ドコモ【V30+ L-01K】のスペック、発売日、予約開始日、月額料金、レビュー等まとめ

こんにちは、Galaxyマスターのけーしんです。

ドコモの2017年冬春モデルで「LG V30+」というモンスタースペックスマホが登場します。

けーしん

何がすごいって、6.0インチの大画面、今はやりの極小ベゼルスクリーン、ポアタン内臓、ハイレゾ対応、F1.6レンズ 、GoogleのVR「Daydeream対応」その上、158gと軽量というなんでもござれの詰め込みスペック。

これは数字を聞いただけで惚れ惚れしてしまいます。GalaxNoteシリーズでも6インチ160gでF1.6のレンズを搭載した端末が欲しい!(笑)

今日はLG V30+のスペックや特徴、発売日や月額料金、実際に触ったレビューなどに付いてご紹介していきたいと思います。

 

まずは 【LG V30+ L-01K】のスペックをおさらい

ライバル機種となる大型スマホ「Galaxy Note8」、「Galaxy S8+」と比較しながらスペックを確認していきましょう

LG V30+
L-01K
Galaxy Note8
SC-01K
Galaxy S8+
SC-03J
OS Android8.0 Android7.1.1 Android7.0
液晶サイズ 6.0インチ  6.3インチ 6.2インチ
解像度 1440×2880
(QHD+)
1440×2960
(Quad HD)
デュアルエッジディスプレイ
サイズ  151.7×75.4
x7.39mm
 162.5×74.8
x8.6mm
159.5×73.4
x8.1mm
重量 158g   195g 173g
バッテリー 3300mAh  3300mAh 3500mAh
充電 USB Type-C USB Type-C
(ワイヤレスチャージ)
CPU

Snapdragon835
(2.35GHz+1.7GHz)
オクタコア

メモリ 4GB 6GB 4GB
ストレージ 128GB+microSD 64GB+microSD
 メインカメラ 【通常】
1650万画素 f1.6【広角】
1310万画素 f1.9
1200万画素
デュアルピクセル
f1.7/f2.4
広角・望遠デュアル
1200万画素
デュアルピクセル
f1.7
インカメラ 510万画素 f2.2 800万画素 f1.7
防水 あり(IPX5/IPX8)
セキュリティ 指紋認証、声帯認証、
顔認証
指紋認証、虹彩認証、 顔認証
Sペン  なし あり なし
Bluetooth 5.0
Wi-fi 802.11 b/g/n/ac
 最大通信速度
(下り/上り)
788Mbps/50Mbps

V30+は6.0インチの大画面有機ELディスプレイを搭載したフラグシップスマートフォン。

ライバル機種となるGalaxy S8+やGalaxy Note8よりも圧倒的に「軽い」というのが特徴です。

CPUはスナドラ835(MSM8998)、メモリ4GB、解像度も1440*2880のQHDと文句のないスペック。

カメラのf値は1.6と、ドコモ史上もっとも明るいレンズを搭載しています。

 

まずはデザインをチェック!カラバリはシルバーとブラックの2色

V30+(L-01K)のカラバリは、シルバーとブラックの2色です。LGの前モデルのV20 Proは1色だったので、今回は1色増えて好きなカラーを選べるようになりました。

個人的にはシルバーの方がキラキラ輝いてかっこいい印象です。充電はUSB Type-C。

展示機でカメラを起動するとこんな感じ。カメラはかなり寒色・アンダー目に振ってる印象でした。

背面にはデュアルカメラと指紋認証兼・スリープボタンがあります。iPhoneやGalaxyにあるようなスリープボタンはありません。

V30+は158gと大画面の割には軽量な作りになっているので、なるべくパーツを減らして軽量化を測ったんじゃないかなと思います。

LG V30+の特徴を紹介

LGの大画面有機ELテレビの技術の結晶!有機ELxHDR

液晶よりも、色鮮やかで綺麗な映像を映し出せる6.0インチの有機ELを搭載しています。有機ELは液晶では出せないグラデーションを再現できます。データに忠実な色を再現します。

液晶と有機ELは雲泥の差です。液晶だと色が潰れてしまってなんだかよくわからないところも、有機ELだとはっきり綺麗に映ります。

 

GoogleのVRプラットフォーム【Daydream】対応

Google最新のVRプラットフォームDaydreamに対応しています。360°モードでゲームを楽しんだり、シアターモードを使ってVRの大画面を映画を楽しんだりできます。

僕もGalaxyのVRを持っているのですが、VRとイヤホンをつけて動画を見たときは、周りに何も邪魔するものが何もなく気持ちよかったです。

ちなみに、購入者全員にVRのヘッドマウントディスプレイをプレゼント予定とされています。スマホを買ったらVRも付いてきて非常にお得です。

 

B&O PLAYチューニングのこだわりのサウンド

アウディなどの高級車のサウンドシステムに使われているB&O PLAYが音質をチューニングしています。

また、Quad DACを搭載しているので、他のハイレゾ対応スマホよりも高音質で音楽ライフを楽しめます。MP3などのデータが圧縮されて情報が失われた音源でもハイクオリティで楽しめます。

時々、音にうるさい人はこのような大型のDACをスマホに繋げている人もいます。いい音で聞きたいけど、荷物1つを増やしたくはないですよね?

スマホでいい音を聞きたいなら、V30+で間違いなしです!さらにはB&O PLAYの高音質なイヤホンも付いてきます。

 

F1.6の明るいレンズ搭載!V30+はカメラも気合入ってます

V30+はドコモ史上もっとも明るいf1.6のレンズと、120°でf1.9の広角レンズを搭載しています。

標準レンズで入りきらない風景も、広角レンズに切り替えると簡単に撮影できます。ディズニーやUSJに行ってインスタにアップする時なんかにおすすめです。

冒頭でも触れましたが、実際に撮影してみたところ、どちらかというとアンダー目(寒色系)に振ります。iPhoneやGalaxyは暖色系に振っているので、個人的にはどうしても違和感があります。

逆にXperiaのスマホに慣れてれば、Xperiaより色が素直だし、歪まないし綺麗!と感動するに違いありません。

 

【ドコモ V30+ L-01K】の発売日、予約開始日はいつ?

LG V30+(L-01K)は1月25日発売です。

 

【ドコモ V30+ L-01K】の端末価格、月額料金は?

LG V30+ L-01Kの本体価格

新規 機種変更 MNP
端末代金 99,144 99,144 99,144
月々サポート -49,896 -49,896 -72,576
実質額 49,248 49,248 26,568
毎月の
実質支払額
2,052円/月 2,052円/月 1107円/月

端末価格は99,144円ですが、新規・機種変の場合、実質負担額は49,248円。MNPの場合、実質負担額は26,568円です。しかし、実質26,568円という価格は、前モデルのX Compactの新規・MNPと同じ価格です。価格が変わらずにスペックは大幅にアップしているので、今回のXperia XZ1 Compactはかなりお得と言えるのではないでしょうか?

 

LG V30+ L-01Kを購入した場合の月額料金(例)

新規 機種変更 MNP
基本料
(通話ライト)
1836
プロパイダ 324
パケット(5GB) 5400
端末(24分割) 2,052 2,052 1,107
合計 9,612 9,612 8,667

消費税込みで8000円代から1万円ほどに落ち着きそうです。

 

機種変更するならドコモショップではなく、ドコモオンラインショップがオススメです。

ドコモショップでは待ち時間に2時間、3時間とかかってあなたの貴重な時間を奪ってしまう上に。頭金という名の上乗せ手数料がかかります。

ドコモオンラインショップならば、頭金不要・送料無料・xi→xiの機種変更なら事務変更手数料も無料です!

頭金5000〜10000円と事務手数料2000円と貴重な休日1日が浮きます。その時間で家族や恋人と楽しいひと時を過ごすもよし、ゲームを買ってプレイするのも良しです。

オンラインショップを有効利用して楽しい週末をお過ごしください!

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカードGOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカードGOLDも一緒に申し込みましょう!dカードGOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカードGOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光び利用料の10%のポイントが溜まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
月額利用料 15,000円
年間利用額 180,000円
ポイント 1800円 18000円
年会費 無料 10800円
実質お得額 1800円 7200円
溜まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカードGOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償、ラウンジ無料、年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカードGOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。

dカードGOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18000円の節約に!

dカードGOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカードGOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLDケータイ補償を利用しています。

国内線のラウンジが無料!家族4人で往復8000円分を無料にできる

dカードGOLDは国内線のラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカードGOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1000円)その家族カードも本人がラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります。

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機が飛んでるの暇つぶしを確保することもできます。

パワーアップして帰ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカードGOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスのなどから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21600円分の特典を、年間100万円以上利用していると10800円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

光熱費やスーパーでの食材など、なるべく全ての支払いをdカードGOLDにまとめることで、月9万円=年間100万円は簡単に突破できますよね?つまり、年会費の10800円分の特典を受け取るのは余裕で達成できます!ということは、ドコモ・ドコモ光のポイント10倍分を丸儲けできるんです!

あなたもこの機会にdカードGOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカードGOLDのメリット神!リクルートカードプラスを圧倒!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です