シニア向け格安スマホ!安くて分かりやすい7機種を紹介

「シニア世代の両親がスマホデビューしたいらしい」

「キャリアは高いから格安スマホで探しているんだけど・・どんな機種がいいのかな?」

 

60歳以上のご両親にふさわしいスマホを選ぶのは難しいですよね。

 

私たちには普通に使える機種でも、

  • 両親は操作方法がわからないのでは
  • 文字が小さくて読めないのではないか

と不安になって選べない方も多いと思います。

そこで本記事では

  • わかりやすいホーム画面
  • 文字サイズを大きくできる

以上の機能がある、シニア向けの機種とそのおすすめポイントをまとめました。

 

この記事を読むことで、ご両親におすすめのスマホがわかります。

 

シニアの約半数がスマホをもっている

まず、シニアのスマホの利用実態を見てみましょう。

下記の表は、60代と70代の方に対して「ガラケーとスマートフォンのどちらを使用しているか」を調査したものです。

60代 70代
スマートフォンを保有している人 51.9% 35.7%
ガラケーを使っている人 42.9% 54.9%
どちらも使っていない人 5.2% 9.2%

参考:シニアの携帯電話所有内訳※年代別-MMD研究所(lhttps://mmdlabo.jp/investigation/detail_1654.html

70代ではスマホの使用率は35.7%と低いですが、60代では逆に51.9%と半数以上となっていることがわかります。

これは2017年のデータですので、現在ではスマートフォンを使用している方はもう少し増えているでしょう。

 

シニア向け機種の保有率はわずか1.4%

スマートフォンを保有しているシニア世代の方のうち、いわゆる「シニア向けスマホ」はどのくらいの人が使用しているのでしょうか?

実は、アンケートに答えてくれた人を母数とすると、1.4%の人しか「シニア向けスマホ」を保有していません。

シニアの携帯電話所有内訳
普通のスマートフォン 46.8%
普通のガラケー 41.6%
携帯電話を持っていない 6.1%
シニア向けガラケー 4.1%
シニア向けスマホ 1.4%

参考:シニアの携帯電話所有内訳(https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1654.html )–MMD研究所のデータを抽出

つまり、スマホをもつシニア世代のほとんどの方は、一般的なスマートフォンを使っているということです。

 

なぜシニア向けスマホの利用率が低いのかというと、これは筆者の想像ですが、「シニア向け」という言葉自体に拒否反応がある方が多いのではないでしょうか。

 

シニア向けスマホを使うほど老いていない」・「自分はまだまだ若い」という気持ちを持っている方が多いことで、普通のスマホのほうが購入されているのかもしれません。

 

ですから、私たちは「シニア向けスマホ」をあえて選択する必要はないでしょう。

 

格安スマホでも大丈夫?

「大手キャリアではなく格安スマホにしたいんだけど・・・両親はちゃんと使えるかな?」

価格が安いことが魅力の格安スマホは、大手キャリアに比べてサポートが少ないことが特徴です。

大手キャリアだとお店の人がやってくれる、MNP番号の取得やSIMカードの入れ替え作業、電話開通手続きなどは、格安スマホだと利用者自身がやることになります。

これらの設定は、おそらく高齢のご両親には難しいでしょう。

ですから、スマートフォンの申し込みや最初の設定は、家族の方のサポートが必要です。

 

現地訪問サービスを使うのも◎

もし、遠方に住んでいてご両親をサポートするのが難しい場合は、現地訪問サービスを提供している格安スマホを利用するとよいでしょう。

ご両親には難しいと思われる初期設定を、スタッフの方がご自宅まで訪問して行ってくれます。

有料にはなりますが専門の方がサポートしてくれますので、家族の方が遠方にいても問題ありません。

現地訪問サービスを実施している格安スマホ会社は、次の6社です。

  • LIBMOモバイル
  • QTモバイル
  • mineo
  • OCNモバイルONE
  • 楽天モバイル
  • BIGLOBEモバイル

ご両親向けのスマホを購入する際に参考になさってください。




 

シニア世代におすすめの普通の機種5つ

では、シニアにおすすめの機種を見ていきましょう。この章では、普通のスマホでありながら、文字を大きくしたり見やすいホーム画面にしたりできるスマホをピックアップしました。

  1. AQUOS sense2
  2. ZenFone Live L1
  3. Zenfone Max M1
  4. HUAWEI P20 lite
  5. HUAWEI nova lite 3

以上の順番に説明します。

 

➀AQUOS sense2

画像引用元:AQUOS sense2 SH-M08 SIMフリーの特長|AQUOS:シャープ(https://jp.sharp/products/shm08/index.html

 

AQUOS sense2の仕様・価格

機種 AQUOS sense2
大きさ 約148mm×約71mm×約8.4mm
重さ 約155g
ディスプレイ 約5.5インチ
価格 32,800円
月額費用(概算) 月額3,243円(DMMモバイルの音声通話SIM3GBプランの場合)

 

AQUOS sense2のおすすめポイント

画像引用元:AQUOS sense2 SH-M08  のユーザビリティ-SHARP(https://jp.sharp/products/shm08/usability.html)

AQUOS sense2のおすすめポイントはかんたんに使うための「かんたんモード」機能です。

ホーム画面には特大アイコンとワンタッチボタンを配置。見やすいコントラストにしたり、文字サイズを大きくしたりする機能がありますので、視力が弱くなった方でも見やすいでしょう。

ディスプレイサイズも5.5インチなので十分に大きく、不自由はないはずです。

 

AQUOS sense2の取扱店

AQUOS sense2の取扱店は、次の9社です。

  • DMMモバイル
  • LIBMOモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • OCNモバイルONE
  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • UQモバイル

②ZenFone Live L1

画像引用元:ZenFone Live (L1)-ASUS(https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-Live-L1/Features/)

 

 Zenfone Live L1の仕様・価格

機種 Zenfone Live L1
大きさ 約71.7mm ×約147.2mm × 約8.1mm
重さ 約140g
ディスプレイ 5.5インチ
価格 16,800円
月額費用(概算) 月額2,500円(LINEモバイルの音声通話SIM 3GBプランの場合)

 

 Zenfone Live L1のおすすめポイント

画像引用元:Zenfone Live(L1)製品カタログ(http://www.asus-event.com/pdf/asusjp-brochure-ZA550KL.pdf

Zenfone Live L1のおすすめポイントは、大きな文字とわかりやすい画面表示の「簡単モード」です。ホーム画面に大きなアイコンが表示されますので、使いたい機能が一目でわかります。

また、圧倒的に安い価格も魅力。画面も5.5インチで見やすいですし、3000mAhの大容量バッテリーで電池持ちも安心です。

 

Zenfone Live L1の取扱店

Zenfone Live L1は、以下の9社で取扱いしています。

  • DMMモバイル
  • LIBMOモバイル
  • UQモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • OCNモバイル
  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル
  • BIGLOBEモバイル

③Zenfone Max M1

画像引用元:ZenFone Max (M1) (ZB555KL)-ASUS(https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-Max-M1/)

Zenfone Max M1の仕様・価格

機種 Zenfone Max M1
大きさ 約70.9mm ×約147.3mm × 約8.7mm
重さ 約150g
ディスプレイ 5.5インチ
価格 22,800円
月額費用(概算) 月2,335円(mineoの音声通話SIM3GBプランの場合)

Zenfone Max M1のおすすめポイント

Zenfone Max M1のおすすめポイントは、Zenfone Liveと同様に搭載されている「簡単モード」です。大きくて見やすい画面にできますので、目が悪い方でも操作しやすいでしょう。

また、Zenfone Max M1は4000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。ですから、ヘビーに使っても電池の減りを気にすることがありません

デュアルカメラ搭載など、前出のZenfone Live L1よりスペックが良いので十分満足して使えるでしょう。

 

Zenfone Max M1の取扱店

Zenfone Max M1は、次の5つの格安スマホで取扱があります。

  • DMMモバイル
  • LIBMOモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • BIGLOBEモバイル

 

④HUAWEI P20 lite

画像引用元:P20 lite-HUAWEI(https://consumer.huawei.com/jp/phones/p20-lite/)

 

HUAWEI P20 liteの仕様・価格

機種 HUAWEI P20 lite
大きさ 約71 mm×約149 mm×約7.4 mm
重さ 145g
ディスプレイ 5.84インチ
価格 29,400円
月額費用(概算) 月額2,290円(QTモバイルの音声通話SIM3GBの場合・1年目)

HUAWEI P20 liteのおすすめポイント

画像引用元:HUAWEI P20 lite 取扱説明書-Ymobile(https://www.ymobile.jp/lineup/p20lite/data/huawei-p20-lite_userguide.pdf

 

HUAWEI P20 liteのおすすめポイントは、ホーム画面をシンプルにする「シンプルモード」です。ただし、他のスマホの簡易モードと少し違い、四角いタイルが並んだような画面になります。

また、画面は非常にきれいですし、軽くて薄くて持ちやすいです。メモリも4GB積んでいますので、アプリがサクサク動きます。

若者にも非常に人気がある機種ですので、満足して使えるでしょう。

 

HUAWEI P20 liteの取扱店

HUAWEI P20 liteは、次の8社で取扱っています。

  • QTモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • OCNモバイルONE
  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • Ymobile

 

⑤HUAWEI nova lite 3

画像引用元:HUAWEI nova lite 3-HUAWEI(https://consumer.huawei.com/jp/phones/nova-lite3/)

 

HUAWEI nova lite3の仕様・価格

機種 HUAWEI nova lite 3
大きさ 約73.4 mm×約155.2 mm×約7.95 mm
重さ 160g
ディスプレイ 6.21インチ
価格 26,880円
月額費用(概算) 月額2,929円(DMMモバイルの音声通話SIM 3GBプランの場合)

HUAWEI nova lite 3のおすすめポイント

HUAWEI nova lite 3のおすすめポイントは、進化した簡易モードです。

 

ホーム画面を簡易的に表示させる機能ですが、P20 liteのようなタイル表示ではなく大きなアイコンを配置。従来よりも操作性がアップしました。

画面は2340×1080ピクセルのTFT液晶で非常にきれいですし、画面サイズも6.21インチと従来のスマホよりも大画面となっています。

 

 HUAWEI nova lite 3を取り扱っている格安スマホ

HUAWEI nova lite 3は、次の9社で取り扱っています。

  • DMMモバイル
  • QTモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • OCNモバイルONE
  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • UQモバイル




シニア向けにカスタマイズされた機種2つ

「普通のスマホもいいけど、うちの両親にはやっぱりシニア向けの機種かな・・・」

 

そんな方には、UQモバイルYmobileがおすすめです。

 

というのも、シニア向けスマホを取扱っているのがこの2社だからです。それぞれの取扱機種を順番に見ていきましょう。

  1. おてがるスマホ01
  2. かんたんスマホ

➀おてがるスマホ01

画像引用元:かんたんな操作性 | おてがるスマホ01-京セラ(https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/otegaru-sumaho-01/function1.html

 

おてがるスマホ01の仕様・価格

機種 おてがるスマホ01 ※UQモバイル専売
大きさ 約72mm×145mm×8.7mm
重さ 約136g
ディスプレイ 約5.0インチ
価格 36,828円
月額費用(概算) 月額3,002円(UQモバイルの音声通話SIMプランSの場合)

 

おてがるスマホ01のおすすめポイント

おてがるスマホ01のおすすめポイントは、使いやすさに特化している点です。

使いやすい画面であることはもちろん、基本操作をまとめた冊子をもらえますので、じっくり操作を学べます

サポートボタンを押すと解決方法を案内してくれますし、UQモバイルのサポートセンターへの電話番号もあらかじめ登録されていますので、困ったときはすぐに解決できるでしょう。

 

おてがるスマホ01の取扱店

おてがるスマホ01は、UQモバイルで取扱があります。

 

②かんたんスマホ

画像引用元:かんたんスマホ-京セラ(https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/kantan-sumaho/)

 

かんたんスマホの仕様・価格

機種 かんたんスマホ ※Ymobile専売
大きさ 約71mm×147mm×9.2mm(突起部を除く)
重さ 約142g
ディスプレイ 約5.0インチ
価格 60,156円
月額費用(概算) 月額3,002円(Ymobileの音声通話SIMプランSの場合)

かんたんスマホのおすすめポイント

かんたんスマホのおすすめポイントは、大きな文字と必要なアプリに絞ったシンプルなホーム画面です。3つの外部ボタンから、よく使う「電話」「メール」「ホーム」を切り替えできるため、操作に迷うことがありません。

また、サポートボタンを押すとスマホが自己診断して解決策を提示。直らない場合は、専用のサポートセンターへすぐに電話できます。

かんたんスマホを販売しているYmobileは、60歳以上の方には月額1,000円の「だれとでも定額」を無料で提供しています。

つまり、いくら話しても国内通話が0円になりますので、電話代がかからずお得になります。

 

かんたんスマホの取扱店

かんたんスマホは、Ymobileで取り扱っています。

 

まとめ

シニア向けの格安スマホのおすすめ機種について解説しました。

 

シニア向けのスマホと普通のスマホのどちらにするかを、まずご両親に聞いていただくことで、選ぶ機種の方向性を決められると思います。

 

普通の機種でも、今回ご紹介したものはホーム画面を簡易的に表示させたり文字を大きくできたりしますので、不便なく使えるでしょう。

 

ただ、スマホの最初の設定はシニアの方には難しいので、家族の方がサポートするか、格安スマホオプションの訪問設定サービスを利用しましょう。

 

ぜひご両親に喜ばれる機種を選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です