「iPhoneXS」が1150ユーロ(約15万円)で、「iPhoneXR」が850ユーロ(約11万円)なのでおおよその見当はつきます。

ドコモでいうと、最低モデルの実質価格が約4万5千円あたりになるので、「iPhoneXR」の価格は「iPhone8」の倍以上します。 おそらくauやソフトバンクも「iPhoneXR」の発売時にはドコモと同じような価格になるはずです。

で、その「iPhoneXR」に「iPhone8」の2倍の価値があるかというと、とてもそうは思えません。

逆に、「iPhone8」はドコモで争奪戦や在庫切れがすでに発生している状況なので、ドコモの「iPhone8」にするなら急いだ方がいいですよ!

 

iPhoneXRとiPhoneXを比較

最後に「iPhoneXR」と「iPhoneX」の違いも見ていきたいと思います。 こちらは新旧と優劣が入り交じり、どちらが優れているとも言い難いものがあります。

  • Face ID(顔認証)とアニ文字・ミー文字
  • デュアルカメラ

の2つは共通しています。

 

iPhoneXRとiPhoneXのパフォーマンスを比較

廉価版とはいえ「iPhoneXR」は新しいCPUの「A12 Bionic」を採用したため、「A11」採用の「iPhoneX」よりパフォーマンスで15%ほど、グラフィックの処理速度や電力の省エネも約50%優れるという皮肉な結果になっています。

 

iPhoneXRとiPhoneXのカラーバリエーションを比較

先述のとおり「iPhoneXR」にはカラーバリエーションが6色もあります。 いっぽう、「iPhoneX」はブラックとシルバーの2色のみです。

 

iPhoneXとiPhoneXのディスプレイを比較

「iPhoneX」はiPhone史において有機ELディスプレイの先駆けです。 黒を漆黒に正しく表現できる正確な色再現性やコントラストに加え、バックライトを必要としない省エネルギー性能は、IPS液晶ではとうていかなわないものです。

 

iPhoneXとiPhoneXのカメラを比較

「iPhoneX」は広角と標準の2つを持つデュアルカメラを備えていますが、「iPhoneXR」は広角のカメラしかありません。 遠くの景色などをよく撮るという場合は「iPhoneX」に限ります。

 

iPhoneXRとiPhoneXの実質価格を比較

auの実質価格 iPhoneXR iPhoneX
64GB 64,080円
128GB
256GB 73,200円

auで毎月割を実施した場合における24か月払いの実質価格です。

ドコモ
の実質価格
iPhoneXR iPhoneX
64GB 68,040円
128GB
256GB 86,184円

ドコモの場合、月々サポートを適用した場合の実質価格です。

ソフトバンク
の実質価格
iPhoneXR iPhoneX
64GB 65,520円
128GB
256GB 74,640円

先にもお伝えしましたが、「iPhoneXR」の実質価格がまだ不明ですが、予想したところでは4万5千円あたりではないかと思います。 「iPhoneX」の価格が現状のまま推移すると、「iPhoneX」の価格は「iPhoneXR」の1.5倍ということになります。

iPhoneXRがおすすめなユーザー

  • 出費を節約したい
  • カラーバリエーションが気に入っている
  • とにかく最新がいい
  • カメラは1つで十分

という方は「iPhoneXR」の発売まで待ってみるのもいいかと思います。

 

iPhoneXがおすすめなユーザー

  • 有機ELが好き
  • カメラがデュアル

2つしか優れたポイントがないものの、有機ELとデュアルカメラはスマホの性能を大きく左右する重大ポイントなので捨てがたいものがあります。

有機ELとデュアルカメラが欲しいのなら少し高くても「iPhoneX」がおすすめです。

<iPhoneの予約はもっともお得なオンラインショップで!>

公式⇒ドコモオンラインショップ

公式⇒auオンラインショップ

公式⇒ソフトバンクオンラインショップ

携帯キャリア(docomo・au・ソフトバンク)の機種変更は120%オンラインショップがお得!



新しいiPhoneに機種変更するなら、絶対に各キャリアのオンラインショップで行うようにしましょう!

というのも、街のドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップなどで機種変更をすると、手数料が余計に取られるからです。



ドコモの場合、オンラインショップで機種変更すれば、頭金(5000〜10000円)、事務変更手数料(2000円)が無料になります。

au、ソフトバンクの場合、頭金(5000〜10000円)が無料になります。

その上、店員さんに話しかけられたり、店員さんが捕まらなかったりと面倒臭い手続きは必要ありません。

さらに、ショップでよくある強制オプションやコンテンツも皆無です。自分が欲しいと思ったものだけを契約できるんです。数ヶ月後にオプションを外し忘れて、請求高くてびっくり!なんてこともありません。

ドコモ オンラインショップ 実店舗の ドコモショップ
待ち時間 届くのを待つだけ 最短1時間、 混んでいれば4時間越えも
交通費・移動時間 場所による
オプション 自分で選べる 強制加入
コンテンツ なし 強制加入
頭金 無料 5000円〜10000円
事務手数料 無料 2000〜3000円
料金プラン 自分で選べる ほぼ指定
店員との会話 なし (スマホさえあればOK) あり (わからないことを聞ける)
 
au・ソフトバンク オンラインショップ 実店舗の au・ソフトバンクショップ
待ち時間 届くのを待つだけ 最短1時間、 混んでいれば4時間越えも
交通費・移動時間 場所による
オプション 自分で選べる 強制加入
コンテンツ なし 強制加入
頭金) 無料 5000円〜10000円
事務手数料 2000〜3000円 2000〜3000円
料金プラン 自分で選べる ほぼ指定
店員との会話 なし (スマホさえあればOK) あり (わからないことを聞ける)


こうやって表にまとめてみると一目瞭然ですね。

必ず、各オンラインショップで機種変更をするようにしましょう

キャリア版の予約は各公式オンラインショップがもっともお得

⇒公式:ドコモオンラインショップはこちらをクリック

⇒公式:auオンラインショップはこちらをクリック!

⇒公式:ソフトバンクオンラインショップはこちらをクリック!

携帯キャリア(docomo・au・ソフトバンク)の機種変更は120%オンラインショップがお得!



新しいiPhoneに機種変更するなら、絶対に各キャリアのオンラインショップで行うようにしましょう!

というのも、街のドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップなどで機種変更をすると、手数料が余計に取られるからです。



ドコモの場合、オンラインショップで機種変更すれば、頭金(5000〜10000円)、事務変更手数料(2000円)が無料になります。

au、ソフトバンクの場合、頭金(5000〜10000円)が無料になります。

その上、店員さんに話しかけられたり、店員さんが捕まらなかったりと面倒臭い手続きは必要ありません。

さらに、ショップでよくある強制オプションやコンテンツも皆無です。自分が欲しいと思ったものだけを契約できるんです。数ヶ月後にオプションを外し忘れて、請求高くてびっくり!なんてこともありません。

ドコモ オンラインショップ 実店舗の ドコモショップ
待ち時間 届くのを待つだけ 最短1時間、 混んでいれば4時間越えも
交通費・移動時間 場所による
オプション 自分で選べる 強制加入
コンテンツ なし 強制加入
頭金 無料 5000円〜10000円
事務手数料 無料 2000〜3000円
料金プラン 自分で選べる ほぼ指定
店員との会話 なし (スマホさえあればOK) あり (わからないことを聞ける)
 
au・ソフトバンク オンラインショップ 実店舗の au・ソフトバンクショップ
待ち時間 届くのを待つだけ 最短1時間、 混んでいれば4時間越えも
交通費・移動時間 場所による
オプション 自分で選べる 強制加入
コンテンツ なし 強制加入
頭金) 無料 5000円〜10000円
事務手数料 2000〜3000円 2000〜3000円
料金プラン 自分で選べる ほぼ指定
店員との会話 なし (スマホさえあればOK) あり (わからないことを聞ける)


こうやって表にまとめてみると一目瞭然ですね。

必ず、各オンラインショップで機種変更をするようにしましょう

キャリア版の予約は各公式オンラインショップがもっともお得

⇒公式:ドコモオンラインショップはこちらをクリック

⇒公式:auオンラインショップはこちらをクリック!

⇒公式:ソフトバンクオンラインショップはこちらをクリック!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です