Apple、「iPhone」購入の際の「2年間の無利息分割払いサービス」アメリカで提供開始

Appleが「iPhone」購入するユーザーに2年間の無利息分割払いサービスをアメリカで開始する予定であることが明らかになりました。
2019年10月30日、Appleの最高経営責任者(CEO)。ティム・クック(Tim Cook)氏が発言しました。
しかしこのサービスを受けるには「Apple Card」でiPhoneを買う必要があるそうです。

下記はソース記事のGoogle翻訳です。

資料:CNET「iPhone will be interest-free if you buy it with the Apple Card」

iPhoneはApple Cardで購入すると無利子になります

Apple CEOのTim Cookは、Appleが第3四半期の収益を報告する際に発表します。

Appleは、顧客がiPhoneを購入し、2年間で無利息で返済できるようにすることを開始すると、CEOのTim Cookは水曜日に述べた。ただし、新しいApple Cardでハンドセットを購入した場合にのみ機能します。これにより、顧客は電話の総費用の3%をキャッシュバックできます。

「本日、今年後半に、Apple Cardに別の優れた機能を追加することを発表できたことを非常に嬉しく思います」とCook氏は述べています。 「顧客は、新しいiPhoneを購入し、24%以上で利息0%で支払うことができます」

また、手数料は発生しない、とクックは付け加えた。「そして、iPhoneのApple Walletアプリで支払いを簡単に管理する機能」。

Appleカードは、iOSユーザー専用の同社初のクレジットカードとして8月に発売されました。これは、Apple WalletのiPhoneにあるデジタルカードであると同時に、Apple Payサービスが利用できない場所で使用できる物理的なクレジットカードでもあります。

Appleは第3四半期の収益を報告し、iPhoneメーカーが9月28日に終了した3か月間で売上が2%増加して640億ドルになったことを知らせました。AppleWatchやAirPods iCloud写真やドキュメントストレージなどのサービスに加えて、新しいApple Arcadeがあります。

「私たちは、サービス、ウェアラブル、iPadの成長を加速させることにより、史上最高の第4四半期の収益で2019年度の画期的な業績を達成しました」とCookは声明で述べました。

iPhoneの売り上げはほぼ10%減の330億ドルでしたが、iPhone 11、iPhone 11 Pro、およびiPhone 11 Pro Maxのホリデー四半期の売上は伸びる可能性があります。
(引用:CNETより)

「Apple Card」は、2019年8月にリリースされたカードで、「Apple Pay」に対応していない店舗でも使えるそうです。
「Apple Pay」を使っている方にはおすすめのカードのようです。

執筆者

執筆者

西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦10念。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。
このブログでは最新のスマホ・ガジェット情報をどこよりも面白くお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です