【イオンシネマ限定】映画館でチケット代を無料で楽しむとっておきのテクニックとは?

 

けーしん

こんにちは、最近マーベル作品にはまっているけーしんです。

じっくり見る前は、「何がアイアンマンだ?アンパンマンかよ?」と舐めていましたが、今となってや「アイアンマンかっこいい!トニー・スターク最高!」と信者に成り下がりました。

これからもマーベルはどんどん新作を出していきますが、それに伴い映画館のチケット代もバカにならないな〜と考えるようになりました。

iTunesでレンタルできるようになれば500円ほど、お菓子とお酒を買っても1000円以内で済みますが、公開直後にすぐ映画を見たいという場合はやはり映画館へ足を運ぶ必要があります。

映画館に行くとなると、彼女と二人で行くので、チケット代1800円、ドリンク代500円、ポップコーン500円のそれぞれ二人分で5400円の出費。なかなか痛いです。

そこで、ダメ元でどうにかチケット代だけでも無料にする方法を探してみたところ、イオンシネマ限定ですが、映画館のチケットを無料にしてしまう方法を発見しました。

もしあなたが、「本当は映画館に通いたいけど、お金がかかるのでいつも泣く泣く諦めている」というのであればぜひご参考にしてください。

 

dポイントを貯めて、イオンシネマの支払いに当てれば、映画のチケットを無料にできる!

NTTドコモのポイントシステム「dポイント」を貯めることによって、1ポイント=1円として利用できます。

dポイントはドコモユーザーであれば、ドコモの利用料金100円につき1ポイントたまります。また、ドコモユーザーでなくても、無料でdポイントカードを作ってポイントを貯めることができるんです。

dポイントが貯まるお店

ジョーシンやノジマ電気などで、冷蔵庫やパソコンなど大きな買い物をするときにdポイントカードを提示して貯めれば、貯まったポイント分をイオンシネマで利用することができます。

 

実際のイオンシネマのチケット予約画面です。dポイントを利用して、チケット代金を無料にしています。

 

dカードを申し込んでザクザクポイントをためまくろう!

とはいえ、先ほどのdポイントが貯まるお店で、地道にコツコツと映画が見れるだけのポイント(レイトショーだとしても1300円x二人=2600ポイント)を貯めるのは気が遠くなりますよね?

「家電はヨドバシカメラでしか買わない」とか、「自分が普段買い物するお店ではdポイントが全然貯まらない」なんていうこともあるかと思います。

そこでおすすめなのが、日々の生活の支払いをdカードに全部まとめてしまって、ポイントを貯める方法です。

dカードはドコモユーザーはもちろん、ドコモユーザー以外も申し込むことができます。つまり、あなたがauユーザーでもソフトバンクユーザーでも、格安SIMユーザーでも18歳以上で定職についていれば申し込むことができます。

dカード100円の利用につき、1dポイントが貯まります。スーパーで食料品を買ったり、ホームセンターで家具を買ったり、ドラッグストアで化粧品を買ったりするときなど、毎日の買い物ではもちろんの事、電気、ガス、水道代、インターネットやスマホ代、家賃などできる限りdカードで支払いするようにするとザクザクポイントが貯まっていきます。

毎月15万円分をdカードで支払えば、毎月1500ポイント、2ヶ月で3000ポイントたまります。3000ポイントあれば二人でレイトショーを見に行っても、余裕で映画のチケットが無料になりますね。

dカードは入会特典として最大9000円相当のプレゼントも行われています。その上、ポイントをためて、イオンシネマで映画を無料で見ることができます。

dカードは年会費初年度無料、カードを一度でも利用すれば翌年度も無料です。dカードを利用してポイントをためて映画のチケットに回せば、年会費がかかることは一切ありません。これならあなたにリスクは一切ありませんよね?

せっかくの機会なので、今すぐ年会費無料のdカードを手に入れて、無料で映画を楽しんでください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です