ビデオカメラのおすすめは?(2016年版)1/5.8型より1/2.7センサーを

「ええ?今や5万円のコンデジですら1インチのセンサー積んでるのに、

ビデオカメラは1/5.8ってどういうことなの?」

 

最近ビデオカメラを買おうと思っています。

すごく、すごーくビデオカメラが欲しいです。

製品をレビューするのに、写真とブログの文章じゃ限界があります!

やっぱビデオカメラが欲しいです。

 

そしてどうせビデオカメラを買うなら、

このビデオカメラをあちこち持っていって、

旅行の動画を撮ったり、

ディズニーランドに行った時の映像を撮ったりしたいです。

なので、しっかりした、高感度に強いムービーカメラが欲しいです。

 

あとは夜に部屋でYoutube用に動画を取るとノイズが乗りやすいので、

やはり暗いところでも綺麗に撮れるものが欲しいですね(笑)

 

実はビデオカメラなんて買わずに、

ガジェットブロガー引退する

っていう手もあるんですが、

まあ、寂しいですよね(笑)

 

ということで、やっぱりビデオカメラが欲しいんです。

 

値段が安いのは1/5.8インチセンサーばかり

 

とりあえず、価格.comのビデオカメラ人気ランキングを見てみました。

すると、このようになっていました。

 

値段が安いのは1/5.8インチセンサーばかり

 

GoProはちょっと用途が違うので、抜かすとして、

売れ筋ランキング1〜5位をカメラの基本性能だけ抜き出してみるとこうなります。

 

SONY
HDR-CX675
パナソニック
HC-V360M
パナソニック
HC-VX980M
パナソニック
HC-W580M
価格44,04429,28060,87842,749
センサーサイズ1/5.81/5.81/2.31/5.8
レンズF1.8-F4F1.8-4.2F1.8-3.6F1.8-4.2
最低被写体照度3ルクス1ルクス0ルクス1ルクス
倍率30倍50倍20倍50倍
焦点距離26.8-804mm28mm-1740mm30.8mm-626mm28mm-1740mm
有効画素数229万画素220万画素829万画素220万画素
総画素数251万画素251万画素1891万画素251万画素
手ぶれ補正光学式光学式光学式光学式

 

 

なんだろう、この

HC-VX980M以外期待できないこの感じ。

スペックだけ見ても、あーってなりますよ。

 

いろいろリサーチしていて、

5年前のビデオかめらよりも画質が悪くなった

という意見が今の家庭向けのビデオカメラ界全体にあります。

 

それもそのはずです。

1/5.8センサーって超豆つぶセンサーですよ。

(母数が小さいほどセンサーが大きくなり、綺麗な画像・映像が撮れます)

 

ちなみに数年前、Xperia Zだったか、Z1か忘れましたが、

スマホで1/2.7インチセンサーが初搭載され話題を呼びました。

最近のiPhoneや最近の画質を売りにしているスマホも

だいたいこれぐらい(1/2.7)のセンサーを使っています。

 

映像の綺麗さを決めるのは

レンズ・エンジン・センサーの3つなので、

センサーのサイズだけで比較するというのは難しいのですが、

それでも今の1/5.8というのはちょっと小さすぎます。

 

買うなら1/2.7は必須です。

パナのHC-VX980Mは

これ4Kに対応しているからこの有効画素数なんでしょうね。

こんなにいらないから、

1/2.7インチセンサーでもうちょっと安くしてくれないかな(笑)

条件をしぼって一覧で出してみた

 

価格.comで、センサー1/2.7以上、ハンディカメラで絞り込んでみました。

(アクションカメラを除いた)

 

すると、思った以上にいろいろな機種が出てきました。

 

価格.comで、センサー1/2.7以上、ハンディカメラで絞り込んでみました。

 

 

まず最初に目に止まるのは、

ビクターのGZ-N1、後継機種のGZ-N5です。

 

ビクターのGZ-N1、後継機種のGZ-N5です。

 

しかし、これはレビューを見ると簡単に取りたい人向けの機種で、

暗いところでも綺麗に!夜景も綺麗に!ディズニランドも綺麗に!

という人には向いていないようです。

 

で次に目に止まるのは

同じくビクターのGZ-V675

 

次に目に止まるのは同じくビクターのGZ-V675

 

これもまあ、それなりの写りのもののようで、

暗いところでも云々というのは難しいようです。

総画素に対して有効画素数が小さいので

実際スペックのほとんどを手ぶれ補正に使っているんですよね。

あまり、画質には期待できなさそうです。

 

それで結局画質のことまで考えると、

パナソニックのHC-850M、870-M、HC-980Mこの3機種に行き着きます。

 

結局画質のことまで考えると、パナソニックのHC-850M、870-M、HC-980Mこの3機種に行き着きます。1 結局画質のことまで考えると、パナソニックのHC-850M、870-M、HC-980Mこの3機種に行き着きます。2 結局画質のことまで考えると、パナソニックのHC-850M、870-M、HC-980Mこの3機種に行き着きます。3

 

発売日価格解像度総画素有効画素
HC-850M2014/1/952,791フルHD1276万603万
HC-870M2015/1/859,397フルHD1276万603万
HC-VX980M2016/1/760,8594K1891万829万

 

すごーく悩ましいです。

個人的に4Kはまだいらないです。

撮る気がないです。

 

しかし、そもそも2015年の機種でフルHDで撮るのと、

2016年の機種で4K撮影できる機種でフルHD撮るのと、

どっちが綺麗なんだろう・・・・・?

 

で、870Mと850Mはあまりスペック変わらないので、

正直850Mでもいいような気もするんですが、

・2014年の1月に出た機種を今5万円も出して買うのはどうなの?

・だったら安い3万の1/5.8センサーのでいいんじゃないの?

・ていうか、本当にビデオカメラいる?

・まだ、あなたこれからもガジェット系でやるの?

・いやいや、何系でやっていくにも、ビデオカメラはあるに越したことないでしょ?

・でも、これ買ったらどうやってもiPad Proは買えないよ・・・・・

(できればiPad Proとビデオカメラ合計で10万に抑えたいのですが・・・・・)

・ていうかさ、有効画素数も総画素数もこんなにいらないんだよねー。有効画素数207万、総画素数230万ぐらいでいいのに。昔のCanonにあったからあのとき買えばよかった。映像の色合いとか考えるとCanon最強なんだよなー、どっかに売ってないかな(笑)

・総画素数と有効画素数のこと考えたらSONY機のほうがいいんじゃない?

・でもSONYは一眼以外嫌いなんだよね

という感じでエンドレスに悩み続けています。

 

ちなみに価格.comの値段を見比べたところ、

怪しくないちゃんとした量販店のオンラインショップの

HC-VX980Mの最安値は、

僕が確認した時はノジマオンラインでした。

 

ええと、・・・・・

もし、あなたがいらないビデオカメラを持っていたら

僕に寄付していただけないでしょうか?(笑)

 

明日ジョーシンアウトレットでも見てこようかな。

そして、フラット見たら4万円ぐらいで

1/2.3インチのパナソニックのビデオカメラ売ってないですかね?

あったら速攻でカード決済するのに(笑)

ドコモユーザーならドコモ光と一緒にdカード GOLDを作るのが鉄の掟です

これからドコモ光を申し込むなら、dカード GOLDも一緒に申し込みましょう!dカード GOLDはドコモの通信料金、ドコモ光の通信料金の利用料の10%のポイントがたまります。

dカード GOLDは年会費1万円(税抜)かかりますが、それでも年会費無料のdカード(還元率1%)よりもポイントがたまります。その上で、位の高いGOLDカードならではの厚遇な特典を受けることができます。

カード特典【ahamo】dカードボーナスパケット特典dカード:プラス1GB/dカード GOLD:プラス5GB
【ahamo】dカード GOLDご利用額10%還元特典(上限300ポイント)毎月のdカード GOLDのご利用金額100円(税込)につき10%
※毎月の進呈上限は300ポイント(カード利用金額3,000円(税込))


10%還元だけでかなり元が取れる!

まずは仮にドコモ・ドコモ光利用料の10%のポイントが貯まったらどうなるかをシュミレートしましょう!

dカードdカード GOLD
ポイント還元率1%10%
月額利用料15,000円
年間利用額180,000円
ポイント1,800円18,000円
年会費無料11,000円
実質お得額1,800円7,000円
貯まったポイントは毎月のドコモの利用料金として当てることも、機種変更の時に使うことも、ローソンなどの街のお店で使うこともできます。(1P=1円)

これだけでも間違いなく、ドコモユーザーがdカード GOLDを作るべき理由となりますが、さらにdカードケータイ補償ラウンジ無料年間ご利用額特典というメリットがあるので、このまま読んでいただければdカード GOLDを作らない理由がないということをわかっていただけると思います。 dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

dカード GOLDケータイ補償が10万円分。月額料金の補償を外せば2年で18,000円の節約に!

dカード GOLDケータイ補償は、今使っているスマホが全損・水没・盗難など修理不能な状態になった場合、同一機種・同一カラーのスマートフォンをdカード GOLDで購入すると最大10万円までキャッシュバックされるサービスです。

ドコモのケータイ補償お届けサービスfor iPhoneは月額750円、2年間で18,000円です。dカードケータイ補償は画面割れや修理可能な故障は非対応で、あくまでも全損・水没・紛失・盗難が対象となります。しかし、ちゃんとiPhoneにケースをつけてガラスフィルムを貼っておけば画面の割れは防げますよね?

僕はドコモの月額料金の補償サービスは利用せず、このdカードGOLD ケータイ補償を利用しています dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

国内・ハワイの主要空港ラウンジが無料!家族4人で往復8,000円分を無料にできる

dカード GOLDは国内・ハワイの主要空港ラウンジを無料で利用することができます。

1枚のカードで本人が無料です。また、空港によっては中学生未満のお子さんが1名無料になるケースがあります。dカード GOLDは家族カードも1枚無料で作れて(2枚目からは年会費1,000円)その家族カードでもラウンジを無料で使えます。(同伴者の扱いも主会員同様です)

つまり旦那さんが本会員、奥さんが家族会員として利用すれば家族4人のラウンジ利用が無料になることだってあります

空港のロビーって人がゴミゴミして、混雑具合によっては座れなかったりしますよね?そんな時ラウンジに行けばゆったりしたソファーでくつろぎながらゆっくりコーヒーを飲んでフライトを待つことができます。

ラウンジはドリンクバーも無料のところが多いですし、コンセントもあるのでスマホやゲーム機を充電し、飛行機の離着陸を暇つぶしに眺めることもできます。

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

パワーアップして返ってきた年間ご利用特典で機種変が2万円も割引きに?

dカード GOLDは年に1度年間ご利用額特典というものを郵送してくれます。

2016年までは機種変の割引クーポンだったのですが、総務省の関係もあって特典内容を修正。名称を「年間ご利用特典」とし、内容も機種変の割引に加え、dトラベルやdファッションなどドコモのサービスから選べるようになりました。

年間で200万円以上利用していると21,600円分の特典を、年間100万円以上利用していると10,800円分の特典を受け取ることができます。僕はもちろんドコモの値引きクーポンとして利用しました。

光熱費やスーパーでの食材など、なるべく全ての支払いをdカード GOLDにまとめることで、月9万円=年間100万円は簡単に突破できますよね?つまり、年会費の10,800円分の特典を受け取るのは余裕で達成できます!ということは、ドコモ・ドコモ光のポイント10倍分を丸儲けできるんです!

あなたもこの機会にdカード GOLDを申し込んでみてはいかがでしょう?

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

最新スマホの購入

「iPhone12」「iPhone SE(第2世代)」「Galaxy S20」「Xperia 1Ⅱ」など最新スマホ販売中!ストアへはこちらから行けます。

執筆者

執筆者

西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦10念。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。
このブログでは最新のスマホ・ガジェット情報をどこよりも面白くお届けします。

1 個のコメント

  • とおりすがり より:

    HC-V360Mの後継のHC-V360MSのセンサーサイズが1/2.3になってますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です