Android Oneとは?Nexusと何が違うの?

Android Oneとは?Nexusと何が違うの?

 

先日ワイモバイルから

日本初のAndroid Oneスマートフォン

「507SH」が発売されることが話題となりました。

 

ところでアンドロイドワンってなんなのでしょうか?

調べてみるとグーグルが設計しているスマホ

ということが出てきますが、

「でも、これシャープのスマホでしょ?」

ということで、話がよくわからなくなることもあるかと思います。

 

また、グーグルが作るスマホということならば、

ガジェヲタが大好きなNEXUSシリーズがあります。

これとは何が違うのでしょうか?

 

今日はAndroidOneとはなんなのか?

ネクサスシリーズと何が違うのか?

ということを紹介していきたいと思います。

アンドロイドワンとは何か?

 

Andrid Oneとはグーグルがスマホメーカーに

スマホ本体のハード面、スマホのOSなどのソフト面

これら両面をGoogleがサポートしながら、

安価で高品質なデバイスを生み出し、

常に最新のOSと最新のセキュリティーを使って

安心して使えるようにしましょうよ。

というものです。

 

もともとアンドロイド自体が、

Googleが作っているOSなのですが、

大抵の場合、Googleが作ったOSに加え

スマホメーカーがふんだんに独自仕様を加えています。

 

もしあなたがアンドロイドのスマートフォンを持っていたら、

アプリ一覧を見てみて欲しいのですが、

Android標準のアプリに加えて、

スマホメーカーやキャリアの

独自アプリがふんだんに入っていると思います。

 

普通に連絡先のアプリがあるのにドコモ電話帳があったり、

Androidの標準ブラウザは今Chromeなのに、

さらにもう一つブラウザアプリが入っていたり、

エクスペリアなんだかアプリとか、

シャープ簡単なんとかかんとかとか・・・・・

 

とにかくスマホの初期状態でもいろんなアプリケーションが入っていて、

ホーム画面もメーカーによってそれぞれ個性があり、

カメラに関しても、食事モードとか、美肌モードとか、

インスタぽく撮れるモードとか付いていると思います。

 

それらは全部、シャープ、ソニー、サムスン、富士通、京セラなどのスマホメーカーや、

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルなどのキャリアが独自仕様で

AndroidのOS自体をカスタマイズしてしまっている場合が多いのです。

 

そうなるとGoogleがアンドロイドOSのアップデートを行った時に、

そのアップデート内容に合わせて、

自分たちの独自アプリやカスタマイズが動くように

毎回毎回修正をする必要が出てきます。

 

これにはかなり人件費も時間もかかります。

そしてアップデートが遅くなり、

世界中で新しいOSの新機能を使って楽しんでいる中、

日本でだけアップデートが来ないということが起こります。

 

そんなことが起こるくらいなら、

「俺たちがソフトは全部作ってやるから、

お前らメーカー側は余計な調整するな!

その代わり常に最新OS配ってやるよ!」

とGoogleが常に最新OSを配布する形をとったのが

アンドロイドワンです。

Nexusと何が違うの・・・・・?

 

ただ正直、これではNexusと何が違うのかがわかりません。

NexusだってGoogleが選んだメーカーが

Googleの望んだ仕様に合わせてハードを作り、

ソフト面は素のAndroidOSが入っています。

最新のアップデートもすぐにきます。

 

じゃあ全部あれもこれもNEXUSシリーズってすればいいじゃん!

と思います。

僕もネットで色々探していてそう思いました。

 

しかし、Nexusシリーズと違うことは

アンドロイドワンは圧倒的に端末価格が安く

スペックも抑えめに作られているということでです。

 

NEXUSシリーズはミドル〜ハイエンドですが、

Androidワンはロー〜ミドルエンドです。

 

今回日本で発売される507SHも実質1−2万円で販売される予定で、

とにかく価格を抑えた中で高品質なものを意識したモデルとなっています。

 

NEXUS 5Xに搭載されている

トレンド要素の指紋認証などは搭載していません。

 

流行の要素を取り入れつつ、

ミドル〜ハイエンドの端末がNEXUSシリーズ。

余計な機能をそぎ落とし、

低価格で高品質なものを作ったのがAndroidOneという感じです。

 

 

「iPhone12」「iPhone SE(第2世代)」「Galaxy S20」「Xperia 1Ⅱ」など最新スマホ販売中!ストアへはこちらから行けます。

Android Oneで世界展開も可能に?

 

今まで日本のスマホメーカーは

日本の環境に合わせて日本向けにカスタマイズをしていたため

グローバル展開できないものが多かったです。

(日本メーカーでグローバル展開されているのはソニーのXperiaぐらいですね)

 

そこへ今回のシャープや、富士通・京セラといった日本のメーカーも

世界基準で使える素のAndroidが手に入り、

自分たちで更新のたびに修正を行う必要がないのであれば、

海外で売ることも視野に入ってくるでしょう。

 

Android Oneで日本のスマホ界の復興、

撤退してしまったメーカーの復活があると嬉しいですね。

自宅にいるからこそたくさんの映画やアニメ・ドラマを見よう!

初心者におすすめ!VOD料金比較!
U-NEXTの評判・口コミは悪い?2年間利用したリアルな声を紹介
Paravi(パラビ)の口コミ・評判は悪い?【使いにくい?使いやすい?】
Amazonプライムビデオの評判・口コミは?
Huluの評判は悪い?実際に利用して感じた所を紹介
オンラインで映画やドラマの視聴ができるNetflix !その評判とは?

現金でAmazonギフトチャージするとどんどんポイントが貯まる。

通常会員なら最大2.0%
Amazonプライム会員なら最大2.5%

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカード GOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカード GOLDも一緒に申し込みましょう!dカード GOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカード GOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

カード特典【ahamo】dカードボーナスパケット特典dカード:プラス1GB/dカード GOLD:プラス5GB
【ahamo】dカード GOLDご利用額10%還元特典(上限300ポイント)毎月のdカード GOLDのご利用金額100円(税込)につき10%
※毎月の進呈上限は300ポイント(カード利用金額3,000円(税込))


10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光利用料の10%のポイントが貯まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカードdカード GOLD
ポイント還元率1%10%
月額利用料15,000円
年間利用額180,000円
ポイント1,800円18,000円
年会費無料11,000円
実質お得額1,800円7,000円
貯まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカード GOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償ラウンジ無料年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカード GOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。 dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

dカード GOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18,000円の節約に!

dカード GOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカード GOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18,000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLD ケータイ補償を利用しています dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

国内・ハワイの主要空港ラウンジが無料!家族4人で往復8,000円分を無料にできる

dカード GOLDは国内・ハワイの主要空港ラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカード GOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1,000円)その家族カードでもラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機の離着陸を暇つぶしに眺めることもできます。

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

パワーアップして返ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカード GOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21,600円分の特典を、年間100万円以上利用していると10,800円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

光熱費やスーパーでの食材など、なるべく全ての支払いをdカード GOLDにまとめることで、月9万円=年間100万円は簡単に突破できますよね?つまり、年会費の10,800円分の特典を受け取るのは余裕で達成できます!ということは、ドコモ・ドコモ光のポイント10倍分を丸儲けできるんです!

あなたもこの機会にdカード GOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

最新スマホの購入

「iPhone12」「iPhone SE(第2世代)」「Galaxy S20」「Xperia 1Ⅱ」など最新スマホ販売中!ストアへはこちらから行けます。

執筆者

執筆者

西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦10念。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。
このブログでは最新のスマホ・ガジェット情報をどこよりも面白くお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です