iPhone11、iPhone11Pro、iPhone11ProMaxの販売は「非常に良いスタート」

AppleのCEO・ティム・クック氏は2019年10月30日、2019年度第4四半期(7月〜9月)の業績発表の後、
iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxが「とても良いスタートを切った」とコメントしました。
これについて、iPhone XRより価格を安くしたことが要因では、という推測がされています。

資料:Reuters「Apple tunes out trade war as new AirPods, services lift holiday outlook」

ロイターとのインタビューで、クックはサービスとウェアラブルの好調な販売を期待しており、先月発売されたiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの販売は「非常に良いスタート」になると語った。クックは、この予測は、米国と中国が貿易紛争を解決するという同社の信念も反映していると述べた。

「本のすべての章を知っているわけではありませんが、最終的には起こると思います」とクックはロイターに語った。 「それが四半期中に起こることを確かに望んでいますが、それについて見ていきます。」

Refinitivのデータによると、カリフォルニア州クパチーノに本拠を置く同社は、9月に終了した第4四半期のiPhone売上高は33.36億ドルで、アナリストの予測は32.42億ドルであったと予測しています。

この結果は、前年比でiPhoneの売り上げが減少した第4四半期に当たります。同時に、ハードウェアは粗利益ベースで収益性が低下しており、Appleの製品の純売上高は減少しましたが、売上原価はわずかに増加しました。

(引用:Reuters より)

▼iPhone11は価格が低いながらもカメラの性能が良いという点は好評のようです。
一方で、回線切れやゴーストという問題も抱えています。

執筆者

執筆者

西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦10念。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。
このブログでは最新のスマホ・ガジェット情報をどこよりも面白くお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です