ソフトバンクカードとYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)の違いとは?

ソフトバンクが発行し、Tポイントカード一体型である「ソフトバンクカード」と「ヤフーカード(ヤフーカード)」。

どちらも似たようなカードですが、この2枚のカードには大きな違いがあります。

その違いとは

  • ソフトバンクカードはプリペイドカードなので前払い式(Suicaやnanacoのようなもの)
  • ヤフーカード(ヤフーカード)はクレジットカードなので後払い式

さらに購入したものに補償があったり、分割払いができるのはヤフーカードだけ

ということになります。

今回はソフトバンクカードとヤフーカードの違いについてもっと詳し掘り下げ、ソフトバンクユーザーの方は、「ソフトバンクカードよりもヤフーカードを申し込んだ方がお得である」ということをご紹介します。




ソフトバンクカードとヤフーカードの大きな違いは支払い方式

 

ソフトバンクカードは、TカードとVISA一体型のプリペイドカードで、ヤフーカードは(Yahoo! JAPANカード)はワイジェイカード株式会社から発行されているYahoo! JAPAN公式のクレジットカードです。

ヤフーカードもTカードが一体型になっているので、Tポイント提携先でお買い物をするとポイントが貯まります。

ソフトバンクカードは、前払い式のプリペイドカードで、ヤフーカードはクレジットカードです。ここで、「お金を支払うタイミングが、商品を購入した先か後か」という大きな違いがあるのが分かりますね。

ソフトバンクカードは前払い式なので、あらかじめチャージしておく必要がありますし、チャージ額を超えた支払いはできません。5000円チャージしてあって、支払いが6000円だった場合は「このカードは使用できません」とエラーが出ます。また、ガソリンスタンドなどVISAの加盟店であっても使えない店舗もあります。

ヤフーカードはクレジットカードですので、利用限度額まで使用することができ、月末締めの翌月27日払いです。2019年4月1日〜2019年4月30日まで利用した分を2019年5月27日に支払うというイメージですね。

年会費や還元率の違いは?

ソフトバンクカードも、ヤフーカードも年会費は無料です。そのためカードを持っている分にはお金がかかりません。

ソフトバンクカードの還元率は200円で1ポイント(還元率0.5%)で、ヤフーカードは100円で1ポイント(還元率1%)です。

以前までは「おまかせチャージ」でチャージをすると還元率が1%でポイントが受けられたのですが、現在ではおまかせチャージはサービスが終了してしまいました。

その一方、Yahoo!カードは還元率が1%なので、現在はYahoo!カードをのほうがお得になりました。

それに加えて、Yahoo!ショッピングやLohakoでYahoo!カードを利用すると還元率が3%になります。

ですのでポイントをたくさん貯めたいという方はソフトバンクカードではなくYahoo!カードの方がおすすめです。

それでも前払い式のカードを使いたいという人は、ソフトバンクカードを利用しましょう。

ちなみにソフトバンクカードもヤフーカードも税込みの金額でTポイントが貯まります。

見落としがちな最大の注意点!

ヤフーカードには沢山の補償があり、ヤフーカードを利用して購入した商品が届いて箱を開けてみたら壊れていた!などという時に、購入日から90日間補償してくれるサービスがあります。

この補償サービスはヤフーカードでお買い物をした際に自動的に保証されるので、申し込みの手続きも必要ありません。

国内でのトラブルのみならず、海外でヤフーカードを利用して購入した商品も補償してくれる安心のサービス内容です。

更に、有料ですが月額490円(税抜き)で18種類もの補償があるプラチナ補償があります。

このプラチナ保障ですが、初回申し込みであれば初月は無料となります

 

ソフトバンクカードにはこのような手厚い補償がないため、一見申し込みやすく使いやすいカードに思えても購入した商品が不良品であった場合の補償はしてくれません。

一応、ソフトバンクカードが紛失または盗難にあった場合に「Tカードサポートセンター」に連絡をすると、カードを停止した時点でのTポイントとチャージ残高は保証されますが、サポートセンターに電話する間に使われてしまった、Tポイントとチャージ残高は補償の対象になりません。

なので、カードの紛失または盗難にあったのに気付くのが遅いと、その間に全額使われてしまったら補償が効かないので、泣き寝入りするしかありません。

ソフトバンクカードのクレジット機能は1回払いのみ!

ソフトバンクカードはプリペイド型のカードなので分割払いに対応していません。

「分割払いはしないから心配ない」という方は気にする必要がないかもしれませんが、何か大きな買い物をする時に分割払いができないのは困りますよね…?

後からリボ払いに変更することは可能になっていますが、あまりリボ払いはお勧めしません…

ヤフーカードの場合は、1回払いなら手数料無料で、分割2回払いでも手数料がかかりません

ソフトバンクカードとヤフーカードの申し込み方法の違い

ソフトバンクカードは申し込みをしない限り、プリペイドカードとして使えるので、12歳以上でソフトバンクユーザーであれば、申し込んで作ることができます。

もちろん、ご両親の許可がないと作れないので、未成年の方はきちんと許可を得てくださいね!

カードの申し込み方法は以下の2通りです。

全国のソフトバンク取り扱い店舗で申し込む

近くのショップに行くとソフトバンクカードの申し込みができます。

WEBから申し込んで郵送で届けてもらう

 

QRコードを読み取って、申し込みをすると、郵送で届けてもらえます。

 

この際に審査は不要で、申し込んだ当日から使えます。(取り扱い店舗にソフトバンクカードの在庫がない場合は後日郵送での受け取りになり、手元に届いてから使用できます)

ヤフーカードは、Yahoo! JAPANの公式サイトから最短2分でカードの申し込みを行うことができます

これなら、雨の日でもお家で気軽に申し込みができますね。

クレジットカードなので、高校生は申し込みできませんが、大学生や専門学生は持つことが可能です。




まとめ

 

ソフトバンクカードにとヤフーカードは一見、似たようなカードに思えますが持てる年齢や、還元率や補償のサービスに差があることがわかりました。

ソフトバンクカードは、基本はプリペイドカードですし、クレジットカードとして使うにも、普通のクレジットカードのように使えないので僕はヤフーカードをお勧めします。

どちらのカードも年会費は永年無料なので、無料ならば補償がしっかりしたヤフーカードを選ぶほうがお得です。

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカードGOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカードGOLDも一緒に申し込みましょう!dカードGOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカードGOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光利用料の10%のポイントが貯まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
月額利用料 15,000円
年間利用額 180,000円
ポイント 1,800円 18,000円
年会費 無料 10,800円
実質お得額 1,800円 7,200円
貯まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカードGOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償ラウンジ無料年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカードGOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。

dカードGOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18,000円の節約に!

dカードGOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカードGOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18,000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLDケータイ補償を利用しています

国内線のラウンジが無料!家族4人で往復8,000円分を無料にできる

dカードGOLDは国内線のラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカードGOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1,000円)その家族カードでもラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機の離着陸を暇つぶしに眺めることもできます。

パワーアップして返ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカードGOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスのなどから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21,600円分の特典を、年間100万円以上利用していると10,800円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

光熱費やスーパーでの食材など、なるべく全ての支払いをdカードGOLDにまとめることで、月9万円=年間100万円は簡単に突破できますよね?つまり、年会費の10,800円分の特典を受け取るのは余裕で達成できます!ということは、ドコモ・ドコモ光のポイント10倍分を丸儲けできるんです!

あなたもこの機会にdカードGOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカードGOLDのメリット神!リクルートカードプラスを圧倒!

執筆者

執筆者

西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦10念。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。
このブログでは最新のスマホ・ガジェット情報をどこよりも面白くお届けします。

1 個のコメント

  • NOBUHIRO より:

    最近Yahoo! Japanカードに加えて、ソフトバンクカード(おまかせチャージ)も作ってみました。ソフトバンクの支払いにはこちらが少し、特なので。この場合、Yahoo! JAPAN IDも二つ必要かと思いましたが、今のところ、その必要はなく、SoftBank携帯の「長期継続特典」ヤフーショッピング等で使えるポイント3,000円分等は、Yahoo!Japanカードに付随するTカード番号の方に付与されました。Yahoo! JAPAN IDがこちらになっている為です。これとは別に、ソフトバンクカードに付随するTカード番号にも既に200ポイント程のTポイントが付与されましたが、これを期間限定キャンペーン「Tポイントでチャージ」(今なら100ポイントを100円相当でチャージ)ですんなり200円分のチャージに交換出来ました。
    また別のクレジットカードですが、最近初めて、P-one Wizカードに貯まったポイントをTポイントに交換したところ、これもYahoo! JapanカードのTカード番号の方に付与されました。
    自分の使っているTカードは他に、ファミマのクレジット無しカードが有り、サンドイッチの割引時等に使うと特なので、持っていますが、コレに貯まったTポイントは新たにYahoo!JAPAN ID登録をしないと使えない様です。
    Yahoo! Japanカードとソフトバンクカードの両方持っている人の話は、検索してもあまり出ていないので、参考までに。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です