HUAWEI P30 liteのカメラ画質がP30 Proと比較しても悪くない!2019年オススメNo.1格安スマホになりそう

こんにちは、けーしんです。

海外YouTuberのGX9PROさんが、2019年最新のHUWAEIのフラッグシップモデル「P30 Pro」と、エントリーモデルの「P30 Lite」のカメラ画質を比較しているので紹介します。

今回注目したいのは、エントリーモデルの「P30 LITE」。日本でも取り扱いが予定されており、2枚のSIMがさせる格安スマホとして活躍すること間違いありません。

エントリーモデルと言えど、トリプルレンズを積んだP30 Liteのカメラ画質が思った以上に良さそうです。

P30 Liteのカメラ画質がそこそこ良さそう

まずは夜景の一枚。左がP30 Pro、右がP30 Liteです。

昨年発売されたHUAWEI P20 Proの時から夜景の画質がピカイチなことはあなたもご存知のことと思います。

そんなP30 Proと比較しても、P30 Liteはそんなに悪くないと思わせる画質です。もっと黒つぶれや白飛びがするかと思いました。

海外動画なのでフェイクの場合もありますが、もしP30 Liteの実力がこれほどならiPhone X以上の画質かもしれません。楽しみです。

こちらは昼間の1枚、パッと見で違いが分かりません。

日本での販売価格として、P30 Proは12-14万円、P30 Liteは2-3万円程度と予想されます。本当にP30 Liteでこれだけの画質が撮れてDSDSも対応していとならば、「もう高級なスマホを買うのはやめよう」と考える消費者が続出することでしょう。

P30 liteはEtorenで販売中

P30 LiteはEtorenにて海外版がすでに販売されています。もう少し待って日本での格安SIM会社での取り扱いが始まってからの方がお得に手に入りますが、待てないから早く欲しいという方、詳細スペックだけとりあえず確認しておきたいという方は以下よりご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です