けーしん

こんにちは、けーしんです!

今回ドコモの2017年夏モデルとして発表されたタブレット「d-01J(dTab Compact)」を購入したのでレビューします。

僕の感想としては、「ストレージが16じゃなくて32GBだったら本当に最高だったのに。でも、このスペック・この品質で1万円で購入できるなら安すぎる!」というものです。

dTab CompactはHUAWEIという中国のメーカーが「MediaPad M3」という商品をベースにドコモ向けに改良したモデル。しかし、そのクオリティは国産のタブレット以上です。

「ゲームはしないし、動画しか見ないから、ストレージなんて16GBで十分!」という方や「microSDを入れれば問題ない!」という方には間違いなくおすすめできるタブレットです。

目次

dTab Compact (d-01J)のスペック

d-01J dTab Compact
OS Android6.0
(Android7.0対応予定)
液晶サイズ 8.4インチ
解像度 2560×1600 WQXGA
サイズ 216x124x 7.6mm
重量 325g
バッテリー 4980mAh
充電 microUSB
CPU Kirin 950
2.3GHz+1.8GHz
オクタコア
メモリ 3GB
ストレージ 16GB+microSD
 メインカメラ 800万画素
インカメラ 800万画素
防水 なし
テレビ
(ワンセグ/
フルセグ)
共に非対応
セキュリティ 指紋認証
カラバリ GOLD、SHILVER

dTabCompact d-01Jは8.4インチの動画視聴に力を入れたタブレットです。

harman/kardonの高品質オーディオで、YouTubeやdTV、Huluなどもより快適に楽しめます。

CPUのKirin950は楽天モバイルのhonnor8に搭載されていたものと同様です。複数のアプリもサクサク快適にこなせます。

dTab Compact(d-01J)の本体価格・月額料金・端末価格・発売日

発売日

2017年5月25日

NTTドコモの2017年夏モデルとして発売されました。

 

dTab Compact (d-01J)の端末価格

 新規・機種変更
端末代金 10368円
(432円x24ヶ月)
端末サポート込み
月々サポート 32,400円
(-1350円x24ヶ月)
実質額 −22,032円
毎月の実質支払額 -918円/月

本来の価格は45,360円ですが、端末購入サポートで34,992円の値引きがなされます。13カ月以内の解約・機種変更・休止にはサポート解除料がかかるので注意。とりあえずその間使い続ければ問題ありません。

しかし、一括で購入しても本体価格が1万円、分割で買うともはやマイナスと言う破格のタブレットです。

僕は一括で購入しましたが、1万円で買ったのにとってもお得すぎると言う印象です。

ベースとなっているMedia Pad M3は3万3千円ほどします。さらにSIMの契約等面倒くさいです。ドコモでdTabを買えば一発で完結します。

ドコモオンラインショップ以外で購入すると、新規の場合頭金(5000円ほど)、機種変更の場合は事務手数料と頭金(7000円ほど)が上乗せしてかかります。

dTab Compact(d-01J)の購入場所よる価格の差
購入場所 ドコモショップ ドコモ
オンラインショップ
契約種類 新規 機種変更 新規 機種変更
端末代金 10368円
頭金 5,000円 無料
事務手数料 3,000円 2,000円 3,000円 無料
合計 18,368円 17,368円 13,368円  10,368円 

どう考えてもオンラインショップで買ったほうがお得ですよね?

 

dTab(d-01J)の月額料金

わざわざこの機種のためにドコモと契約する方はいないと思うので、子回線の料金のみ書いておきます。

分割 一括
基本料
(データプランタブ)
1836
プロパイダ 324
シェアオプション 540
端末分割代
(24分割)
432 0
(一括購入のため)
月々サポート -1350円
合計 1,782円 1350円

分割の場合は月々1782円、一括の場合は1350円です。

一括でサクサク動く高性能なタブレットを購入できて、今の月額料金にたった+1350円すればいいって激安じゃないですか?

先ほどもお話しましたが、ドコモオンラインショップ以外で購入すると大損なので気をつけてくださいね!

 

さっそく外観からチェック!

左からXperia XZs、dTab Compact、Galaxy S8+

それでは早速dTab Compact(d-01J)の外観からチェックしていきましょう!僕は今回ゴールドを購入しました。

正面からみた様子。最近のスマホをそのまま大きくしたようなスタイルです。

底面には充電・データ送信用のmicroUSB、スピーカー、sim・microSDスロットがあります。

e-SIM採用という事で、SIMカードが無くなるのかと思っていたのですが、普通にありました。SIMカードを取り出さずとも情報を書き込めるというだけで、SIMカードがなくなった訳ではないようです。

今までと違ってSIMの背面は青です。

(ちなみにこのSIMを他のドコモ端末やSIMフリー端末に差したら通信できましたし、従来のドコモのSIMをd-01Jに差しても通信できました。(やるときは自己責任でね!))

左サイドはボタン等何もなし。最近の流行ですね。この面を下にしてスタンドを使うのが適しています。

右サイドはボリュームとスリープボタン。

ボタン1つ1つにも高級感があります。日本製品も頑張って・・・・・

上面にはスピーカーとイヤホンジャック。上面と底面のWのスピーカーのおかげでなかなか音質が良いものになっています。

裏面はアルミ一面で触ると高級感があります。下部には「harman/kardon」の文字が。音響システムはハーマンの血が混ざっています。

せっかくなので、mi Pad3(ほぼiPad mini4と同じ大きさ)と並べてみました。

アスペクト比が16:9とスマホと一緒なので縦に長く、横にちょっと短いです。電子書籍はipad mini4やmi Pad3などの4:3の画面が、YouTubeやHuluなどを楽しむならdTabなどの16:9が向いていかると思います。

とはいうものの、電子書籍だって快適に読めるのでご安心を。

 

内容物はタブレット本体とスタンド、保証書だけ

ちなみに箱の中身はこんな感じでした。余計なものは入れず、タブレット本体と、スタンド、保証書、あとはシムピンぐらいですね。

スタンドはこんな感じでテーブルに置いておけるので意外と便利そうです。

 

指紋認証のスピードが早く快適!

dTab(d-01J)には指紋認証のボタンが画面の下にあります。

これはぱっと見Galaxy S7 Edgeのホームボタン兼指紋認証ボタンを思い出しますが、ちょっと違います。

ロック解除状態で指紋認証キーをタッチすると戻る、長押しでホームとなります。

どうしてもこの指紋認証をホームと勘違いしてタップしてしまいます。そのまま長押しすればいいだけなのになかなかうまく行きません。ちょっと慣れが必要そうですが、1週間もあれば馴染むでしょう。

しかし、指紋認証は一瞬で、ミスもなかなかしません。快適そのものです。

 

Antutuスコアは88822を叩き出す!iPhone6Plus、iPadmini4並みの処理性能!

Antutuのベンチマークスコアは88822点でした。ちなみにこれは購入3日後の数値で、購入してすぐベンチマークをとったら84000点ほどでした、ほおって置いたら少し上がりましたね。

購入後や初期化後・アップデート後は何か色々動いているようなので、動作が安定しないと思ったら一晩は置いてみるのをオススメします。

これぐらいの数値だと、iPhone6・iPhone6PlusやiPad mini4クラスの性能ですね。これが1万円で購入できるのでかなりお得かと思います。

 

デレステはシャギーがすごい!kirin950はデレステタブには向いていない!

ゲームのベンチマークとしても使われるデレステをやってみましたが・・・・・・シャギーがすごいです。

スペックとしては決して低いという訳ではないのですが、GPUが最適化されていないので、ここまでギザギザになってしまいます。

画像が縮小されてしまって、拡大するとよくわかると思います。

シャギーだけなら、プレイに支障がありませんが、3D標準でプレイするとカクカクしてタイミングがずれるのでうまくできません。

3D軽量でも無理で、2D標準ならなんとか・・・・・と言うレベルです。

やはりデレステするならiPhone、iPadが最強かと。

 

Fate Grand Orderもつっかかりがある

最近僕がやっているゲーム「Fate/Grand Order」もプレイすることができます。

しかし、戦闘中に時々カクツクことがあります。

一瞬のもたつきを気にしないのであればOK。せっかく宝具を使ってるタイミングで、カクッと止まるのがいやだ!と言う場合は素直にスマホでプレイするのをオススメします。

 

パワプロはタイミングバーの動きが止まることもあるが、ほぼ問題なく動く

小学生の頃から10年以上やっているパワプロですが、これは十分楽しめました。

たまにピッチングのタイミングバーがずれることが、ありましたが90%は問題なく楽しめます。

スマホ版のパワプロはストーリーも、甲子園優勝も簡単でサクサク進んで楽しいです。昔パワポケ3は社会人編だったけど決勝の敵が強くて勝てたらラッキーなレベルでしたね。

話は飛びましたが、パワプロぐらいのゲームであれば、d-01Jで使えますよと言う話です。ご参考までに!

廉価タブレットなのでカメラには期待しちゃダメだよ!

カメラは800万画素ですが、あまり期待してはいけません。

カメラのレンズ・センサー共に安いものを使って価格を抑えています。

mi Pad3のケースがちょうど届いたので写真を撮ってみました。

dTab(d-01J)

Xperia XZs

dTab(d-01J)アップ

Xperia XZs(アップ)

やはりカメラは価格相応ですね。ただし、逆に考えると抑えるところは抑えて安価でサクサク動くタブレットを作っていると言えます。

2010年ごろ、とあるメーカーのテレビは、画質が素晴らしく良く、機能も優れていて他のメーカーより1万円以上安く売っていたのでおそろしいほど人気を博しました。しかし、液晶パネルとフレームはただ糊付けされているだけで1年後パカパカ外れてきたり、熱で内部の部品が壊れテレビが見れなくなってしまうなど散々でした。しかもそれは買ってから1年経ってようやくユーザーは気づけたことなので悲惨でした。(それで今潰れそうになってるんですが)

逆にdTab d-01Jは、抑えている箇所をこのようにしっかり提示してくれているので安心できます。

 

ストレージ16GBに注意!

実は今回ほとんど下調べせずにdTab(d-01J)を購入してます。

そのため僕が確認したのは

  • CPU:kirin950
  • メモリ3GB
  • バッテリー4980mAh
  • ディスプレイ:8.4インチ
  • 昔のdTabCompact(d-01G)とほぼ同サイズ

と言うことだけでした。

確認しなかった僕が悪いですが、Kirin950でメモリ3GBもあるなら、ストレージ32GBぐらいありそうじゃないですか?

データ容量を見てストレージが16GBしかないことに気づき、慌ててmicroSDカードの32GBを追加購入しました。

僕のようにならないために、あなたは必ずチェックしてから購入してくださいね!

 

音質が良いのでYouTubeやHuluなどの動画をみるのにオススメ!

このタブレットは役割がはっきりしています。ネットの閲覧はもちろんですが、動画をみるのにもってこいです。

片手で持てる軽さなので、電車で座れたらドラマやアニメ一本みるのも良いでしょう。

上面・底面にスピーカーが1つずつ、合計2つ付いていて音も良いので、寝っ転がりながらYouTubeをみるのにも向いています。

欅坂46のドラマを全く見ていなかったので、今晩これから早速dTab Compact使ってHulu見ようと思います。

と思ったら、Hulu対応してないというオチでした。Android7.0にアップデートされたらHuluも対応すると信じます。

しかし、Xia○mi端末ですらHulu見れるというのに、dTabでHuluを見れないのはドコモのサービスを使えと言ってると受け取るしかない(笑)

 

高性能オクタコアkirin950+メモリ3GBでサクサク動いて動作は快適!

カメラやゲームの面でちょっとネガティブなことを言いましたが、サクサク動いてタブレットの利用としては申し分ないです。

タブレットって、ネットでちょっと調べ物をしたり、動画をみたり、電子書籍をみるのに適してるじゃないですか?

その用途にはバッチリです。クロームのウェブブラウザもサクサク動きますし、Kindleの文庫本や漫画を読むのもバッチリです。

YouTubeやAmazonプライムビデオで高画質な動画をみても軽快に動きますし、なんせHarman/kardonのデュアルスピーカーで1万円のタブレットとは思えない音質です。

2年前のdTab Compact(d-01G)ではスペックも低く、メモリ1GBでまともに動作しないことも多かったですよね?

あれから2年経って、一気にスペックも質感も手触りも桁違いになりました!せっかくの機会なので買い替えるのもオススメですよ!

機種変更するなら絶対にドコモオンラインショップがおすすめ!

docomo

 

けーしん

機種変更するなら絶対にドコモオンラインショップです。間違ってもドコモショップなんかに行ってはいけません。

「けーしんさんありがとう!どの機種に機種変するか決めたからドコモショップに行ってくるね!」

って思った方はちょっと待ってください。

なぜならドコモショップに行くと、オンラインショップよりも余計に

  • 頭金(約5000円)
  • 事務手数料(約3000円)
  • コンテンツ(約2000円)

合計:約1万円を無駄に取られてしまうからです。

頭金は名ばかりで、実際は手数料!

 

けーしん

頭金って普通に考えたら、一番最初に払う手つけ金ですよね?

例えばGalaxy S8の機種変更価格が10万円で頭金が5000円なら、残りの9万5000円を分割で支払うっていうイメージじゃないですか?

でも、ドコモショップの頭金は実際には全くの別物で、「一括で払おうが分割で払おうが10万円の他に頭金として5000円ドコモショップに払ってください」というものです。

これがオンラインショップで購入するだけで、全く払わなくてよくなります。

ドコモオンラインショップは頭金が無料だからです。ドコモショップに行って予約するだけでも時間がかかる上に頭金を取られるくらいなら、ドコモオンラインショップでネットでサクッと機種変更した方が良いですよね?

機種変の事務手数料がオンラインショップだったら無料

docomo

通常スマホからスマホの機種変(xi→xi)や、ガラケーからスマホ(foma→xi)の機種変は事務手数料2000〜3000円がかかります。

しかし、ドコモオンラインショップで機種変更すればその事務手数料が一切かからない0円になってしまいます。

ドコモショップに白石麻衣ちゃんよりも可愛い店員さんがいて、どうしてもドコモショップに3000円払ってでもその店員さんと話したいならそこで機種変すべきですが、僕は3000円が大切なのでドコモオンラインショップで機種変更します。

余計なコンテンツ・オプションもオンラインショップなら一切なし!

ドコモショップで機種変更する時に、「このコンテンツを来月までつけてくださいね。このオプションを絶対に最初つけてください。」というものがありますよね?

最近はHuluやU-NEXTなどの月1000円以上する高額コンテンツを簡単につけられてしまうのでびっくりしています。

しかし、ドコモオンラインショップならそんなことはありません。コンテンツは一切ありませんし、オプションも自分で必要なものだけを選ぶことができます。

ドコモショップで強制的につけられてしまう約2000円分のコンテンツやオプションを、ドコモオンラインショップなら回避することができます。

ドコモショップで機種変更をすると、頭金・事務手数料・オプション合計で1万円以上ぼったくられることになるので、オンラインショップで機種変更をしましょう!

 

ドコモユーザーならdカードGOLD当然持ってますよね?

あなたがドコモ回線を使っているなら、dカードGOLDも当然持ってますよね?

無料で作れるdカードよりも、年会費が1万円かかるdカードGOLDの方がトータル的には絶対にお得になります。ゴールドではないdカードは年会費無料のクレジットカードでポイントが1%溜まるのですが、dカードGOLDは年会費1万円のクレジットカードで、ドコモ・ドコモ光の利用料の10%のポイントがたまります。

仮にドコモ回線とドコモ光の合計が月1万5千円だった場合のポイントのたまり具合を比較してみます。

dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
年間利用額 180,000円
ポイント 1800円 18000円
年会費 無料 10000円
実質お得額 1800円 7200円

 

dカードは年会でたまるポイントが1800ポイントですが、dカードGOLDの場合は18000ポイントたまります。年会費が1万円かかっても8000円分はお得になります。

月々の利用料金が1万円だった場合、ポイントを加味した1年間のトータル額はdカードとほとんど変わりませんが、空港のラウンジが使えるとう圧倒的特権を手にすることができます。

僕もdカードGOLDで空港のラウンジを無料で使ったことがあります。飲み物は無料で飲めるし、落ち着いた空間でゆっくり休むことができるので、年に1度旅行に行くなら持っていて損はないカードです。

dカードGOLDのメリット神!リクルートカードプラスを圧倒!

2015.12.06

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

ドコモユーザーなら、家のインターネットは当然ドコモ光にしてますよね?

あなたがドコモ回線を使っているなら、自宅のインターネットの固定回線も当然ドコモ光に変えて、全部ドコモでまとめていますよね?

また、自宅に固定回線(インターネット回線)を引いていなくて、ドコモのスマホだけで通信をしているのであれば、自宅にドコモ光を引いてみるのはどうでしょう?

毎月のスマホ代が割り引かれるので、トータルで考えると月額料金はそこまで高くありません。そして、家にいる間の通信はWiFiに切り替えれば、通信量を無駄に使わずに動画を見放題なんてこともできます。

僕はドコモ光を契約して、Wi-Fiで乃木坂の動画をずっと見ていることもあります。Amazonプライムビデオでドラマを一気見するのも、通信量を全く気にせず快適に楽しめます。

もしあなたが固定回線を引いていない状態、またはフレッツ光を使っている状態であれば、GMOとくとくBBドコモ光にするだけでこんなメリットがありますよ。

  1. 月々で最大5700円の割引がある
  2. 通信速度が早い!(遅いドコモ光と早いドコモ光があります)
  3. 高性能な無線LANルーターを無料でレンタルできる!
それではこれらのことについて、さらに詳しくお話ししますね!

月々最大5700円割引

ドコモ光自体の料金はマンションの場合でプロバイダー込み月4,000円、戸建で月5200円ですが、そこからさらにドコモの携帯料金が月々最大5,700円割引になります。

だいたいどこのご家庭でも、フレッツ光からドコモ光に変えるだけで月額料金が1000〜2000円は安くなることが多いです。そうなると欲しかったあの最新のスマホも毎月の負担が増えることなく買えますよね?

さらにdカードGOLDを持っていれば、ドコモ光の利用料金の10%のポイントももらえてしまうんです。

ドコモの利用料金の割引額はプランによって違うので、まずは割引シミュレーターを使ってどれくらい安くなるかを確認してみましょう。

実は通信速度が速い

ドコモ光を検索すると、速度が遅いという不満が書かれていることがあります。 これはドコモ光の通信速度がプロバイダーに依存しているからです。

ドコモ光を申し込むなら、快適な通信速度を重視してそれを売りにしているプロバイダーを選ぶのがおすすめです。



【GMOとくとくBB】というプロバイダーはv6プラスという新しい通信方式を採用しているので速度が早いです。

しかも毎月全国都道府県にいるモニターに速度チェックさせてホームページで実測値を公開しているという力の入れようで、速度に関してはここが一番安心でしょう。

実測値で下り200~300Mbpsもの速度が計測されています。 上記の速度は2016年12月〜2017年6月の12ヶ月の全国平均です。最新の速度についてはGMOとくとくBBドコモ光の公式サイトで確認しましょう!

高性能ルーターを毎月無料でレンタル

もしあなたがGMOとくとくBBドコモ光を契約して、スマホの月額料金が安くなり、速度も快適なったとしましょう。それでも、無線LANルーター(Wi-Fiルーター)がないとあなたのネットライフが快適にならないですよね?

パソコンならまだ優先でつなぐ方もいると思いますが、スマホは無線LAN(Wi-Fi)じゃないと固定回線につなぐことができません。そしてパソコンでも、僕が使っているMacbookは優先のネットをつなぐケーブルがありません。

また、もし無線LANルーターを持っていたとしても、高性能の無線LANルーターを持っていないと、せっかくのドコモ光の快適な速度を生かすことができません。

低速のルーターだとビュンビュン早い快適な速度を殺してしまうだけなので、1Gbps対応クラスが欲しいところです。1Gbps=1000Mbps対応クラスのルーターは普通に買うと1万円ほどします。これを買うとなるとちょっと痛い出費ですよね?

GMOとくとくBBドコモ光であれば、1Gbps対応で購入すると1万円ほどするルーターを無料でレンタルしてくれます。1万円は浮くし、スマホで好きな動画も見放題で楽しいネットライフがあなたを待っています。

GMOとくとくBBはWEBから申し込めばWEB限定のキャンペーンもやっていますし、 ショップで機種変更するときのように無駄な待ち時間もありません。

お店で契約すると待ち時間は2−3時間取られますし、ドコモショップにきてくれたついでだからということで、アマゾンなら5000円で買えるSDカードを10000円でおすすめされることもあります。

必ず待ち時間もなく、ついでに不要なものをオススメされたりしない、ネットから申し込むようにしましょう!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です