こんにちは、けーしんです。

iPhone8を予約し、発売日に購入しました。手に入れてから1週間以上使ったのでわかったことをレビューしていきたいと思います。

iPhone8のスペック一覧(iPhone8 Plus/iPhoneXと比較)

iPhone X iPhone8 Plus iPhone8
ディスプレイサイズ 5.8インチ 5.5インチ 4.7インチ
ディスプレイ名称 Super Retina
HDディスプレイ
Retina
HDディスプレイ
Retina
HDディスプレイ
メインカメラ
画素数
12MP
広角・望遠
12MP
広角・望遠
12MP
広角のみ
認証機能 Face ID
顔認証
Touch ID
指紋認証
Touch ID
指紋認証
SoC(CPU) A11 Bionic A11 Bionic A11 Bionic
充電 有線・無線
Lightningケーブル
Qi
有線・無線
Lightningケーブル
Qi
有線・無線
Lightningケーブル
Qi
バッテリー駆動時間 iPhone7より
最大2時間長い
iPhone7 Plusと
同等
iPhone7と同等
容量・価格
SIMフリー版
(税抜)
64GB
:¥112,800
256GB
:¥129,800
64GB
:¥89,800
256GB
:¥106,800
64GB
:¥78,800
256GB
:¥95,800
カラバリ シルバー
ブラック
シルバー
ブラック
ゴールド
シルバー
ブラック
ゴールド
本体サイズ 143.6x 70.9x
7.7mm
158.4x 78.1x
7.5mm
138.4x 67.3x
7.3mm
重量 174g 202g 148g
予約開始日 10/27 16:01 9/15 16:01 9/15 16:01
発売日 11/3 9/22 9/22
ディスプレイ
名称 Super Retina
HDディスプレイ
Retina HD
ディスプレイ
Retina HD
ディスプレイ
サイズ 5.8インチ 5.5インチ 4.7インチ
素材 OLED IPS LCD IPS LCD
解像度 2436×1125 1920×1080 1334×750
コントラスト比 1,000,000:1 1,300:1 1,400:1
HDRディスプレイ 対応 非対応 非対応
最高輝度 625cd/m2 625cd/m2 625cd/m2
メインカメラ   
カメラレンズ 広角:f1.8

望遠:f2.4

広角:f1.8

望遠:f2.8

広角:f1.8
手ぶれ補正 広角:対応

望遠:対応

広角:対応

望遠:非対応

広角:対応

望遠:非対応

光学ズーム 対応 対応 非対応
ポートレートモード
(背景ぼかし)
対応 対応 非対応
ポートレート
ライティング
対応 対応 非対応
4K60fps動画 対応 対応 対応
1080pの
スローモーション
動画
対応 対応 対応
フロントカメラ
カメラ種類 TrueDepth
カメラ
FaceTime HD
カメラ
FaceTime HDカメラ
画素数 7MP 7MP 7MP
動画 1080p 1080p 1080p
ポートレートモード
(背景ぼかし)
対応 対応 非対応
ポートレート
ライティング
対応 対応 非対応
アニ文字 対応 非対応 非対応
バッテリー
連続通話時間 最大21時間 最大21時間 最大21時間
インターネット閲覧 最大12時間 最大13時間 最大12時間
ビデオ再生
(ワイヤレス)
最大13時間 最大14時間 最大13時間
オーディオ再生
(ワイヤレス)
最大60時間 最大60時間 最大40時間

iPhone8レビュー(開封編):同梱品を確認

iPhone8蓋を開けたところ。本体の登場です。

同梱品一覧です。イヤホンにLightningケーブル、充電器といつもの通りです。

iPhone8もイヤホンジャックはありません。そのため、Lightningケーブルを3.5mmジャックへ変換するケーブルが付属しています。

防水のため、iPhone8(右)のSIMスロットには黒色のゴムパッキンが付いています。(左は防水非対応のiPhone6SのSIMスロット)

電源をつけて設定していくと、前のiPhoneをカメラで撮るだけで設定を引き継げる仕様にされています。この点機種変をするのもとっても楽でした^^

Apple Payの設定も初期設定中にやることができます。もちろん今は飛ばして、あとでゆっくりやることもできます。

ただし、設定を引き継げるとはいえ、なんだかんだでパソコンにバックアップをとって復元をした方が確実です。LINEのトークなどもあるので結局僕はパソコンから再度復元しました(笑)

iPhone8レビュー(デザイン編):パッと見の見た目は変化なし

左:iPhone8 右iPhone6s

表面上、見た目はiPhone7やiPhone6Sと全く変化がありません。

電車で隣の人がiPhoneを触っているのをみたところで、iPhone6なのか、6Sなのか7なのか、8なのかまったくもってわかりません。

上:iPhone8 下iPhone6S

横から見ても新型なのか、旧型なのか、一発で見抜ける人はほとんどいないでしょう。

なので、「どうだ〜俺iPhone8持ってるんだぜ!すげーだろ」と自慢には全くならないので注意が必要。電車やスタバでいち早くドヤラーしたい方はiPhoneXを待った方が良いと思います。

その一方、iPhone6からほぼ変わっていないデザインなので、新しいものを使いこなす自信がない方の買い替えにはおすすめです。

iPhone8レビュー(背面ガラス編):かっこいいけど、ケースをつけると変わらない

背面ガラスは確かにかっこいいです。

しかし、ケースをつけると背面がガラスなのか、それとも7までのアルミなのか、全くわからなくなってしまいます。

裸で持つにはかっこいいかもしれません。しかし、うっかり落としてしまうと、背面が割れる可能性もあります。

というかすでに割っている人もいるようです。落とさなくても、曲げに弱いので後ろポケットに入れたままで割れるということも今後起こりそうです。

iPhoneを落として割ってしまった経験がある方は、iPhone8ではなく、在庫があるうちにiPhone7を購入しましょう。

iPhone8レビュー(重量編):ガラスが重くて通話に不向き?

iPhone8(148g)はiPhone7(138g)に比べて10g重くなっています。

購入する前はたかが10g、大して変わらないと思っていました。

しかし、購入してみると、その10gが意外にも手にずっしり来ます。

と言いつつ、電話するときに10gの増加で手が疲れるかというと、そんなことはありませんでした。

iPhone6S、iPhone7で通話するときと、そんなに変わりません。

慣れれば気になりませんが、思いの外見た目よりも重量感を感じる可能性があるので、その点頭に入れておきましょう。

iPhone8レビュー(Qi編):早くApple Watchと一緒に充電できるスタンドが欲しい!

置くだけ充電のQiですが、今の所うまく充電できています。寝る前にQi対応スタンドに乗せるだけで充電できるので非常に便利です。コンタクトを外して視力がホボ0に近い状態でもなんなく充電できます。

2年前のQi対応Android端末であれば、ケースが干渉して充電が途切れ途切れになってしまい、バッテリーの劣化が起こるというイメージでした。しかし、今の所iPhone8はそのようなことは起こっていません。

僕はApple Watchも購入したので、早くApple WatchとiPhone8を載せるだけで充電できるスタンドが発売されて欲しいなと思っています。

Apple WatchとiPhoneでポートを2つもふさいでしまうのでもったいないんですよね。

iPhone8レビュー(液晶編):True Tone Displayは尿液晶という考えもある?

左:iPhone8 右:iPhone6s

んな環境でも正確な色を発色すると謳うTure Tone Display。個人的にこの機能は必要なかったのでは?と思います。

というのも、iPhone6Sと比べて明らかに表示が黄色っぽかったんです。

温かみのある色と考えることもできますが、言葉を変えると「尿液晶」とも表現できます。

普段パソコンや他のスマホで背景が白色に慣れているので、どうしても背景がちょっと黄色っぽいのは違和感がありました。

ただ、これも1週間も使っていると「慣れ」で片付いてしまいます。

iPhone8レビュー(カメラ編):iPhone7やGalaxy Note8と比較

iPhone8

iPhone7

 

iPhone8

iPhone7

左:iPhone8 右:iPhone7

ノジマの看板の文字やイオンのピンクの文字はiPhone8の方がはっきりと写っています。

ぱっと見ではわかりませんでしたが、着実にカメラ性能は進化しています。

iPhone7

iPhone8

iPhone8の方がiPhone7よりもピザがこんがり美味しそうになっています。

料理の写真もiPhone7とiPhone8でははっきりとわかるほどの差はありませんが、着実にカメラも進化しています。

iPhone8

Galaxy Note8

これはiPhone8のオートモードとGalaxy Note8の料理モードの比較。

僕はわざとらしく温かみをジューシーさの色が加わったGalaxy Note8の方が好きです。ただ、僕の彼女は「Galaxyの写真色濃いし赤いし、ご飯黄色いしなんか・・・iPhone8の方が断然いいよ!」と言います。

ここは完全に好みが分かれるところかと思います。

iPhone8(動画)レビュー!スローモーション動画が面白い!

(動画準備中)

iPhone8では1080p(フルハイビジョンの解像度)で240fps(秒間240コマ)のスローモーション動画を撮れます。

ちょっと前にXperia XZsでもスローモーション動画が撮れる事で話題となりました。

しかし、スロー撮影が可能なのが720pで480fpsを2秒間という制約がつきます。

その一方、iPhone8のスローモーション動画撮影は、コマ数こそXperiaに負けるものの、解像度はきめ細やかで綺麗なフルハイビジョンで、2秒間だけなく、10秒も20秒も30秒も撮影できます。

Xperiaは瞬間的にしか撮影できないスロー映像を、iPhoneではもっと長時間撮影できるのでスポーツのフォーム改善にも役立つと思います。

iPhone8レビュー(バッテリー編):1日一度の充電でOK

iPhone8のバッテリーですが、僕は1日一度の充電で間に合っています。

実感としてはiPhone7を使っていた時と同じぐらい、iPhone6Sよりは電池持ちが良いと感じます。

もちろん家でずっとゲームをしていると、バッテリーはみるみる減っていきます。ゲームを頻繁にする土日は2回、平日は1回と言ったところでしょうか。

逆に仕事が忙しくてiPhoneを触れない時は、2、3日電池が持ちます。やはりAndroidと違ってiPhoneは使わなければほとんど電池が減らないのがメリットですね。

ただ、iPhone7から電池持ちが向上しているわけではないので、過度な期待は禁物です。

 

iPhone8レビュー(動作編):サクサク動いて気持ちいけど、iPhone7もサクサク動いてた

iPhone8になり、CPU(SoC)がA11 Bionicへ進化しました。

Androidでは動きがカクカクしてしまうFate Grand Orderというゲームでも、キャラが滑らかに動いてくれます。

ただ、iPhone7でも十分サクサクヌルヌル動いてくれていたので、個人的にはあまり進化を感じられません。

 

iPhone8レビュー(防水編):過度な期待は禁物なので注意

iPhone8はiPhone7から引き続き防水性能を持っています。

しかし、防水と言っても生活防水程度なので、42℃のお風呂につけて壊れない保証はありません。円分のある海水や、塩素の強いプールも、もちろん防水の適用条件対象外となっています。

僕は今のところお風呂で使って壊れたり、内部に浸水したことはありません。ただし、あくまでも自己責任で。万が一のことを考えて保証には入っておいた方が良いですね。

レビューを終えて・・・iPhone7とiPhone8だったらどちらがおすすめ?

  • ワイヤレス充電
  • スローモーション動画
  • 進化したカメラ
  • よりハイスペックなA11バイオニックチップ
  • 背面ガラス

これらのどれかに魅力を感じるのであればiPhone8がおすすめです。

しかし、前の機種から2年経って、動きも電池持ちも悪くなってきたから機種変更したい。iPhoneもスマホゲームとSNSとLINEぐらいしか使わない。どちらかというと最新のものよりも価格重視というのであればiPhone7で十分かと思います。

iPhone7の在庫がまだあって、処分価格で安くなっているうちは個人的にはiPhone7がおすすめです。

各キャリアの機種編時の端末代実質価格(24分割した時の月々の支払い)

ドコモ au ソフトバンク
iPhone8
(64GB)
1323円 1140円 1120円
iPhone7
(32GB)
648円 675円 855円

携帯キャリア(docomo・au・ソフトバンク)の機種変更は120%オンラインショップがお得!

新しいiPhoneに機種変更するなら、絶対に各キャリアのオンラインショップで行うようにしましょう!

というのも、街のドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップなどで機種変更をすると、手数料が余計に取られるからです。

ドコモの場合、オンラインショップで機種変更すれば、頭金(5000〜10000円)、事務変更手数料(2000円)が無料になります。

au、ソフトバンクの場合、頭金(5000〜10000円)が無料になります。

その上、店員さんに話しかけられたり、店員さんが捕まらなかったりと面倒臭い手続きは必要ありません。

さらに、ショップでよくある強制オプションやコンテンツも皆無です。自分が欲しいと思ったものだけを契約できるんです。数ヶ月後にオプションを外し忘れて、請求高くてびっくり!なんてこともありません。

ドコモ オンラインショップ 実店舗の ドコモショップ
待ち時間 届くのを待つだけ 最短1時間、 混んでいれば4時間越えも
交通費・移動時間 場所による
オプション 自分で選べる 強制加入
コンテンツ なし 強制加入
頭金 無料 5000円〜10000円
事務手数料 無料 2000〜3000円
料金プラン 自分で選べる ほぼ指定
店員との会話 なし (スマホさえあればOK) あり (わからないことを聞ける)
 
au・ソフトバンク オンラインショップ 実店舗の au・ソフトバンクショップ
待ち時間 届くのを待つだけ 最短1時間、 混んでいれば4時間越えも
交通費・移動時間 場所による
オプション 自分で選べる 強制加入
コンテンツ なし 強制加入
頭金) 無料 5000円〜10000円
事務手数料 2000〜3000円 2000〜3000円
料金プラン 自分で選べる ほぼ指定
店員との会話 なし (スマホさえあればOK) あり (わからないことを聞ける)
こうやって表にまとめてみると一目瞭然ですね。

必ず、各オンラインショップで機種変更をするようにしましょう

キャリア版の予約は各公式オンラインショップがもっともお得

⇒公式:ドコモオンラインショップはこちらをクリック!

⇒公式:auオンラインショップはこちらをクリック!

⇒公式:ソフトバンクオンラインショップはこちらをクリック!

iPhone8・iPhoneXの予約・機種変更をソフトバンクオンラインショップでやらないと損する5つの理由とは?

2017.08.05

iPhone8・iPhoneXの予約・機種変更をauオンラインショップでやらないと損する5つの理由とは?

2017.08.01

iPhone8・iPhoneX(iPhone10)の予約・機種変更をドコモオンラインショップでしないと損する9つの理由とは?

2017.06.20
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-41-55

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です