Android Oneとは?Nexusと何が違うの?

スクリーンショット 2016-07-07 19.49.46

 

先日ワイモバイルから

日本初のAndroid Oneスマートフォン

「507SH」が発売されることが話題となりました。

 

ところでアンドロイドワンってなんなのでしょうか?

調べてみるとグーグルが設計しているスマホ

ということが出てきますが、

「でも、これシャープのスマホでしょ?」

ということで、話がよくわからなくなることもあるかと思います。

 

また、グーグルが作るスマホということならば、

ガジェヲタが大好きなNEXUSシリーズがあります。

これとは何が違うのでしょうか?

 

今日はAndroidOneとはなんなのか?

ネクサスシリーズと何が違うのか?

ということを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

アンドロイドワンとは何か?

 

Andrid Oneとはグーグルがスマホメーカーに

スマホ本体のハード面、スマホのOSなどのソフト面

これら両面をGoogleがサポートしながら、

安価で高品質なデバイスを生み出し、

常に最新のOSと最新のセキュリティーを使って

安心して使えるようにしましょうよ。

というものです。

 

もともとアンドロイド自体が、

Googleが作っているOSなのですが、

大抵の場合、Googleが作ったOSに加え

スマホメーカーがふんだんに独自仕様を加えています。

 

もしあなたがアンドロイドのスマートフォンを持っていたら、

アプリ一覧を見てみて欲しいのですが、

Android標準のアプリに加えて、

スマホメーカーやキャリアの

独自アプリがふんだんに入っていると思います。

 

普通に連絡先のアプリがあるのにドコモ電話帳があったり、

Androidの標準ブラウザは今Chromeなのに、

さらにもう一つブラウザアプリが入っていたり、

エクスペリアなんだかアプリとか、

シャープ簡単なんとかかんとかとか・・・・・

 

とにかくスマホの初期状態でもいろんなアプリケーションが入っていて、

ホーム画面もメーカーによってそれぞれ個性があり、

カメラに関しても、食事モードとか、美肌モードとか、

インスタぽく撮れるモードとか付いていると思います。

 

それらは全部、シャープ、ソニー、サムスン、富士通、京セラなどのスマホメーカーや、

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルなどのキャリアが独自仕様で

AndroidのOS自体をカスタマイズしてしまっている場合が多いのです。

 

そうなるとGoogleがアンドロイドOSのアップデートを行った時に、

そのアップデート内容に合わせて、

自分たちの独自アプリやカスタマイズが動くように

毎回毎回修正をする必要が出てきます。

 

これにはかなり人件費も時間もかかります。

そしてアップデートが遅くなり、

世界中で新しいOSの新機能を使って楽しんでいる中、

日本でだけアップデートが来ないということが起こります。

 

そんなことが起こるくらいなら、

「俺たちがソフトは全部作ってやるから、

お前らメーカー側は余計な調整するな!

その代わり常に最新OS配ってやるよ!」

とGoogleが常に最新OSを配布する形をとったのが

アンドロイドワンです。

スポンサードリンク

Nexusと何が違うの・・・・・?

 

ただ正直、これではNexusと何が違うのかがわかりません。

NexusだってGoogleが選んだメーカーが

Googleの望んだ仕様に合わせてハードを作り、

ソフト面は素のAndroidOSが入っています。

最新のアップデートもすぐにきます。

 

じゃあ全部あれもこれもNEXUSシリーズってすればいいじゃん!

と思います。

僕もネットで色々探していてそう思いました。

 

しかし、Nexusシリーズと違うことは

アンドロイドワンは圧倒的に端末価格が安く

スペックも抑えめに作られているということでです。

 

NEXUSシリーズはミドル〜ハイエンドですが、

Androidワンはロー〜ミドルエンドです。

 

今回日本で発売される507SHも実質1−2万円で販売される予定で、

とにかく価格を抑えた中で高品質なものを意識したモデルとなっています。

 

NEXUS 5Xに搭載されている

トレンド要素の指紋認証などは搭載していません。

 

流行の要素を取り入れつつ、

ミドル〜ハイエンドの端末がNEXUSシリーズ。

余計な機能をそぎ落とし、

低価格で高品質なものを作ったのがAndroidOneという感じです。

 

 

Android Oneで世界展開も可能に?

 

今まで日本のスマホメーカーは

日本の環境に合わせて日本向けにカスタマイズをしていたため

グローバル展開できないものが多かったです。

(日本メーカーでグローバル展開されているのはソニーのXperiaぐらいですね)

 

そこへ今回のシャープや、富士通・京セラといった日本のメーカーも

世界基準で使える素のAndroidが手に入り、

自分たちで更新のたびに修正を行う必要がないのであれば、

海外で売ることも視野に入ってくるでしょう。

 

Android Oneで日本のスマホ界の復興、

撤退してしまったメーカーの復活があると嬉しいですね。

スポンサードリンク

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です