こんにちは、けーしんです。

新しくお子さんにスマホを持たせたいと思った時、機種はiPhoneにするのがおすすめです。

特に女子中高生の場合、最新機種かどうかなんてことは関係ありません。iPhoneかそうじゃないかが非常に重要です。

変にケチってiPhoneじゃないスマホを持たせると、お子さんから何年間もグジグジ言われて、家庭内不和になる可能性だってあります。

とはいえ、通信料は今の日本ではかなり家計を苦しめる要因です。できる限りお子さんに持たせるスマホ代は安く抑えたいところ。

そこで今回は2019年の学割を利用してiPhoneをお得に持たせる方法を紹介します。

docomoユーザーのご家庭ならこれ!月々280円!docomo withのiPhone 6S

親御さんがドコモユーザーであれば、お子さんの回線は子回線として月280円でiPhone 6Sを持たせられます。

 

また、25歳以下のお子さんの新規契約があればdポイントが2500ポイント付与されます。同時にご家族も新規加入すれば人数x2500ポイントになります。

 

本体の購入価格は42768円です。24分割で支払っても毎月の支払いは2084円〜と大きな負担にならないのが嬉しいですね。(280×1.08+1782=302+1782=2084)

 

店頭で購入すると、頭金やら手数料やらでオンラインショップよりも1万円以上も本体価格が上乗せされてしまうので注意してください。

ちなみに未成年はドコモオンラインショップで契約することができませんが、親御さんが契約し、お子さんを名義人にすることで学割が適用となります。

ドコモオンラインショップで学割を適用するにはどうすれば良いのか?【2019年版】実際に聞いてみた!

2018年3月5日

 

UQモバイルはファミゼロ学割で最大5ヶ月間基本料が無料!

UQモバイルは新中高生が最大5ヶ月、学生と家族は最大3ヶ月基本料が0円になる「ファミゼロ学割」を実施しています。

詳細は以下の通りです。

ちなみに平常時の価格は端末代込みで2570円〜です。(13ヶ月後からは1000円+税が加算)

個人的には後述するワイモバイルの方が料金もわかりやすいですし、パケットもたくさん使えるのでおすすめです。

\\以下のリンクから限定!iPhoneも対象//

 

 

ワイモバイルはiPhone6Sが一括540円で購入可能!1年間は1980円〜で9GB利用できる

 

ワイモバイルでは学割対象者(5−18歳)でもそうでなくても、iPhone 6Sをたったの540円で購入可能です。さらに、学割対象者であれば1年間(最大13ヶ月間)は1980円(消費税を入れると2138円)で9GBのパケット容量を利用することができます。

14ヶ月以降は月額料金がプラス1000円となりますが、それでも9GB使えると考えるとかなりお得ですね。

 

ワイモバイルも店頭で申し込むとオプションを強制されることがあります。ワイモバイルオンラインストアではそのようなことは一切ないので、オンラインストアでお得にiPhone 6Sを申し込みましょう!

 

ドコモユーザーはdocomo withのiPhone6s、それ以外の方はワイモバイルのiPhone 6Sがおすすめ

今回はこれからスマホを持たせる親御さんむけに、どこでiPhoneを購入すれば毎月の負担がそれほど増えないのか?ということを念頭に紹介してきました。

ドコモユーザーの家庭であれば、素直に通信料が月々280円〜のdocomo with対象のiPhone 6Sがおすすめです。

それ以外の回線、auやソフトバンク、または他の格安SIMなどを利用しているのであれば、一括540円でiPhone6Sを購入できるワイモバイルがおすすめです。

 

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカードGOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカードGOLDも一緒に申し込みましょう!dカードGOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカードGOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光び利用料の10%のポイントが溜まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
月額利用料 15,000円
年間利用額 180,000円
ポイント 1800円 18000円
年会費 無料 10800円
実質お得額 1800円 7200円
溜まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカードGOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償、ラウンジ無料、年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカードGOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。

dカードGOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18000円の節約に!

dカードGOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカードGOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLDケータイ補償を利用しています。

国内線のラウンジが無料!家族4人で往復8000円分を無料にできる

dカードGOLDは国内線のラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカードGOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1000円)その家族カードも本人がラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります。

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機が飛んでるの暇つぶしを確保することもできます。

パワーアップして帰ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカードGOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスのなどから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21600円分の特典を、年間100万円以上利用していると10800円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

光熱費やスーパーでの食材など、なるべく全ての支払いをdカードGOLDにまとめることで、月9万円=年間100万円は簡単に突破できますよね?つまり、年会費の10800円分の特典を受け取るのは余裕で達成できます!ということは、ドコモ・ドコモ光のポイント10倍分を丸儲けできるんです!

あなたもこの機会にdカードGOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカードGOLDのメリット神!リクルートカードプラスを圧倒!

2015年12月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です