JALカードSuica CLUB-A ゴールドカードが登場!年会費・還元率・特典・メリット・デメリットまとめ

こんにちは!けーしんです。

Suicaにオートチャージができて、JALマイルを貯められる唯一のクレジットカードで大人気の「JALカードSuica」。2018年7月18日、ついに待望されていたゴールドカードがリリースされました。

JALカードSuica CLUB-A ゴールドカードが登場!年会費・還元率・特典・メリット・デメリットまとめ

2018.07.15

JALカードSuicaにCLUB-A ゴールドが登場したおかげで、ついにJALカードSuica愛用者が、カード一枚で空港ラウンジが利用できるようになりましたね。

今までは、JALカードSuicaにはゴールドカードがありませんでした。普段は決済で利用しないゴールドカードを、空港ラウンジを利用するために、わざわざ一枚財布に入れていた方も多いのではないでしょうか?ついにその煩わしさからも解放されますよ!

JALカードSuica CLUB-A ゴールドのスペック

年会費 20,520円
ブランド JCB
家族カード
年会費
8,640円
還元率
(マイル)
1%
(税込100円→1マイル)
※ショッピングマイルプレミアム自動適用
還元率
(JRE POINT)
1.5%
(1,000円につき15ポイント)
ポイント交換 1500JRE POINT→1000マイル(マイル還元率1%)
1000マイル→1000JRE POINT
ラウンジ
(空港)
JCBゴールドの空港ラウンジ
ラウンジ
(東京駅)
ビューゴールドラウンジ
※当日東京駅を発車する新幹線・特急列車の
グリーン券またはビューゴールドラウンジ利用券が
別途必要
国内旅行保険 最高5000万円
旅行以外でも、改札内入場時より補償
海外旅行保険 最高5000万円
ゴルファー保険 賠償責任1億円
ショッピング
プロテクション
年間限度額300万円

 

JALカードSuica CLUB-A ゴールドの特徴

JR東日本の利用でビューサンクスポイントが貯まる(還元率1.5%)

定期券や特急券、乗車券の購入、Suicaへのチャージでビューサンクスポイントが貯まります。

1000円の利用につき15ポイント貯まるので、還元率は1.5%。楽天カードや、ヤフーカードなど、他の人気カードは還元率が1%なので、それよりもはるかにお得ですね。

貯まったポイントは1JRE POINT=1円として、駅ビルで利用したり、Suicaにチャージしたりすることができます。

また、JALマイルへ移行することもできます。

 

Suica、モバイルSuicaへのオートチャージができる

あなたがお持ちのSuicaや、iPhone、スマートフォンなどのモバイルSuicaへオートチャージができます。

改札を出るときに、残高がなくて止められた経験はありませんか?

オートチャージの設定をしておけば、毎回チャージをする手間も、チャージし忘れで改札で止められる手間ともおさらばです。

もちろんオートチャージをした時も、1000円の利用につき15JRE POINTが貯まります。

 

Suicaや定期などで貯まったJREポイントをJALマイルへ移行できる

Suicaのチャージや定期で貯まったJREポイントは1500JREポイント毎にJALマイルへ移行できます。

JALカードSuicaはSuicaにオートチャージができて、貯まったポイントをJALマイルへ移行できる唯一のクレジットカードです。

通勤・通学で貯まったポイントをお得にマイルに変えて旅行に行くのも楽しみですね!

 

空港ラウンジが使える

JALカードSuica CLUB-Aゴールドを当日の航空券と一緒にカウンターに提示すると、ラウンジを無料で利用することができます。

出発前のうじゃうじゃ混んでいて、座れるかどうかすら分からない窮屈なロビーではなく、落ち着いた空間のラウンジで無料のドリンクを飲みながらくつろんで空の旅を満喫できますね。

また、上級会員のJCG、20代限定のESTをつけると、ワンランク上のサクララウンジも利用できます。

 

東京駅ラウンジが使える

空港のラウンジだけでなく、東京駅のラウンジも、JALカードSuicaゴールドと当日の東京駅発のグリーン車指定席券、またはラウンジ券があれば入ることができます。

今まで東京駅のラウンジに入れるカードは「ビューゴールドプラスカード」ぐらいしかありませんでした。しかし、はっきり言って、年会費が1万円かかる割にはメリットが少なく人気がありなかったんです。

それに対して、今回登場したJALカードSuicaは出張などで年に数回飛行機に乗る方であればメリットは絶大です。その上、陸の新幹線の移動でもグリーン車を取れば東京駅のラウンジでゆったりと時間調整ができるわけです。

 

国内旅行保険が付帯、しかも通勤・通学も補償対象

最高で5000万円の国内旅行保険が付帯しています。その上特徴なのは、旅行の保険だけではなく、日常利用の改札内でも補償対象となります。

例えば、大宮から新宿へ日帰りで遊びに行って、改札内の階段で足を捻挫してしまった時を考えてみましょう。普通は国内旅行保険の対象とはなりません。しかし、JALカードSuica CLUB-A GOLDは補償の対象となります。

JRで通勤・通学されている方は、何かあった時のお守りとして持っていてはいかがでしょうか?

 

賠償責任1億円のゴルファー保険が付帯

「飛行機で空を旅しながら、全国でゴルフをするのが楽しみ」という方向けに、ゴルファー保険も付帯しています。

誰でも意図的に事故を起こしたいものではありませんが、「ドライバーでフルスイングしたら、予想しないところに球が飛んでいき、隣のコースの人に当たって怪我をさせてしまった。」なんてことが起こってしまう可能性は誰にだってあります。

その時、JALカードSuica CLUB-Aゴールドのゴルファー保険があれば、あなたを守ってくれます。

私にJALカードSuica CLUB-A ゴールドってぴったり?簡単な判別方法を紹介

JALカードSuica CLUB-A ゴールドがおすすめできない方

  • 空港ラウンジ、東京駅のラウンジが使えるゴールドカードをすでに持っている方
    →年会費がもったいないので、年会費が初年度無料な通常のJALカードから始めましょう
  • JRやSuicaをほとんど利用しないけど、JALのマイルを貯めたい
    →日常使いでJALマイルが貯まる、JALカードDC(mastercard)がおすすめ

JALカードSuica CLUB-A ゴールドがおすすめな方

  • 空港ラウンジ、東京駅のラウンジが使えるゴールドカードを持っていない方
  • JR(東日本)と、JALの飛行機どちらも利用される方
  • JRの定期やSuicaへのオートチャージをしながらマイルを貯めたい方
  • ビューゴールドプラスからカードの乗り換えをしたい方

JALカードSuica CLUB-A ゴールドは、Suicaのオートチャージをしながらマイルを貯めたい方。空と陸両方をお得に利用したい方におすすめのクレジットカードです。

また、JALカードSuicaの入会キャンペーンとして、2018年10月31日までにCLUB-A ゴールドに入会した場合【3000マイル+3000JRE ポイント】を貰えます。

3000マイルはカードを30万円分利用した時に付与されるマイル、3000JREポイントはカードを20万円分利用した時に付与されるポイントです。つまり合計50万円利用してようやく付与されるポイントを一気にもらえてしまうわけですね!

キャンペーンが終わらないお得なうちに、JALカードSuica CLUB-Aゴールドを手に入れましょう!

JALカード Suica CLUB-A ゴールドを申し込むにはこちらをタップ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です