「iPhone SE(第2世代)」最新スマホ徹底比較!買い替えるならどのスマホ?【2020年春】

こんにちは、けーしんです。

今回は、2020年春に登場した、もしくは登場予定のスマホについて解説していきます。

注目のiPhone SE(第2世代)を始めとして、各メーカーともに充実のラインナップなので、新生活を機に買い替えを検討している方は、自分に合う新しいスマホを見つけられるかと思います。

2020年最新!春の最新スマホのおすすめは?


春に登場となるスマホについて、メーカーごとにご紹介していきます。

各メーカーごとに好みがある人、どのメーカーにするか迷っている人は、この記事で機種の特徴やメリットをまとめて確認してみてください。




iPhone SE(第2世代)はiPhone史上最高のコストパフォーマンス


まずは、4月にAppleから発表された新型のiPhone。
名前は「iPhone9」とも「iPhone SE2」とも言われていました。

第1世代のiPhone SEやiPhone8の後継機としてのエントリーモデルの新型
価格は他の機種と比べてリーズナブルな設定で、5万~7万円台です。

それでもCPUは現役最高モデルiPhone11シリーズと同等のA13 Bionicが搭載されており、第1世代のiPhone SEよりも2.4倍の高い処理能力を持っています。

年々大型・高額になっていくスマートフォン業界だからこそ、コンパクトかつ安価な端末を求めるユーザーは多いです。

第2世代のiPhone SEはそんな根強いユーザーを満足させる端末です。

片手で操作できるコンパクトさ、高すぎない価格。

コスパと操作性を重視したい人に、この春おすすめできるスマホのひとつになるのは間違いありませんね。

【機種情報・スペック】

  • 名前:iPhone SE(第2世代)
  • サイズ:iPhone8を踏襲した4.7インチ
  • 価格:5万~7万円台
  • 発売日:2020年5月11日販売予定
  • カメラ:従来モデルと同じ背面1レンズ/内側1レンズ
  • CPU:最高レベルのA13 Bionic
  • 認証:Touch ID(Apple Pay対応)

ドコモ、au、ソフトバンクの大手3キャリアでも取り扱いが発表されています。
例えばauの「かえトクプログラム」適用で2万円台後半~になるのは、とても魅力的です。

Galaxyは5G対応のS20シリーズが狙い目!


Samsungが提供するGalaxy Sシリーズ。
最新作は昨年のS10/S10+から1年経たずして登場の「Galaxy S20 5G/Galaxy S20+ 5G」です。

3大キャリアでの販売はドコモとauの2社。
ドコモでは3月20日、auでは3月26日にGalaxy S20 5Gから販売が開始されました。

ドコモ・auでの価格をまとめると次の通り。

ドコモau
Galaxy S20 5G97,460円
(割引適用時64,973円)
117,480円
(割引適用時 68,425円)
Galaxy S20+ 5G109,340円
(割引適用時 72,893円)
133,280円
(割引適用時 76,475円)

ちなみにGalaxy S20+ 5Gに関してはまだ発売前。auでは5月下旬とされているため、ドコモでもおそらく同時期の発売となるでしょう。

一括価格では少々値段が張るものの、ドコモのおかえしプログラムやauのかえトクプログラムで分割・割引をすれば6万5千円~7万5千円前後になり、十分に手の届く現実的な価格になってきます。

前モデルのGalaxy S10とのスペック比較をすると以下の通り。

サイズ・重量は大きく変わらず、バッテリー容量が増え、メモリやCPUで大幅なスペックアップを実現しています。

Galaxy S20Galaxy S10
サイズW69×H152×D7.9mm
(最厚部 9.2mm)
W70×H150×D7.8mm
(最厚部 8.5mm)
画面サイズ6.2インチ6.1インチ
重量約163g約158g
バッテリー容量4,000mAh3,300mAh
電池持ち時間約125時間(5Gエリア)
約130時間(4Gエリア)
約100時間
メモリ12GB8GB
ストレージ128GB128GB
OSAndroid 10Android 9 Pie
CPUSnapdragon 865Snapdragon 855

さらに魅力的なのが、カメラ性能です。

前作のS10の3レンズカメラを継承しつつ、30倍ズームを実現した超望遠レンズカメラの画素数は6400万画素と比べ物にならない向上を果たしました。

また、話題の5G通信にも対応したGalaxy S20 5G

日本国内の5G技術が広く浸透すれば、これまでのような通信速度の遅さでイライラする場面はなくなっていくでしょう。

新しい技術が凝縮された最新のGalaxyシリーズで、その凄さをいち早く体験したいという人は検討してみてはいかがでしょうか。

日本が誇るXperiaは最高峰の性能


SONYが提供するXperiaシリーズでは、この春に新作が登場。

名前は「Xperia 1Ⅱ」と「Xperia 10Ⅱ」。
話題の5Gに対応した初のXperiaです。

なお、Xperia 10Ⅱはドコモでのみ5月下旬の発売が決定しています。

また、Xperia 1Ⅱの価格については以下の通り。

ドコモau
Xperia 1Ⅱ118,052円
(割引適用時 78,701円)
133,600円
(割引適用時 79,120円)

Xperia 1Ⅱは史上最高スペックで、全てが最高峰の性能をもったスマートフォン。

一方、Xperia 10Ⅱは、CPUやメモリなどの性能をワンランク抑えて、軽量化ボディが特徴です。

ざっくりスペック比較表を見てみるとこのようになります。

Xperia 1ⅡXperia 10Ⅱ
サイズW69×H152×D7.9mm
(最厚部 9.2mm)
W70×H150×D7.8mm
(最厚部 8.5mm)
画面サイズ約6.5インチ/有機EL約6.0インチ/有機EL
重量約181g約151g
バッテリー容量4,000mAh3,600mAh
メモリ8GB4GB
ストレージ128GB64GB
CPUSnapdragon 865Snapdragon 665

また、カメラ機能に関しても魅力あふれる仕様です。

両機種ともに超広角・広角・望遠のトリプルレンズを搭載。

Xperia 1Ⅱでは世界初の1秒20コマの高速連写を実現。3つのレンズを自在に切り替えてオートフォーカスなどを行い、被写体をより高精度に捉えて美しい写真を撮影できます。

ソニーのプロフェッショナルカメラ開発チームが監修した動画撮影専用機能「Cinematography Pro」は、プロ用シネマカメラで撮影したかのような操作感と画作りを楽しめるとのこと。

一般の人でもプロが撮影したかのような美しい映像が撮れるのが魅力です。

筐体を横にした時、その左右に搭載されたスピーカーがステレオ再現性を強化。最近のスマホでは珍しくイヤホンジャックも搭載されているため、手持ちのイヤホン・ヘッドホンにも対応できるのも嬉しいポイントです。

CPU・バッテリー・カメラ・オーディオと、最高峰スペックが搭載されたXperia 1Ⅱは、本格的なスマートフォン利用に適した一台ではないでしょうか。




HUAWEIを選ぶ選択肢も有り!


中国のメーカーで、いまや世界的にもトップレベルの機種を提供するHUAWEI。

この春には5G対応の最新機種「HUAWEI Mate30 Pro 5G」が登場となります。

高性能なスペックが売りのMateシリーズの新作とあり、内容は申し分ない性能を持ち合わせています。

さらに5G通信にも対応となったHUAWEIとして初めてのスマートフォンとして注目されています。

HUAWEI Mate30 Pro 5G
価格12万8,800円
サイズ158×73×9.5mm
画面サイズ約6.5インチ ホライゾンディスプレイ
カメラ4000万+4000万画素広角レンズ
800万画素望遠レンズ
3D被写界深度カメラ
重量約198g
バッテリー容量4,500mAh
メモリ8GB
ストレージ256GB
CPUHUAWEI Kirin 990

逆に不安視されているのが、Googleが使えないということ。

米国からの禁輸措置が続いているため、現行のHUAWEI端末には、Googleのモバイルサービス(GMS)が搭載されていません。

そのため、HMS(Huawei Mobile Service)のアプリ配信ストア「AppGallery」を利用できるようになっていいます。

世界のスマートフォンはiPhoneを除き、ほとんどがGMSを搭載している中、それが入っていない点は無視できません。

とはいえ、Googleのサービスにそこまでこだわりがない人なら十分に満足できる性能を持ったスマホ。

ありふれたスマホでは我慢できない人はもちろんのこと、乗り換え先の候補として検討してみてもよいでしょう。

日本国内での販売は、4月予定です。

残念ながらドコモなどの三大キャリアでの販売は予定されていないものの、ヨドバシカメラやビックカメラの一部に出店している「ファーウェイ・ショップ」で販売されます。

楽天市場・PayPayモール公式ショップでも取り扱うようなので、ネットから購入したい方はチェックしてみましょう。

春の最新スマホまとめ


2020年春の最新スマートフォンおすすめについて、メーカーごとに新型をいくつかご紹介していきました。

  • コスパ優秀、Appleの新型iPhone SE(第2世代)
  • Galaxy S20 5G/S20+ 5Gはカメラ性能が飛躍的に向上し5Gにも対応
  • Xperia 1Ⅱはカメラ・音質・CPUなど世界最高峰のスペック
  • HUAWEI Mate30 Pro 5GはGoogleが使えないことを除けば、死角なし
  • iPhone以外は、全体的に5G対応となるスマホが多く登場

僕のおすすめはiPhone SE(第2世代)です。今はまだ5G対応よりもコスパ重視が良いと思います。

春はスマホ買い替えシーズンのため、各メーカーともチカラを入れています。

自分に合う最高の機種を見つけてみてください。

ドコモユーザー必携【dカード GOLD】年会費永年無料【dカード】

【2020年】dカード GOLD最大のメリットは家族カード!作らないと損する残酷な理由とは?

dカードの審査は学生でも通るのか?甘くもきつくもない普通のクレジットカード

最新スマホの購入

執筆者

執筆者

西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦10念。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。
このブログでは最新のスマホ・ガジェット情報をどこよりも面白くお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です