ドコモ光の評判は?「速度が遅くインターネットに繋がらない」その口コミへの対策があった!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-11-22-58-10

ここ1、2年の間にCMなどで「ドコモ光」という言葉を耳にするようになりました。

ドコモ光とは光コラボの一種です。NTTが設備を敷いた回線をdocomoやソフトバンク、OCNがサービスを借り受け、光回線を提供するもののことです。

NTTにとっては料金の請求や、コールセンターなどのサービス対応を、コラボ光の回線に任せることができ、その人件費を減らすことができるというメリットがあります。そして、その人件費が減った料金を下げることができるので、僕たちユーザーは今までよりもっとお得な料金でインターネットを楽しむことができます。

光コラボを提供している卸業者は数十種類にもわたりますが、その中でも、シェアNo.1なのがドコモ光です。特に、ドコモの携帯電話・スマホ・iPhoneを使用している方に大人気です。(出典元:MM総研)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-11-23-03-05

あなたが今ドコモの携帯電話を家族みんなで利用していて、スマホのパケットパックを家族でシェアしているならば、毎月の料金が下がります。逆に言うとドコモ光にしないだけで、月々月額料金を多く支払うことになっています。

子供の学費。塾や習い事やなどにお金がかかるファミリー世帯にとっては、「ドコモ光にしたいけど、なんか難しそうだし、面倒くさそう」というのが実情ではないでしょうか?

光コラボの中でも圧倒的に選ばれていて、シェアNo.1のドコモ光ですが、現在使用している人の評判の中には、回線速度が遅いといった意見もチラホラあります。

また、フレッツ光を使っていた時よりも、インターネット回線に繋がりにくくなったという口コミもあります。

NTTグループであるドコモという名前を信頼してしてドコモの光回線を契約しても、実際には全ての人が満足しているという状況にはないようです。

それはなぜなのか?そして、どうやってドコモ光を利用すれば、今のフレッツ光よりも、料金を安くできてなおかつ快適に使えるのか?ということをご紹介します。

スポンサードリンク

繋がらないのはネットではなく、サポートセンターだった?

実は繋がりずらいといった感想は、インターネットに繋がらないという不具合ではありません。ドコモ光のサポートセンターに電話がつながらなかったというものです。

ドコモ光開始後は、申込が驚くほど急増しました。それこそ、ドコモ側が想定していた以上に申し込みが殺到したようです。それほどドコモユーザーが待っていたということでしょう。

工事の日程がおそかったことについては、サポートセンターが繋がりにくく、確認が遅れてしまったことで起こりました

このようなことが重なったので、インターネットまでもが繋がりにくいと勘違いしてしまう人も多くいました。インターネットに繋がらない不具合というのは存在しないので安心してください。

また、サポートセンターに繋がりにくいということに関しては、後でご紹介するある対策があるので楽しみにしていてください。

しかし、回線速度の遅さに関しては、不満を抱えている人がごく一部であるとは言えない状況です。

スポンサードリンク

なぜドコモ光の速度が遅いのか?

回線速度に対する満足度にばらつきが出るのには理由があります。主に回線速度はプロパイダによるものが多いです。

NTTの光回線は、ドコモ光であろうが、OCN光であろうが、ソフトバンク光であろうが、フレッツ光回であろうが、違いはありません。NTTの電話局から電柱を介して、自分の家までの物理的な回線を敷いているのはNTTです。そこに違いはありません。

インターネット回線を契約して開通させた時期や、契約回線の種類によって、速度やNTTの装置が変わってきます。そこで1Gbpsや200Mbpsという速度の違いが起こります。僕は静岡に住んでいるときは、アパートに住んでいても一戸建てプランでした。理由は集合住宅向けプランに対応していないからです。今は埼玉のマンションに引っ越したのですが、マンションに入っている装置が古いので100Mbsのマンションプランを使っています。

しかし、以前100Mbpsの回線を利用していて、ドコモの光回線も同じ100Mbpsにしたのに、実際には通信速度が遅くなったと訴える人がいます

このようなことが起こる原因は、プロパイダを変更したことによる可能性が高いです。

プロパイダとは、「OCN」、「Yahoo!BB」、「So-net」のように、NTTの光回線をインタネットに接続する役割を担った、インターネット接続サービスを提供する事業者のことです。サーバーや各種装置を所有するプロパイダのサービス品質によって、光回線の速度に大きな違いが出るのが現状のようです。

ドコモの光コラボ対応のプロパイダは現在20社を超えていて、満足の通信環境を得るには、厳選したプロパイダ選びが必要になって来ます。

ところが、ドコモ光を申し込むと、ドコモが運営するプロパイダである「ドコモnet」に変更することを進められることが多いです。そのドコモnetを機械やインターネットに詳しくない人がドサッと契約をしたため、回線速度が遅く、夕方から夜の家でくつろぐ時間帯は遅くて使い物にならないという現象が見受けられます。

スポンサードリンク

プロパイダはどこを選ぶのが正解なのか?

光回線のプロバイダ選びをするうえで、「料金が安い」ということで決める人が大半ですしかし、それでは後悔することの方が多いです。

単純に料金だけで選んでも「通信が安定せず、しょっちゅうエラーがでる」ということや「通信速度が遅くて使い物にならない」ということが起こる可能性があります。というか、ドコモ光を契約している方では実際に起こっています。

そこでお勧めなのが、GMOとくとくBBのドコモ光です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-11-23-20-22

ドコモ光は20のプロパイダから選ぶことができます。そのプロパイダはAタイプとBタイプといった2種類に分かれていて、月額料金が200円変わります。GMOとくとくBBはAタイプなので、Bタイプよりも月額で200円安い価格設定になっています。その上GMOとくとくBBのドコモ光は早くてWEBで申し込めてルーターも無料レンタルしてくれます。

GMOとくとくBBのドコモ光は早い!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-12-14-09

GMOとくとくBBドコモ光は、ipv6アドレスとipv4アドレスの両方が使用可能な方式を取っています。ipv6に対応することで回線のスピードも最大1Gbps対応しています。

よく「ドコモ光にしたらインターネット接続が遅くなった」と言っている人のほとんどは、ipv6に対応していない、「ipv4しか使えないプロパイダ」を使っていることが主な原因です。

もし、それでもGMOとくとくBBが遅いと感じたら、速度を測定しGMOに送るとポイントが100ポイントもらえます。それだけ品質保証ができる自信があるということです。

GMOとくとくBBは24時間WEBから申し込める!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-12-19-07

ドコモ光の申し込み方は、今まで2つありましたが、どれも混雑して時間がかかるものでした。その2つとは

  • ドコモショップへ行く
  • ドコモへ電話する

というものです。ドコモショップはいつも混雑していますよね?僕もオプションの変更などで時々行きますが、いつも2時間ほど待たされます。

また、ドコモへ電話して申し込みをすることもできますが、営業時間が限られている上に、電話が繋がるまで1時間待たされることもあります。1時間ずっと携帯を片手に持っているのは辛いものがあります。

しかし、GMOとくとくBBドコモ光なら24時間インターネットから簡単に申し込みをすることができます。さらに、折り返しの確認の電話は自分が希望する時間帯にGMOとくとくBBからかけてきてくれます。

電話やドコモショップで待ちくたびれるより、インターネットで簡単に入力するだけでドコモ光が申し込める方が良くないですか?



高性能無線LANルーターを無料でレンタルしてくれる!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-12-18-30

GMOとくとくBBドコモ光の速度は最大1Gbpsに対応しています。しかし、無線LANルーターが1Gbpsに対応していないと最大限にその速度を有効利用することができません。

また、5年前の無線LANルーターよりも、最新の無線LANルーターの方が最新の技術や方式を採用しているので、スマホやパソコンをwi-fiに繋げた時も反応が早くなっています。

最新の性能の良い無線LANルーターは普通に購入すると1万ほどします。なかなかの痛手ですよね?

しかし、GMOとくとくBBは1.3Gbpsに対応した高性能無線LANルーターを無料でレンタルしてくれます。最新の通信方式てある801.11acにも対応していて、通信速度が速い上に他の電波の干渉も受けにくく安定して動画を見続けることもできます。

よく無線LANを有料で月300円でレンタルしているところがありますが、GMOとくとくBBドコモ光は無料で使うことができるので非常に助かりますよね?



ドコモが月額980円で家族通話のみが無料の「シンプルプラン発表」シェアオプション込みで月1780円に

2017.04.27

W04(HWD35)ってSIMフリーなの?ドコモ・ワイモバイルのSIMカードが使えるか実際に試してみた

2017.04.27

EtorenでGalaxy S8/Galaxy S8+の販売開始!しかもExpansysより安いよ!

2017.04.26

ソフトバンクカードとYahoo!Japan(YJカード・ヤフーカード)の違いとは?

2017.04.25

ドコモオンラインショップでシェアパックの子回線は新規契約できるのか?

2017.04.25

ドコモユーザーならdカードGOLD当然持ってますよね?

あなたがドコモ回線を使っているなら、dカードGOLDも当然持ってますよね?

無料で作れるdカードよりも、年会費が1万円かかるdカードGOLDの方がトータル的には絶対にお得になります。ゴールドではないdカードは年会費無料のクレジットカードでポイントが1%溜まるのですが、dカードGOLDは年会費1万円のクレジットカードで、ドコモ・ドコモ光の利用料の10%のポイントがたまります。

仮にドコモ回線とドコモ光の合計が月1万5千円だった場合のポイントのたまり具合を比較してみます。

dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
年間利用額 180,000円
ポイント 1800円 18000円
年会費 無料 10000円
実質お得額 1800円 8000円

 

もっと下げて1万円だった場合はこのようになります。

dカード dカードGOLD
ポイント還元率 1% 10%
年間利用額 120,000円
ポイント 1200円 12000円
年会費 無料 10000円
実質お得額 1800円 2000円

dカードは年会でたまるポイントが1800ポイントですが、dカードGOLDの場合は18000ポイントたまります。年会費が1万円かかっても8000円分はお得になります。

月々の利用料金が1万円だった場合、ポイントを加味した1年間のトータル額はdカードとほとんど変わりませんが、空港のラウンジが使えるとう圧倒的特権を手にすることができます。

僕もdカードGOLDで空港のラウンジを無料で使ったことがあります。飲み物は無料で飲めるし、落ち着いた空間でゆっくり休むことができるので、年に1度旅行に行くなら持っていて損はないカードです。

dカードGOLDのメリット神!リクルートカードプラスを圧倒!

2015.12.06

dカード GOLDのお申し込みはこちらをクリック!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です