クレジットカード申し込みに預貯金額は重要?審査に有利な条件

クレジットカードは誰でも持てるカードではありません。あくまで入会審査に通過した方が持つことができる決済カードです。

入会審査は、クレジットカードの申し込み時に入力する個人情報に加え、申込者の信用情報を信用機関から取り寄せて行われます。

そんなクレジットカードの申し込み時に入力する項目の一つである「預貯金額」の重要性について考えてみました。

一般的な預貯金額とは?

一般的な預貯金額というのは、その名の通り「預金と貯金の金額」です。

実は預金と貯金の違いは「預けている金融機関の違い」だけなんです。呼び名が違うってだけの話なんですよ。

「預金」:銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫など
「貯金」:ゆうちょ銀行、JAバンク、JFマリンバンクなど

他にも違いはあると思いますが、要はどちらも同じで、「今自分がいくら現金を持っているか」というのが、預貯金額となるわけなんですね。

クレジットカード申し込みの預貯金額とは?

クレジットカード申し込みの預貯金額とは?

楽天カードの申し込み時に入力する預貯金額

クレジットカードの申し込みの際に入力する「預貯金額」は先に紹介した預金額とは少し違い、預貯金額のうち、1年間にクレジットの支払いに充てることが可能な金額となります。

預貯金額-支払いに使えない金額=申し込みの際に預貯金額

支払いに使えないと考えられるお金は、こんなお金です。

例)
・決まっている支払いに使う予定のお金
・定期預金にあるお金
など※家賃、光熱費、ローン、駐車場代、保険料などがあります。

ローンの返済や定期預金にあるお金はクレジットの支払いに使えないので、クレジットカードの申し込みの際に入力する預貯金額には含められません。

ただ、任意なのでざっくり計算で入力するのは問題ありませんよ。

また、1年間にクレジットの支払いに充てることができる金額ということなので、ボーナス月が近ければ確実にもらえるであろう金額を含んでしまってもいいかなと思います。クレジットに充てられるはずですからね。

ただ、あまり先の話を入れてしまうと虚偽になってしまう可能性もあるので、注意しましょう。またこれはあくまで個人の意見のため自己責任で行ってくださいね。

「iPhone12」「iPhone SE(第2世代)」「Galaxy S20」「Xperia 1Ⅱ」など最新スマホ販売中!ストアへはこちらから行けます。

クレジットカードの審査に必要な預貯金額は?

クレジットカードの審査に通過するために必要な預貯金額に関しては、明確な指定がありません。実際に私も過去に預貯金額が0円の時にもクレジットカードの審査が通ったことがあります。(※借り入れはありませんでした。)

ただ、やはり個人的には預貯金額はある程度あったほうが審査に有利ではないかと考えています。

先ほど少し話しましたが、給料のボーナスなどの収入予定の金額を少し含んで申請して嘘にならない範囲で最大値を入力するといいでしょう。

ただし、給料に対して毎月支払っている金額が多い方は、あまり見栄を張らずに申告するほうがいいですね。

クレジットカードの申し込み時には嘘はやめよう!

クレジットカードは信用で成り立っている決済方式となっていますので、信用値が無くなるような嘘の申告はやめましょう。

年収が200万円なのに300万円と申告してしまったら嘘になります。また預金額が0円で、毎月支払いに充てられる金額が3万円程度なのに、100万円と申告したら嘘になります。

クレジットカードの申し込み時に嘘の申告をしてしまうと信用が崩れ、カード入会審査に落ちてしまう可能性がありますので、必ず本当の情報で申込みをしましょう。少し「盛る」分には問題ないかなと思っています。

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカード GOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカード GOLDも一緒に申し込みましょう!dカード GOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカード GOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

カード特典【ahamo】dカードボーナスパケット特典dカード:プラス1GB/dカード GOLD:プラス5GB
【ahamo】dカード GOLDご利用額10%還元特典(上限300ポイント)毎月のdカード GOLDのご利用金額100円(税込)につき10%
※毎月の進呈上限は300ポイント(カード利用金額3,000円(税込))


10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光利用料の10%のポイントが貯まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカードdカード GOLD
ポイント還元率1%10%
月額利用料15,000円
年間利用額180,000円
ポイント1,800円18,000円
年会費無料11,000円
実質お得額1,800円7,000円
貯まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカード GOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償ラウンジ無料年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカード GOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。 dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

dカード GOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18,000円の節約に!

dカード GOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカード GOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18,000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLD ケータイ補償を利用しています dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

国内・ハワイの主要空港ラウンジが無料!家族4人で往復8,000円分を無料にできる

dカード GOLDは国内・ハワイの主要空港ラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカード GOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1,000円)その家族カードでもラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機の離着陸を暇つぶしに眺めることもできます。

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

パワーアップして返ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカード GOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21,600円分の特典を、年間100万円以上利用していると10,800円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

光熱費やスーパーでの食材など、なるべく全ての支払いをdカード GOLDにまとめることで、月9万円=年間100万円は簡単に突破できますよね?つまり、年会費の10,800円分の特典を受け取るのは余裕で達成できます!ということは、ドコモ・ドコモ光のポイント10倍分を丸儲けできるんです!

あなたもこの機会にdカード GOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

最新スマホの購入

「iPhone12」「iPhone SE(第2世代)」「Galaxy S20」「Xperia 1Ⅱ」など最新スマホ販売中!ストアへはこちらから行けます。

執筆者

執筆者

西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦10念。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。
このブログでは最新のスマホ・ガジェット情報をどこよりも面白くお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です