ワイモバイルとUQモバイルのiPhone5Sを比較!料金・端末価格など

月々のスマホ代を浮かせたい!

だけど、Androidの格安スマホは嫌だ・・・・・

やっぱ使い慣れているiPhoneがいい。

 

そんなあなたにオススメなのが、

ワイモバイルとUQモバイルから出ている

iPhone5Sを購入することです。

 

そんなあなたにオススメなのが、ワイモバイルとUQモバイルから出ているiPhone5Sを購入すること

 

端末代と月々の料金を合計しても、

毎月5000円以下でおさまってしまいます。

特に回線の使用料金は、

ワイモバイルもUQモバイルもどちらも1980円を謳っているので

どちらにしようか迷ってしまうかもしれませんね。

 

今日はワイモバイルとUQモバイルの

iPhone5Sで使える1980円の料金プランを比較して、

どちらがオススメできるか?

ということを考えていきたいと思います。

ワイモバイルとUQモバイルの比較

 

ワイモバイルUQモバイル
iPhone5S本体価格
(16GB/32GB)
54540円/64908円
プラン名スマホプランSぴったりプラン
月額料金1980円1980円
通話料(定額分)10分/300回まで最大60分
(2400円分)
通話料20円/30秒20円/30秒
通話オプションスーパー誰とでも定額

(国内通話無制限)

1000円

たっぷりオプション

通話料+2400円分

パケット通信+4GB

1000円

通信量2GB2GB
通話・通信エリアソフトバンクau
3G通信×
データ節約なしあり
速度

UQモバイルは3G通信不可!エリアを考えよう

 

UQモバイルは3Gの通話はできますが、

通信を行うことができません。

ほぼほぼLTEしか使わないのでほとんど意識していないと思いますが、

3G通信だって、最高で下り9Mbpsぐらいあるのでバカにできません。

 

都会でLTEがバリバリ繋がっているなら大丈夫ですが、

田舎でLTEとHighスピードがしょっちゅう切り替わっているところだと

結構怪しいですね。

 

ワイモバイルはLTEも3Gもしっかりつかむので問題ありません。

昔はソフトバンクのLTEはすごく狭いというイメージがありましたが、

今やものすごく広いです。

ここ数年の設備投資がすごいです。

儲かってるんだろうな〜(笑)

通話が多いならワイモバイルがオススメ

 

UQモバイルは無料通話が2400円分(最大60分)です。

1000円で4800円分(最大120分)に追加できますが、

通話が多い方にはあまりオススメできません。

 

通話が多いならワイモバイルの

スーパー誰とでも定額を使うのがオススメです。

何時間でも国内通話であれば無料になります。

 

僕はワリと実家の母親から電話がかかってくることが多く

(大抵グチなんですが(笑))

1週間で通話が6時間なんてこともあります。

 

そんな僕のように、

しょっちゅう電話している方は

ワイモバイルがオススメです。

べらぼうな通話料にガクゼンとしなくて済みます。

ワイモバイルのお申し込みはこちらをクリック!

 

 

 

SNS・音楽メインならUQモバイルでデータを節約できる

 

逆に通話はほとんど使わずに、普段生活するエリアがしっかりLTEが通っていて

使う用途がLINEなどのSNSがメインだったり、

Apple Musicなどの音楽聴き放題がメインなあなたには

UQモバイルがオススメです。

 

SNS・音楽メインならUQモバイルでデータを節約できる

 

UQモバイルには高速通信をオン・オフするターボスイッチが付いていて、

スイッチをオフにしてしまえば、

通信速度は300kbpsに下がるものの、

通信量を消費しません。

 

パズドラやツムツムなどのゲーム、

画像が多くなければTwitterも300kbpsあれば行けそうです。

Facebookはどうでしょう・・・・・?

一応UQモバイル側はいけると踏んでいるようですが、

画像が大きすぎると辛いかもしれません。

 

音楽のストリーミングも、

回線速度が300kbps出れば高音質ではないものの

十分楽しめますね。

まあ、音にこだわる人はiPhoneで音楽を聴きませんし(笑)

十分でしょう。

 

普段はターボスイッチをオフにしておいて、

調べ物をして急いでいる時だけ、

スイッチをオンにして高速通信をすれば、

パケットも無駄なく使えそうです。

 

 

回線の速度はワイモバイルの方が一歩上手

昔はUQモバイルは最強のMVNOと言われていて、

大抵サラリーマンが使いまくる平日の昼(12〜13時)でも

全然混雑せずに10Mbps出るということで人気がありましたが、

いつからか普通のMVNO(格安SIM)と同じように

12時〜1時は1Mbpsも出るかどうか

=お昼にヤフーニュースを快適に見れない速度

になってしまいました。

 

それに対し、ワイモバイルは平日のお昼の時間帯でも

だいたい10Mbps出流と複数の情報が入っています。

全国に店舗を展開する第4のキャリアだけあって、

しっかりと速度を維持しています。

 

回線・速度の安定性を求めるあなたには

ワイモバイルの方がオススメです。

ワイモバイルのお申し込みはこちらをクリック!

 

それに対して、普段からApple MusicやLINE Musicなどで

普段から音楽を聴くのが多く、

それでパケットを使いまくっている場合、

またはソフトバンクグループがどうしても嫌いな場合は

UQmobileがおすすめです。

不都合な真実:iPhone5SよりiPhoneSEの方が安い

ここまでUQモバイルとワイモバイルの話をしておいて申し訳ないのですが、

僕はスマホマイスターとして、あなたにもう1つお伝えしたいことがあります。

 

それはワイモバイルで

3年前のモデルのiPhone5Sを買うよりも

最新のSIMフリー版iPhoneSEを買った方が安い

ということです。

 

iPhone5SよりiPhoneSEの方が安い

 

ワイモバイルはSIMフリー端末向けに、

SIMだけの取り扱いをしています

 

しかもキャンペーンで2016年7月1日現在、

新規・MNPの場合は1年間1980円で使えるということやっています。

SIMフリー端末を使っても、iPhone5Sを買っても、

月々の回線の料金は変わりません。

 

そして、iPhoneSEのSIMフリー版の

16GB/64GBの価格はそれぞれ

51624円/64584円です。

 

ワイモバイル版が、16GB/32GBで

54540円/64908円なことを考えるとどうでしょう?

 

iPhoneSEの16GBは最新のスペックで

サクサク動いて、カメラだって良くなってるのに3000円安いです。

 

64GBは値段が400円ほどしか変わらないのに

容量が倍違いますし、スペックは16GBの違いと同様です。

 

機械に弱いからお店で全部設定してもらわないと使えない

という場合ではない限り、

ワイモバイルのSIMだけ買って、

iPhoneSEのSIMフリー版をかった方が良くないですか?

iPhoneSEのピンク持ってればどやラーできますし(笑)

 

ちなみにオンラインショップでSIMだけの購入もできます。

家から一歩も出ずに、接客の順番待ちもしなくていいので楽チンですよ。

Ymobileオンラインショップはこちらをクリック!

 

ちなみにSIMのサイズはNanoSIMなので、

間違えないようにしてくださいね。

自宅にいるからこそたくさんの映画やアニメ・ドラマを見よう!

初心者におすすめ!VOD料金比較!
U-NEXTの評判・口コミは悪い?2年間利用したリアルな声を紹介
Paravi(パラビ)の口コミ・評判は悪い?【使いにくい?使いやすい?】
Amazonプライムビデオの評判・口コミは?
Huluの評判は悪い?実際に利用して感じた所を紹介
オンラインで映画やドラマの視聴ができるNetflix !その評判とは?

現金でAmazonギフトチャージするとどんどんポイントが貯まる。

通常会員なら最大2.0%
Amazonプライム会員なら最大2.5%

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカード GOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカード GOLDも一緒に申し込みましょう!dカード GOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカード GOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

カード特典【ahamo】dカードボーナスパケット特典dカード:プラス1GB/dカード GOLD:プラス5GB
【ahamo】dカード GOLDご利用額10%還元特典(上限300ポイント)毎月のdカード GOLDのご利用金額100円(税込)につき10%
※毎月の進呈上限は300ポイント(カード利用金額3,000円(税込))


10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光利用料の10%のポイントが貯まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカードdカード GOLD
ポイント還元率1%10%
月額利用料15,000円
年間利用額180,000円
ポイント1,800円18,000円
年会費無料11,000円
実質お得額1,800円7,000円
貯まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカード GOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償ラウンジ無料年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカード GOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。 dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

dカード GOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18,000円の節約に!

dカード GOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカード GOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18,000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLD ケータイ補償を利用しています dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

国内・ハワイの主要空港ラウンジが無料!家族4人で往復8,000円分を無料にできる

dカード GOLDは国内・ハワイの主要空港ラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカード GOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1,000円)その家族カードでもラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機の離着陸を暇つぶしに眺めることもできます。

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

パワーアップして返ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカード GOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21,600円分の特典を、年間100万円以上利用していると10,800円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

光熱費やスーパーでの食材など、なるべく全ての支払いをdカード GOLDにまとめることで、月9万円=年間100万円は簡単に突破できますよね?つまり、年会費の10,800円分の特典を受け取るのは余裕で達成できます!ということは、ドコモ・ドコモ光のポイント10倍分を丸儲けできるんです!

あなたもこの機会にdカード GOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

最新スマホの購入

「iPhone12」「iPhone SE(第2世代)」「Galaxy S20」「Xperia 1Ⅱ」など最新スマホ販売中!ストアへはこちらから行けます。

執筆者

執筆者

西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦10念。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。
このブログでは最新のスマホ・ガジェット情報をどこよりも面白くお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です